Web上で集客を行うのであれば、リード数やCPAの最適化は避けて通れません。特に新型コロナウィルスによる影響でWeb施策が重要視されている昨今、自社の状況に適した集客施策を探しているマーケターも多いのではないでしょうか。

今回はferretの「リード獲得最適化プラン」で月間100件以上のリード獲得、CPAを目標の3分の1まで削減したカルテットコミュニケーションズに成果を高めるためのコツについて伺いました。

「リード獲得最適化プラン」とは?

「リード獲得最適化プラン」はferretにサービス紹介ページを掲載し、成果報酬でリード獲得を行うプランです。

ただ掲載をするのではなく、毎月のレポート(※)報告で掲載企業からのリード内容のフィードバックをもとに運用改善を行います。
※毎月のレポート報告はスタンダート、プレミアムのみとなります。

「リード獲得最適化プラン」の成果とは?(安富氏・水野氏インタビュー)

プロフィール

安富 健(やすとみ たける)氏
経営企画部
2014年に入社。リスティング広告・SNS広告の運用をメインに、運用チームの教育担当やマネージャーを歴任。2020年から現職。自社のリード獲得を担当。

水野 太(みずの ふとし)氏
マーケティング部 営業マネージャー
2015年、新卒でカルテットコミュニケーションズに入社。フィールドセールスとインサイドセールスのマネージャーを兼務。

掲載の経緯

image7.jpg
<カルテットコミュニケーションズ 安富氏>

「従来の3倍のリード獲得」という目標達成のための施策を探していた

安富氏:
2020年の8月にリード獲得の部署が立ち上がって、リード目標数がそれまでの3倍になりました。従来は自社でのリスティング広告などプル型の施策をメインとしていたので、新しくホワイトペーパー作りを始めながら並行して出稿媒体を探していました。

ferret:
御社は豊富にホワイトペーパーを掲載いただいているので、てっきりもともとホワイトペーパーに注力されていたのかと思いました。ferretへの掲載は新しい目標が決まった当初からのご掲載だったんですか?

安富氏:
当初からferretという媒体は認知しており、セミナー(※)にも参加させていただいていました。ですので、ホワイトペーパーでのリード獲得を考え始めた段階から、ferretへの掲載は念頭にありました。

ferretのキャッチコピーが「マーケターのよりどころ」とあるように、読者の質が高いことも想定していたので、ホワイトペーパー自体の質を上げていくことも意識していました。ホワイトペーパーの数や質がある程度のラインに達した段階でご相談したという流れです。

※ferretの運営会社、株式会社ベーシックによるferret OneのBtoBマーケティングセミナー