Yahoo!知恵袋、コンテンツSEOの強さを考察

Yahoo!知恵袋は、Yahoo!のホームページの1つのコーナーとして運営されてます。Yahoo!は大手検索エンジンサービスを展開しているので、そういう点でインターネット上でのブランディングはピカイチです。

Yahoo!知恵袋

参考リンクYahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス

ただ、そのブランド力をさしひいても、Yahoo!知恵袋がコンテンツSEOを強化していると思われる点について、まとめてみました。
コンテンツSEOが「コンテンツ力のある大量のページをマネージメントする」という認識で考察します。もちろん以下のことだけがSEOに効果的というわけではありません。今回はんみコンテンツをどう効率的にヒットさせていくか、という視点で5つをピックアップしました。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

1.検索結果でよく見るのは検索対象のページ数が多いから

何かしらべものを検索すると、ほんとによくYahoo!知恵袋がでてきます。次の図は「無回転シュート コツ」で調べた結果です。

ヤフー知恵袋って検索画面によく出ますよね

Googleで、「site:ドメイン名」で検索しますと、その検索対象として登録されているページ数(インデックス数)が表示されます。「教えてGoo」など競合するQ&Aサイトと比較してみました。

・site:oshiete.goo.ne.jp 約 36,500,000 件
・chiebukuro.yahoo.co.jp 約 11,900,000 件
・site:okwave.jp 約 6,320,000 件
※デスクトップ版の対象ページ数

インデックス数(Googleの検索対象になっているページ数)は、「OKWAVE」よりは多いものの、「教えてGoo」よりは少ない状態です。

Yahoo!知恵知恵袋のスマホ版は、サブドメインで運用され、それも別にインデックスされていると思われます。

教えてGooは同一URLです。つまり、インデックス数としてはYahoo!知恵袋もひけをとらないと思われます(OKWAVEもサブドメイン運用ですが、桁が違います)。

2.タグが超絶シンプル

タグとは、ホームページをデザインするプログラムのことです。ブラウザがタグを理解し、画面に表示してくれています。

タグがシンプルであればあるほど、Googleページを登録するときの負担が減るとみられ、SEO的には良いとされています(Googleも公式にページの表示速度を測るツールを出しているくらいです)。

参考リンク自分の体臭や口臭をチェックする方法はありますか?自分が臭くないか心... - Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、なかでも本文以外のページ情報を表す部分(ヘッダー)が、圧倒的に少ないことがわかります。

ヘッダーがとてもスッキリなYahoo!知恵袋

右のプログラムは一般的なブログヘッダー部分です。最近のホームページは高機能化しており、これくらいのプログラム量は一般的です。実現したいデザインや機能が違いますので、単純比較はできないです。ただ、イマドキのホームページと比べてもYahoo!知恵袋が圧倒的に少ないことがわかります。もちろんスマホ版も超シンプルです。

3.カテゴリーをつくれば自動的に4ページ生成

カテゴリーページというのは、個別記事のページをリスト表示するページです。これは、各ページへのリンクをたどる重要なページなので、Googleでもよくインデックスされます。そして、Yahoo!知恵袋ではそのカテゴリーページが1カテゴリーにつき4種類あるのです。

それらはおそらく自動生成され、それらもすべて検索対象になっているのです。

自動生成されるカテゴリーページ

Yahoo!知恵袋のカテゴリー数は圧倒的な数が存在します。これらすべての4種類のURLが存在し、それらが自動生成されているとしますとすごいことです。ちなみに教えてGooでは3種類が生成されていますが、その1つは関連コラムなので、ない場合もあると考えれば、Yahoo!知恵袋の4種類は強力であると言わざるを得ません。

参考リンクカテゴリ一覧 - Yahoo!知恵袋

4.質の良い投稿を増やす仕掛け

そもそもの投稿を増やす仕掛けが秀逸です。

知恵コイン

知恵コインとは、ユーザーがログインするだけでもらえる、Yahoo!知恵袋での活動ごとに貯まるコインです。投票したり回答したりすると増え、回答者に不快感をあたえ投稿が削除されるとマイナスになるなど、日々のユーザー行動のモチベーションをあげてくれるのです。

参考リンクYahoo!知恵袋ヘルプ?-?知恵コインについて

そして、コインが貯まれば貯まるほどうれしくなるといった、良い活動を推奨する仕組みがうまく機能していると言えます。これはYahoo!オークションで相互評価をしたり、迷惑行為を排除したりしてきたYahoo!ならではのノウハウといって良いでしょう。

さすがに、このシステム自体は簡単には真似できませんが、自社内でもコンテンツ(記事)を書くときの制度などで応用すると良いかもしれません。

5.タグやカテゴリーページを見直そう

大手企業のYahoo!だからこんなことができるんだ!と思われる方もいるのではないでしょうか。もちろん、すべてをすぐに対策する、ということは難しいでしょう。

すべての道も一歩から

しかし、トップランナーのYahoo!でさえこういった努力や工夫をしている、という姿勢こそ注目に値します。そのすべてを実現をできなくとも、目指すための工夫や努力はしない理由はないのではないでしょうか。

  • カテゴリーページを手作業でも良いのでテコ入れをする。
  • タグページなど自動生成できるページ機能を見直す。
  • タグを少しでもシンプルにできないか検討する。

自動生成するページは内容が薄くなるのでは?

WordPressとよばれるブログシステムではタグページなど自動生成されるページに、情報量が少なくなるケースがあります。その場合は、そもそもその機能を使うのか、まずはカテゴリーページだけでいいのかを検討しましょう。

重複コンテンツになるのではないか

Yahoo!知恵袋では、リンクの並べ替えなどを用いて内容が被らないように工夫していました。たとえば、カテゴリー内に10件しかリンクがない場合で、日付の古い新しい順で並べ替えても効果はうすいかと思います。そのときは、カテゴリー内に記事が20件以上ある場合に、そういったページを増やす、という判断をすればよいかと思います。

コンテンツを支える仕組み

コンテンツの質や内容が重要であることは、言うまでもありません。しかし、それを支える、もしくはさらに効果をあげるために仕掛けも大切です。そして、Yahoo!知恵袋の工夫はホームページの仕様を考えるときに参考になるはずです。

これらのことに着目したことがないようでしたら、ぜひ参考にしてみてください。まずは一歩を踏み出すことがはじまりになります。

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。