それぞれのメリット・デメリット

リスティング広告バナー広告、どちらのタイプで出稿しようか迷っている方のために、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

クリック型課金のメリット・デメリット

クリック型課金の最大のメリットは、クリックされない限り広告費が発生しないことです。ある程度広告内容に関心のあるユーザーのみにリーチすることができるため、広告費用を抑えることが可能となります。

一方デメリットは、なんとなくクリックされただけでも広告費が発生してしまうこと。これは避けようがないものなので、ある程度は仕方がないとあきらめ、あらかじめ想定しておくほかないようです。

インプレッション型課金のメリット・デメリット

インプレッション型課金のメリットは、広告をクリックされても広告費がかからないところ。大きく捉えれば、テレビやラジオ、雑誌などの広告と同じような感覚です。ユーザーに見てもらい、頭の片隅に記憶してもらえれば効果ありという感じです。

デメリットとしては、広告がクリックされなくても広告費が発生してしまうところが挙げられます。具体的に自社サイトへの流入がなくても広告費が発生してしまうため、広告費に対しての成果がわかりにくいという点は、クリック型課金とは大きく違うところでしょう。

基本的には両者を使い分けて効率よく展開していくものですが、最近はクリック型課金、いわゆるリスティング広告をメインに運用していくパターンが増えています。やはり、効果が見えやすいという点がわかりやすく、出稿サイドとしても施策が打ちやすいイメージがあります。

リスティング広告でやってはいけないことはこちら

リスティング広告のやってはいけない23

リスティング広告のやってはいけない23

あなたの広告は健全? 23のセルフチェックポイント

リスティング広告の料金目安と最適な広告費算出方法

ここからは、リスティング広告(クリック型課金)において、どのくらいの広告料が発生するのか、そして最適な広告費の算出方法について、ケースごとに解説していきます。

問い合わせ件数を目的にする場合

問い合わせ件数や資料請求など、ユーザーからのアプローチを目的にしている場合は、以下の計算式で広告表を算出します。

クリック単価÷成約率×目標件数=1カ月の広告

たとえば、月間問い合わせ数の目標を50件、クリック単価100円、成約率2%と設定した場合は以下のようになります。

100円(クリック単価)×0.02(成約率)×50(目標件数)=250000円(広告費用)

売上額を目的にする場合

「今月は○○万円の利益がほしい」といった、具体的な売上目標をから広告費用を算出する場合は、以下のように算出します。

クリック単価÷成約率×{売上目標÷客単価}=1カ月の広告

たとえば、月間の売上目標が45万円、クリック単価が60円、成約率1%、客単価15,000円の場合は以下のようになります。

60円(クリック単価)÷0.01(成約率)×{45万円(売上目標)÷15,000円(客単価}=18万円(広告費用)

最低限の予算でテスト掲載をしたい場合

最後に、試しにリスティング広告を掲載する場合について。この場合の最低限の予算とは「1件の問い合わせを得るために必要な予算」のことです。

この場合は、成約率は1%、問い合わせ件数を5件と設定します。また、クリック単価に関しては、出稿するキーワードの平均クリック単価を調べておきます。

計算式は以下のようになります。

クリック単価÷成約率×問い合わせ件数=1カ月の広告

クリック単価が100円の場合は、以下のように計算を行います。

100円(クリック単価)÷0.01(成約率)×5件(問い合わせ件数)=50,000円