Googlehttpsをランキングシグナルに使用するという発表により、httpsに切り替える方も多くいらっしゃいます。

httpsに移行するにあたって、いろいろやらなければいけないことがあります。Web上にあるSEOにおけるTo Doリストは、広告周りやアクセス解析を含めて包括的なTo Doリストではありません。今回は、それらをリスト化してみました。
  

httpsの定義と移行するメリットのおさらい

To Doリストの前に、改めてhttpsと移行するメリットをおさらいします。

httpsとは、「Hypertext Transfer Protocol over Secure Socket Layer」の略称です。通常のhttpにセキュリティ機能「Secure Socket Layer(SSL)」を追加しているため、情報漏洩防止のために使われています。
  
参考:
https://ferret-plus.com/909|ferret
  
移行するメリットとしては、前述にあるとおり、検索順位への良い影響と情報漏洩防止の2つが挙げられます。

参考:
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html
  

httpsにリダイレクトする

httpsに切り替える際、初めに行うべきことが.htaccessファイルに以下の記述を追記しましょう。

これにより、httpでアクセスされた場合でもhttpsリダイレクトされるように設定することができます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

以下のページでは、より詳細な方法を解説しているので、併せてチェックしておきましょう。

参考:
https://ferret-plus.com/2186|ferret
  

httpsに切り替える際に忘れがちな項目

1. canonicalのURLをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:サイト内部
  

2. 内部リンクのURLをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:サイト内部
  
補足:絶対パスで記述しているケースのみの対応となる。
  

3. 画像URLをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:サイト内部
  
補足:絶対パスで記述しているケースのみの対応となる。
  

4. sitemap.xmlのURLをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:サイト内部
  

5. Adsenseやそのほかのアフィリエイトのコードをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:サイト内部

補足:
アドセンスの広告コードの書き換え方法に関しては、下記URLを参照してください。
また、アフィリエイトの場合は、お使いのASPに要確認してください。
https://support.google.com/adsense/answer/10528?hl=ja
  

6. プラグインの検証

対象となる領域:サイト内部
  
補足:
CMSを使用している場合となります。
  

7. アカウント管理画面にて、出稿URLをhttps付きのURLに変更

対象となる領域:Yahoo!プロモーション広告
  
補足:
管理画面上の[+広告文の作成]から広告グループに保存されている広告文をコピーし、リンクURL広告名を変えて(同じ広告名を使う事ができないため)保存をクリックすれば完了となります。
  
参考:
http://www.i-m-c.co.jp/ad_column/?p=3502
  

8. アカウント管理画面にて、出稿URLをhttps付きのURLに変更

対象となる領域:Googleアドワーズ
  
補足:

管理画面内上で、編集したい広告文にカーソルをあてると[えんぴつマーク]が出てくるので、えんぴつマークをクリックすれば広告文やリンクURLを編集することができます。ただし、このまま広告文を編集してしまうと、広告文に今までの配信データやコンバージョンのデータがすべてリセットされてしまうので注意が必要です。
そのため、[+広告]をクリックし、新しい広告文として作るか、えんぴつマークの右にある[▼]をクリックし、[コピーして編集]を選択し、編集することで今までの広告文はそのまま残し、編集した広告文を新しい広告文としてスタートすることができる。
引用元:リスティング広告で広告文を修正する際の注意

  

9. アカウント管理画面にて、出稿URLをhttps付きのURLに変更

対象となる領域:アフィリエイトASP
  
補足:
アカウント管理画面で、登録しているドメインを変更するか、出稿URLを変更する2つにわけられます。どちらにしても、変更した際はASPの運営サイドで審査が入るケースが高いため、審査結果が通知されるまで相応の時間が必要となります。
  

10. https付きのドメインを新たに登録

対象となる領域:Search Console
  
補足:
httpからhttpsへの移行した直後は、インデックスや表示回数、被リンク等の移行状況を確認しておきましょう。
  

11. sitemap.xmlの追加

対象となる領域:Search Console
  

12. 被リンクの否認リストの再アップロード

対象となる領域:Search Console
  
補足:
httpで否認リストを申請していた場合のみの対応となる。
  

13. 登録しているドメインもしくはURLの変更

対象となる領域:SNSなどのプロフィールページメルマガなどのテンプレート、コンテンツ提携先、順位計測ツール、アクセス解析ツール(※1)など
※1 Google Analyticsの場合は、標準でhttpsに対応しているので、修正対応の必要はなし。
  

14. (ディープリンクなどの)URLをhttps付きのURLに変更する

対象となる領域:アプリ
  

まとめ

1~7に関しては、To Doリストの中で最も重要な項目ですので、検証含め、しっかり遂行しましょう。

また、サイト規模によって、To Doリストの各項目は、相応の時間がかかりますので、計画的に進めなければいけないケースが出てくるでしょう。
特に、To Doリストの中で他サービスと提携している項目に関しては、審査があるのでなおさらです。

最後に、ユーザーへの配慮という観点で「https移行のお知らせページ」を用意することもオススメします。
会員ログインやECシステムなどを提供しているWebサービスは、ユーザーの個人情報保護という観点からも重要になってくるでしょう。
  

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。