ネット広告を作成するときに、いくつかのパターンのうち、どれを採用するか迷うことはありませんか?

もちろん、どちらが多くのコンバージョンを獲得できるか、といった成果を考えながら決めるわけですが、「やってみなければわからない」というのが実際のところです。

こういったどちらが効果的かという検証は、実際に広告を配信して実績を比較するべきですが、順番に1つずつ広告を配信すると、配信期間などの外部環境が異なります。精度の高い検証をするためには、同じタイミングで複数の広告パターンを配信して成果を比較するA/Bテストが有効です。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

Webページの比較検証に使うA/Bテストのツールをよく見かけますが、Facebook広告にはデフォルトの機能として搭載されています。費用を伴いながら配信する広告こそ、A/Bテストでシビアな見極めを繰り返しながら、最適化を進めたいところです。今回は、このFacebook広告A/Bテスト機能を解説します。

Facebook広告のA/Bテスト機能とは

Facebook広告A/Bテストは、使用する変数を指定すると、自動的に対象とするパターンを変更しながら広告を配信します。そして、変数に伴い広告のパフォーマンスを評価するものです。テストできる変数は、「ターゲット」「配信の最適化」「配置」「クリエイティブ」「製品セット」です。これらの中から1つを選択できます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

たとえば、クリエイティブの違いによるパフォーマンスをテストすると、「画像」「動画」「見出し」「テキスト」「コールトゥアクション(CTA)」の成果を数値で確認できます。また、同じ広告でもターゲットを変数にしてA/Bテストを実施すれば、どのような属性の人が広告のターゲットになるのかイメージできるでしょう。このように、目的に応じて適切な変数を設定すれば、有意なA/Bテストを実現できるのです。

精度を考えるとA/Bテストの予算は、ある程度多めに考えなければいけません。適正な予算の見当がつかない場合はFacebookが提案するおすすめの予算を使用できます。ちなみに、テスト期間が短過ぎると十分なデータを得られない可能性があるので、予算との兼ね合いを考えて設定しましょう。