ビジネスにおいて集客は成約を勝ち取るための第1歩となります。しかし1人1人に対して直接アプローチするのはナンセンスです。そこでマーケティングという概念が重要になるのですが、これもまた労力がかかってしまいます。

データをととりながら改善と取り組みを繰り返す必要があるので、エネルギーが必要となるのです。それを自動化して効率的なマーケティングを可能とするのがMA(マーケティングオートメーション)

今回はMAを学ぶためにおすすめの書籍を8つ厳選しました。自動化を導入することでこれまでにできなかった領域にまでビジネスを広げることが可能です。自身に合った書籍を見つけて取り入れてみてください。

MA(マーケティングオートメーション)とは

MA(マーケティングオートメーション)とは、これまで手作業でやってきたマーケティングを、アプリケーションの導入によって自動化することです。Webサイトに訪問した見込み客に対して、メールを自動で送信したり、顧客情報を管理できます。

顧客がどのような動きをしたのかといったデータがとれることも大きなメリットです。事業を円滑に伸ばしていくためには、改善を繰り返していく必要があります。自社の施策の成果が数字として確認できるので、業務の効率化と合わせて活用できるでしょう。

MA(マーケティングオートメーション)の書籍を選ぶ際のポイント

まずは、MAの書籍を選ぶ際のポイントについて紹介します。自分に合った書籍を適したタイミングで選択しなければ、最大限効果を得られないこともあるからです。2つの視点をもとに解説するので、意識してみてください。

自身の目的に応じて選択

まずは自身がどのような目的でマーケティングを行っているのかを明確にしましょう。BtoBなのかBtoCなのかによって、手にするべき書籍は変わります。どのような読者を想定しているのかで、切り口が異なることでしょう。

伝え方が変われば、受け取り方にも変化が出てきます。イメージしやすい分野を想定して書かれている書籍をもとに学習を進めていきましょう。

知識レベルに応じて選択

また自身の知識量によっても書籍を選定する必要があります。ある程度基礎知識がある状態で新しく書籍を読み進めるのと、初心者がいきなり書籍で勉強するのでは情報の吸収率に影響が出てくるでしょう。

そこで自分がどれほど学習したのかに応じて書籍を選択してください。よくありがちなのが網羅的なものを購入するも、書いてある内容が専門用語ばかりで挫折してしまうことです。初心者向けにかみ砕いて書かれているものも中にはあるので、いきなり全部を知ろうとしないことも重要となります。

おすすめのMA(マーケティングオートメーション)書籍8選

BtoB向けのものから基礎的なものまで、目的に合ったおすすめの書籍を8つ厳選しましたので参考にしてください。

マーケティングオートメーション入門

自動化について基礎から詳しく記された書籍の「BtoBマーケティングオートメーション入門」。マーケティングの自動化を進めていく中での、基本となる考え方を教えてくれる1冊となっています。これまで膨大な作業量が必要となっていた業務を自動化で効率化可能です。

効率を重視しながらも、業績を上げていくための道しるべとなります。BtoBに特化した書籍となっているので、企業のマーケティング担当者必見の1冊です。

参考:BtoBマーケティングオートメーション入門

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方

BtoB向けにマーケティングから顧客の情報を収集・分析し、営業分野に引き渡すまでの流れを解説した書籍となっています。BtoBマーケティングの第一人者といわれるマーケターが執筆していることもあり、情報の信頼度も高いのが特徴です。

リードの獲得方法や顧客教育についても解説してあるので、より実戦的なノウハウを身に付けたい人には参考になるものとなるでしょう。

参考:BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方

事例でわかる!実戦BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行

数多くあるマーケティングオートメーションの書籍の中でも、より本質的な内容に切り込んだ書籍です。どういった戦略で顧客とコミュニケーションを取っていくのか。競合に対してどのように差別化をしていくのかなど、より現場での対応に注目した内容です。

マーケティングはあくまで顧客とのかかわり方の1つにすぎません。堅苦しいツールの使い方に終始せず、顧客ファーストで記された1冊も参考になることでしょう。

参考:事例でわかる!実戦BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行

マーケティングオートメーション最強の導入手法

マーケティングを自動化しようとツールを導入するところまではいいのですが、いざ始めてみると上手くいかないこともあります。それらの問題を解決するための対策や考え方が書かれています。

マーケティング担当者が自社の課題を解決しながら、効率的な運用を進めていくための強い味方となってくれるでしょう。

参考:マーケティングオートメーション最強の導入手法

できる100の新法則 実践マーケティングオートメーション 合わずに売れるリード育成法

MAを始めるとなるときになるのが初期コスト。コストゼロから始める手法について記してある書籍です。100個の豊富なノウハウをもとに解説しているので、自動化への心理的ハードルを下げつつ、実戦につながる運用法を学べます。

まずは膨大なコストがかかるツールから入るのではなく、無料から始めて自分にとって身近なものとすることを実現してくれる書籍です。

参考:できる100の新法則 実践マーケティングオートメーション 合わずに売れるリード育成法

BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門

マーケティングの自動化は、BtoBだけではなくBtoCにも活用できます。ツールを導入してどのように顧客にアプローチしていくのか。その具体的施策の指針や運用法について記された書籍です。特に顧客のデータを分析し、顧客属性に応じた施策を展開していくCCCMについての入門書としても機能しています。

テクノロジーを上手に活用し、マーケティングを促進するためのヒントが得られるでしょう。

参考:BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門

BtoBマーケティングの基本

BtoBにてMAを進めていく中で、BtoBマーケティングの基礎知識があるとより明確なイメージをもってツールを活用可能です。自動化についての情報を他の書籍から吸収しつつも、知識の土台を強固にすることができます。

自動化を進めつつも、マーケターとしての基礎知識も学んでいきましょう。

参考:BtoBマーケティングの基本

マーケティングオートメーション導入の教科書

自動化をする際にどのような視点から導入を進めていけばいいのか。そういった点を記したのが「マーケティングオートメーション導入の教科書」です。導入後にどういった手順を踏んでいけば上手に自動化を活かせるのか。そのPDCAサイクルの回し方なども解説した書籍となっています。

ツールの選択方法についても解説してあるので、初めてMAを活用していきたいと思っている人におすすめです。

参考:マーケティングオートメーション導入の教科書