自社商品の売り上げが芳しくないとき、まず見直したいのは「営業」ではないでしょうか。しかし自社の営業力が弱く、なかなか新規顧客や新規販路の獲得が難しいという場合もあります。そんなときに頼りになるのが「営業代行」です。

この記事では、営業代行とはどのようなメリットがあるのか、また営業派遣との違いなどについても解説します。

営業代行とは?

営業代行とは、企業の営業業務を代行してくれるサービスで、簡単に言えば、営業の業務委託です。

特に中小企業などでは、営業に関わる人員が数人しかいないという場合もあります。これではなかなか営業力の拡大は難しいものがあります。しかし、営業担当の人数を増やすとそれだけ人件費がかさむ上、教育に時間がかかってしまいます。

そんな営業に関する悩みを解消してくれるのが営業代行なのです。

営業代行の業務内容

一口に営業代行といっても、その業務内容は多岐にわたります。ここでは、営業代行の代表的な業務内容について紹介します。

テレアポ

いわゆる「テレマーケティング」です。既存顧客や見込み客に電話をかけて、商品やサービスの案内をします。営業の基本業務といってもいいでしょう。

見込み客への営業

自社の商品やサービスに対して、資料請求や問い合わせがあった見込み客に対して個別に連絡をし、購入や受注を促進する業務です。

既存客へのフォロー

すでに商品やサービスを利用している顧客に対して、リピート購入や継続購入をしてもらうようにする業務です。これにはサポートやアフターサービスが含まれることもあります。

受注代行業務

既存顧客から再注文があった場合に受けつけます。この業務が滞ると、既存顧客の損失になりかねません。

セミナー・展示会などの集客

自社で開催するセミナーや展示会などの集客のために施策を行います。インターネットやテレアポ、広告出稿などさまざまな媒体を使用します。

海外営業

国外での取り引きの可能性がある企業に連絡をし、商品やサービスの案内をする業務です。販路の拡大という面ではとても重要です。

テストマーケティング・市場調査

自社の商品やサービスに対して、どんな人たちがどのくらい興味を持っているのか、または購入する意思があるのかといった市場調査を行います。これには専門的な知識や経験が必要となるため、自社にノウハウがない場合は実施するのが難しいものです。

営業派遣との違い

営業代行と似たものに「営業派遣」があります。営業派遣は、自社の営業業務のために営業専門スタッフを派遣してくれるサービスとなります。主に、派遣会社から人材が派遣されます。

営業派遣の場合、派遣スタッフはマネージャーや管理職の管理下に置かれるため、業務内容を指示することができます。一方、営業代行は営業業務全体を委託するため、業務内容はすべて委託先に委ねられることになります。

単純に営業の人員を補強したいという場合は営業派遣が向いています。逆に、営業業務を大幅に改善したいという場合は、営業代行が適しています。