「ちきゅう」のCRMとしての機能と料金

「ちきゅう」にはCRMとして多くの機能を有しています。

以下では、「ちきゅう」が持つ11の基本機能に加えて、外部ツールとの連携機能、料金プラン、サポート体制などについてご紹介しましょう。「ちきゅう」には営業活動の可視化と効率化に役立つ機能が一通りそろっているので、CRMの導入を検討している企業の基本的なニーズは十分に満たすことができます。

「ちきゅう」の11の基本機能

「ちきゅう」には大きく分けて11の基本機能があります。いずれも営業力の向上やノウハウの蓄積および共有など、営業上の課題解決につながる機能です。

  • 顧客管理機能・・・リード(見込み客)や取引中など、商談の状態に応じて企業情報や人物情報を管理できます。情報の入力や変更も直感的にできるので便利です。
  • 商談プロセス管理機能・・・個々の商談ステータスがカード形式で表示されるので、案件内容の確認が容易です。
  • グラフ作成機能・・・簡単な操作でデータのグラフ化が可能。情報の分析時間も短縮できます。
  • 活動報告機能・・・顧客と行ったやり取りの履歴を時系列にて管理できます。
  • タスク管理機能・・・商談において次に取るべき行動を管理可能。期日にアラートを設定できるので、顧客対応の漏れを防げます。
  • カスタムオブジェクト・・・独自に管理できるデータテーブルを作成できるので、事業の特徴に合った顧客管理を行えます。
  • レポート機能・・・エクセル形式にて見たいデータを即座にダウンロードできます。データの項目や条件を指定すれば、定期的なデータ閲覧も可能です。
  • 名刺管理機能・・・交換した名刺をシームレスに取り込むことができます。「ちきゅう」を利用すれば、他の名刺管理サービスは利用する必要がありません。
  • 項目設定機能・・・各オブジェクトにて管理する項目を、ドラッグ&ドロップで簡単に設定・変更できます。
  • 権限設定機能・・・閲覧、編集、削除などの権限を管理できます。部署や役職ごとに権限を変えることも可能です。
  • プロセスビルダ機能・・・作業フローが定型化しているタスクの作成を自動で行ってくれます。手動だと起こりうるミスや漏れを防げるので便利です。

参考:「ちきゅう」by Geniee

外部ツールとの連携機能も充実 

ビジネスの場ではコミュニケーションやスケジュール管理を行う上で、複数のツールを利用するのが一般的です。「ちきゅう」には各種外部ツールとの連携機能があり、使いこなすことでユーザーの負荷を減らし、業務効率がアップします。

  • Gmailとの連携機能・・・「ちきゅう」の活動履歴にGmailの利用を取り込むことができます。
  • Googleマップとの連携機能・・・Googleマップの位置情報と「ちきゅう」における情報とを連携できます。未訪問企業のマップ作成や、アポイントの管理も可能です。
  • カレンダー連携機能・・・Googleカレンダー、Microsoft365カレンダーと「ちきゅう」内の予定とを連携できます。
  • MA(マーケティングオートメーション)連携機能・・・見込み顧客の集客から実際の受注までの流れをシームレスに実現できるので、商談の新規創出の効率化につながります
    - WEBフォーム連携機能・・・Webサイトの入力フォームに記入された情報を、「ちきゅう」に自動で保管可能です。顧客情報の洩れやミスを防げます。
  • 帳票連携機能・・・「ちきゅう」では見積書や請求書も発行できます。商談情報と各種帳票とを紐づけることができ、記入ミスや照合ミスを防げます。

参考:「ちきゅう」by Geniee

料金プラン 

「ちきゅう」には計4つの料金プランがあります。

  • エンタープライズプラン・・・1IDあたり月額費用9,800円
  • プロプラン・・・1IDあたり月額費用4,980円
  • スタンダードプラン・・・1IDあたり月額費用2,980円
  • ライトプラン・・・1IDあたり月額費用1,480円

特にコストパフォーマンスが高いのは「プロプラン」です。各種外部ツールとの連携機能が充実し、毎月レポートを300件まで作成できます。ライトプランは外部連携機能に制限がありますが、「ちきゅう」の基本機能を低価格で利用できるのは魅力です。

参考:「ちきゅう」by Geniee

サポート 

「ちきゅう」は顧客へのサポート体制が充実している点も大きな特徴と言えます。特に初めてCRMのサービスを利用する企業にとっては、利用開始までの準備や利用後の効果検証などは分かりにくい面も多いです。

「ちきゅう」では、運営会社である株式会社ジーニーの営業担当者が、顧客企業ごとに最適なプランを設計し提案。実際に導入する際も、業務フローの整理や営業支援システム(SFA)にて管理すべき項目の設定などもすべて行ってくれます。

また、導入後も定期的に株式会社ジーニーの担当者とミーティングの場を設けて、運用中の問題や疑問点にも対応。継続してフォローを行います。

参考:「ちきゅう」by Geniee