Facebookクーポンの効果測定

Facebookクーポンは残念ながら、誰にリーチ(表示)したのか、誰がゲットしたのかまでは追跡できません。

クーポン取得時にユーザーに届くメールが、管理者にも届きますので、取得されたのかどうかだけはわかります。

Facebookインサイトからクーポンクリックはわかる

また、Facebookページの管理画面からインサイトを見ましょう。そこで、クーポンのリーチ(表示)とクリック数は確認できます。あまりクリックされていないようであれば、プロモーテッドポスト(投稿の広告)を使い宣伝するのも良いでしょう。

Facebookクーポン活用のコツ

Facebookクーポンは、ユーザーと気軽にコミュニケーションできる便利なツールです。

運用はシンプルにすることが重要です。実店舗であれば、スタッフへの徹底や特典の準備、ホームページでのプロモーションコード入力であればそのホームページの用意など、それなりに手間もかかるものです。

ユーザーははっきりと特典を感じてもらいたい際、Facebookページ運営がマンネリ化してきた際、刺激として活用すると良いでしょう。

また、参考にできそうな運用事例がインターネットには豊富にあります。ぜひ参考にしてみてください。

参考リンクO2O施策成功のカギは店頭にあり!?エースコンタクトに学ぶFacebookクーポン活用
参考リンク2万人以上が取得している事例あり!押さえておきたいFacebookクーポンを成功させる7つのポイント
参考リンクただの割引券じゃない!Facebookで「顧客を育てるクーポン」をつくったル・クルーゼの取り組み

ここがポイント

・Facebookクーポンは手軽にユーザーと交流できるツール。
・クーポン発行は投稿と同じように簡単にできる。
・準備はたいへんだが活用することでFacebookページ運営の刺激になる。

このニュースに関連するカリキュラム

FerretにはFacebookを効果的に運用するカリキュラムが満載。Facebookページ作成やFacebook広告などやさしく解説されていますよ!