サーチコンソールでの検索ワードのチェック方法

ではサーチコンソールでの検索ワードのチェック方法を確認していきましょう。サーチコンソールでは、Googleアナリティクスよりも詳しい情報が手に入るということで、現代の必須ツールとなっています。本記事を通して使い方をマスターしていきましょう。

「検索アナリティクス」を確認する

基本的に検索ワードを調べる際には、*「検索アナリティクス」*を確認していきます。「検索アナリティクス」→「ページ」→「URL」→「検索キーワードの表示」で該当ページに到達可能です。確認したいデータごとに絞ってキーワードを分析できるので、サイトの運営に関して精密な情報が欲しい場合には、強い味方となります。

注意点はこの項目でわかる情報はGoogleのもののみになるため、Yahoo!の情報も取得したい場合は、次に紹介する方法を確認しましょう。

参考:【使い方】Googleサーチコンソールはまず3つだけ使えるようになろう!ブログ運用改善に欠かせないツール

「検索クエリ」から確認する

Yahoo!の検索ワードも分析したいときに使えるのが、*「検索クエリ」*です。ツール自体はGoogleアナリティクスを活用するのですが、サーチコンソールとの連携で多くの情報を取得できます。連携方法は以下の通りです。

  1. Googleサーチコンソールの管理画面を開く
  2. 連携サイトのプロパティを選択
  3. プロパティ設定→Search Consoleを調整
  4. 「追加」をクリック
  5. Googleサーチコンソールのサイトを選択し、保存

連携が終わったら、2〜3日後に設定が反映されます。Googleアナリティクス上のサイドバーにある「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」から確認可能です。

検索ワードを分析して良質なコンテンツを

ここまでGoogleアナリティクスやサーチコンソールで検索ワードを確認する方法を紹介してきました。キーワード分析はサイトの現状を知るための重要な要素です。今回の記事を通して自社サイトの分析を深めていってください。

関連記事

最強の組み合わせ?Googleアナリティクスとヒートマップの関係性

最強の組み合わせ?Googleアナリティクスとヒートマップの関係性

アクセス解析を行う際、Googleアナリティクスに加えてヒートマップも同時に使うことで、CVRを向上させるチャンスが高まります。Googleアナリティクスとヒートマップの特徴と相違点、さらに両ツールを同時に利用することの有効性について解説します 。

Google(グーグル)アナリティクス 4とは?まずは押さえたい特徴を紹介

Google(グーグル)アナリティクス 4とは?まずは押さえたい特徴を紹介

新しいGoogle(グーグル)アナリティクスとして話題の「Google アナリティクス 4 プロパティ」は、どのようなものか。特徴や従来のGoogle アナリティクスとの違いなどをご紹介します。今すぐ使いはじめるべきなのか気になるポイントを解説する記事です。