Googleアナリティクス個人認定資格の注意点

Googleアナリティクス個人認定資格を取得する際は、次の2つの注意点を事前に確認しておきましょう。

12ヶ月で失効する

Googleアナリティクス個人認定資格の有効期間は、認定された日から12ヶ月間です。有効期間が過ぎたら、Googleアナリティクス個人認定資格の認定試験を再び受ける必要があります。

Google検索エンジンは定期的にアップデートするため、Googleアナリティクスの最新の知識やノウハウを習得することが求められます。資格を社内外にアピールし続けたい場合は、12ヶ月ごとに認定試験を受けましょう。

実務経験が優先される可能性も

Googleアナリティクス個人認定資格の保有者は、Googleアナリティクスの知識が全くない人物と比べて転職で有利になります。

ただし、実務経験がない場合は、Googleアナリティクス個人認定資格を持っていない実務経験が豊富な人物よりは評価が低くなる可能性もあります。

Googleアナリティクス個人認定資格の受験方法

Googleアナリティクス個人認定資格の受験の流れをご紹介します。

1.Googleアカウント・プロフィールの登録

Googleアナリティクス個人認定資格の認定試験を受けるには、Googleアカウントおよびプロフィールの登録が必要です。

Googleアカウントに登録すると、GoogleドライブやGmail、Googleフォトなど便利なツールを使えるようになるため、この機会に登録してはいかがでしょうか。

2.スキルショップにアクセス

image2.png

まずは、Googleが提供する「スキルショップ」にアクセスしてください。右上の検索窓に「Googleアナリティクス個人認定資格」と打ち込み、検索しましょう。続いて、検索結果に表示された「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」のリンクをクリックしてください。

スキルショップ
https://skillshop.exceedlms.com/student/catalog

3.「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)試験」を選択

image1.png

アクセスしたページの中盤あたりにある「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)試験」をクリックすると確認画面に移ります。画面の指示に従って進むと試験が始まります。

Googleアナリティクス個人認定資格の試験対策

Googleアナリティクス個人認定資格の認定試験対策について、詳しくみていきましょう

Googleアナリティクスアカデミーで学ぶ

Googleアナリティクスアカデミーでは、Googleアナリティクス個人認定資格の認定試験の合格率を高めるための「Googleアナリティクス初級者向けコース」と「Googleアナリティクス上級者向けコース」を用意しています。

Googleアナリティクス初級者向けコースでは、アカウントの作成方法やトラッキングコードの実装、データフィルタの設定、基本的なレポートの分析方法などを解説しており、基礎中の基礎を学べます。

Googleアナリティクス上級者向けコースでは、収集したデータを元にレポートを作成する方法や高度な分析テクニック、リマーケティングや動的リマーケティングといったマーケティング戦略まで広くカバーしており、初級者向けコースのように簡単には習得できません。

両コースの全知識を習得してから、Googleアナリティクス個人認定資格の認定試験を受けましょう。

予想問題を繰り返し解く

予想問題は、実際に試験に出た問題と同じような問題であるため、繰り返し解くことで合格率を引き上げられます。予想問題集から70問ピックアップしてオリジナルの模擬試験を企画し試験問題に慣れておくと、本番で落ち着いて解答できるでしょう。

ノウハウ本で学ぶ

Googleアナリティクス個人認定資格の合格を目指すためのノウハウ本を購入して、知識やノウハウを習得するのも1つの方法です。著者の実績や経歴を確認し、信頼性が高い本を選びましょう。また、Googleアナリティクスの知識やノウハウが書かれた本を読むことも試験対策になります。