電通が毎年発表した「日本の広告費」によると、市場規模が1兆円規模になった今も、インターネット広告市場の成長率は10%以上を維持しており、今後もさらなる成長が見込まれています。特に、その中でも注目されているのがソーシャルメディア広告です。

最も多くの年代で利用されているFacebookの特徴は、対象ユーザー像を指定して配信することができる点で、今改めて注目されています。

そこで今回は、そのFacebook広告の基礎知識と担当者であれば必ず押さえておきたい「広告の種類」や「設定方法」等について詳しく解説していきます。

目次

  1. Facebook(フェイスブック)広告とは
  2. Facebook広告(フェイスブック)の種類
  3. Facebook広告(フェイスブック)のやり方
  4. Facebook(フェイスブック)広告の費用
  5. Facebook(フェイスブック)広告の支払い方法
  6. Facebook(フェイスブック)広告のサイズ
  7. Facebook(フェイスブック)広告を運用するポイント
  8. Facebook広告の機能を有効活用して詳細にターゲティング設定しよう

▼今すぐFacebook広告について詳しく知りたい方はこちら

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Facebook広告(フェイスブック)とは

Facebook広告とは、今や世界中の人が使うソーシャルメディアとしてNo.1の座を獲得しているFacebook上に配信することができる広告です。

よくFacebookのタイムラインなどに流れてくる広告がありますが、それをFacebook広告と言います。

Facebook広告の最大の特徴は、詳細なターゲティング設定にあります。Facebookは実名登録だけではなく、性別や生年月日、居住地、興味の対象を登録することも推奨しているため、ユーザーの詳細なデータを取得できます。年齢(13~65歳まで1歳単位で設定可能)、 性別、市町村区まで特定してターゲティングが可能です。

以下の記事も参考にしてください。

Facebook広告の基本が理解できる記事4選

Facebook広告の基本が理解できる記事4選

インターネット広告はディスプレイ広告やリスティング広告など様々なタイプがありますが、その中で近年注目を集めているのがFacebook広告です。今回は、これからFacebook広告を始めようと考えている方向けに、Facebook広告の基礎知識をまとめました。

Facebook広告の特徴

Facebook広告の最大の特徴は、精度の高いターゲティングができるところです。例えば、性別、年代、趣味、嗜好、興味、関心など、広告出稿前に商材条件を設定でき、広告主の意図に沿ったターゲット対象に広告を出せます。

また、Facebook広告では、認知検討コンバージョンと3つの種類にアプローチすることが可能です。認知はターゲット対象に向けて繰り返し動画広告を流すことでユーザーの関心を惹くことができます。

さらに、ページに対しての「いいね」や投稿へのエンゲージメントを指標にすることで、自社サービスや商品の伝え方を工夫することができ、結果的にコンバージョン率を高めることに繋がります。

  

Facebook広告が表示される場所

facebok広告表示場所_PC.jpg

Facebook広告は、PCの場合、赤枠で囲っている「ニュースフィード」と「タイムライン横のサイドメニュー」に表示されます。スマートフォンの場合は、右側に表示される固定枠はなく、タイムラインのニュースフィードにのみ表示されます。

fb_スマホ_おすすめ.png

スマートフォンでは動画のカテゴリから「おすすめ動画」として表示させることもできます。

参考:配置について|Facebookヘルプセンター

Facebook広告の種類

Facebook広告は、ほかのサイトへ誘導できるリンク広告だけではなく、「認知度・検討機会・コンバージョン」と大きく分けて3つの目的があり、合計12種類に分類された広告を作成できます。

1. リンク広告

fb_リンク広告.png

Facebook上で一番多く見られるのがこのリンク広告です。ランディングページや自社Webサイトなどへの誘導を目的とした広告となります。[購入する]ボタンや[詳しくはこちら]ボタンなどが一般的です。

参考:Facebookのウェブサイト誘導広告のしくみ|Facebook Business

  

2. カルーセル広告

fb_カルーセル.jpg

カーセル広告は1つのい広告で3〜5枚の画像や動画を設定したり、個別のリンクやコールトゥアクションボタンを表示できたりする広告です。商品機能の説明や複数の商品を表示する場合、横にスライドさせることができるため、世界観を伝えることも可能です。

参考:Facebookのカルーセル形式の広告:複数の画像とテキストを1つの広告に掲載|Facebook Business

  

3. キャンバス広告

fb_キャンバス広告.jpg

Facebookキャンバスは、見ているユーザーを広告の世界観の中に没入させることのできるインタラクティブなクリエイティブを出稿できる広告です。別ページに遷移させるより読み込みが早く、ユーザーの熱量を冷ますことなく、広告の世界に引き込むことができます。スマートフォンサイトに飛ばすよりも10倍速く読み込みが行われます。

ユーザーが広告をタップするとフルスクリーンの専用ビューワーが表示され、テキストや写真、動画やGIFアニメなどのコンテンツを組み込めるため、ブランドを伝えたり、ストーリーを伝えるような商材(映画など)がマッチします。

参考:キャンバス広告を作成する|Facebookヘルプセンター

  

4. スライドショー広告

fb_スライドショー広告.png
スライドショー広告は写真とテキストと音声を組み合わせてスライドショーを作成し、ユーザーにアプローチすることができる広告です。3〜7枚程度の画像を最長15秒で表示でき、写真を次々に表示される形式の動画を簡単に作成可能です。動画よりも軽量のため、データ制限などを気にするユーザーに最適な広告です。

参考:Facebookスライドショー広告のしくみ|Facebook Business

  

5. リード獲得広告

facebook_leadads.jpeg

リード獲得広告とは、ビジネスや商品への問い合わせを促進し、ユーザーのメールアドレスなどの連絡先を取得することが目的の広告です。

ページに飛ばす必要がなく、ユーザーとしてもプライバシーが保護された状態で個人情報を入力できるため、セキュリティに懸念を示して離脱することが少なくなります。

参考:Facebookリード獲得広告:Facebook広告でリード獲得|Facebook Business

  

6. ダイナミック広告

ダイナミック広告とは、出稿主側のWebサイトアプリなどにアクセスした商品の情報に基づき、Facebook側で関連性の高い商品を選び広告を作成してくれるサービスです。

ECサイトなど取り扱い商品が多いサービスを運営していると、商品1つひとつを広告出稿するのは至難の業ですが、この機能を使えばマッチしやすいユーザーに対して自動的に出稿してくれるため費用対効果が高まると言われています。見た目は、リンク広告やカルーセル広告と同じです。

参考:ダイナミック広告|Facebookヘルプセンター

  

7. 動画広告

fb_動画広告.png

動画広告とは、静止画ではなく動画を用いた広告です。動画広告を使用することで短期間でより多くの情報を効果的に伝えることが可能です。主にブランディングなどの記憶に訴えかけるような目的で使われます。

参考:Facebookの動画再生広告のしくみ|Facebook Business
  

8. アプリインストール広告

アプリインストール広告とは、スマートフォンアプリのインストールを促進することが目的の広告です。指定したターゲットユーザー層に対して、広告を出稿することができます。
広告をタップすると、アプリインストールページへ移動します。

参考:Facebookアプリインストール広告:アプリをダウンロード|Facebook Business
  

Facebook広告(フェイスブック)のやり方

Facebook広告を設定するには、初めにアカウントを作成する必要があります。Facebookアカウントは、パソコンやスマートフォンからでも開設でき、設定が完了すればFacebookページにて広告を出稿することが可能です。

Facebook広告のアカウント設定方法

ここではFacebook広告アカウントの作り方について詳しく解説します。Facebook広告アカウント作成は、「ビジネスマネージャを使用して作成する」「Facebookページ内で作成する」この2つを作成する必要があります。それぞれの方法を説明します。

1.Facebookビジネスマネージャのアカウントを設定する

image18.jpg

Facebookビジネスマネージャとは、Facebook・Instagram広告アカウントの一元管理ができたり、複数人の運用担当者に権限を付与できたりする便利な公式ツールです。

開設方法は専用ページからログインを行い、まずは項目に沿って姓/名をスペースで区切って入力します。次にビジネスの拠点場所を入力しチェックを入れます。
image3 (1).jpg

そして、最後に「送信」ボタンを押すとアカウントの作成が完了します。ビジネスマネージャを利用すると広告配信において様々なメリットが得られます。

2.Facebookページを追加する

次にFacebookページに追加する作業に移ります。広告アカウントを作成するには、まずはFacebookページを登録します。手順は下記の通りです。

まずはビジネス設定を行います。

image13.jpg

次にページをクリックします。

image8.jpg

最後に「ページを追加」をクリックし、追加するページを選択します。
image9.jpg

3.広告アカウントを作成する

次は広告アカウントを作成します。広告アカウントは次の手順で作成します。「ビジネス設定」→「アカウント」→「広告アカウント」この順番でクリックを行います。

image11.jpg

次に「新しい広告アカウントを追加」をクリックします。

image1.jpg

次に広告アカウント名と広告配信を予定している国の時間帯と通貨、支払い方法を入力していきます。

image19.jpg

そして、最後に次へをクリックし完了です。その後は広告キャンペーンから広告を作成する、もしくはパワーエディタを使用して広告を作成し、Facebook広告を配信することが可能です。
  

Facebook(フェイスブック)広告キャンペーン設定方法

image3.jpg

Facebook画面の右上にあるメニューボタンを押した後、「広告」を選んでください。画面遷移後に、Facebook広告の掲載をスタートするための各種設定画面が表示されます。

1. 目的を設定する

image7.jpg

広告の作成画面を立ち上げると、上記の画像のように目的の設定画面が表示されます。

広告の作成には、「認知」「検証」「コンバージョン」の3つのセクションがあります。なぜ広告配信を行うのか、どのように商品や自社ブランドを認知してもらいたいのかなど、目的に応じて設定しましょう。
オークションを設定した場合、目的別に11種類の広告が表示されます。大きくは3つに分類されており、認知度を向上させるための広告が2つ、検討機会を増やすための広告が6つ、コンバージョンを増やすための広告が3つあります。上記11の広告についてそれぞれ簡単に説明していきます。

A. 認知度を向上させる

Facebookの「ブランドの認知度アップ」の目的は、広告を覚えてくれる可能性の高い利用者をターゲットにして広告を表示する方法です。目的は推定広告想起リフトの指標を得ることです。手軽に利用可能な代替手段としておすすめです。

・A-1. ブランドの認知度をアップ
自社が行う広告に対して、興味を示す可能性が高い人を対象にして広告を表示する方法です。動画を使ったキャンペーンを行っている場合であれば、広告を見てから2日以内に広告を思い出す可能性が高い人の人数なども追跡できるようになります。

参考:「ブランドの認知度アップ」の目的を使ってキャンペーンを作成する|Facebookヘルプセンター
  

・A-2. リーチを増やす
効率ではなく、できるだけ多くの人に広告を配信させたい場合は、こちらの広告配信が最適です。リーチを目的にすると、広告が表示される回数が最大化されます。特に多くの人に広告を見て欲しい場合は利用しましょう。

参考:リーチの目的について|Facebookヘルプセンター

B. 検討機会を増やす

検討機会を増やすには、ユーザーにより詳しく商品やサービスについて把握してもらうことを目的としているのが特徴です。ではどのようにユーザーに知ってもらうのでしょうか。下記ではアクセス流入の方法について紹介します。

・B-1. Webサイトなどへのアクセスを増やす
トラフィックを目的として選択すると、WebサイトやほかのSNSページのような他サイトへ誘導するように最適化されます。また、カルーセル、動画、スライドショーなど、フォーマットは自由に選べます。
その形式の中で「リンクのクリック」を使用することで、ユーザーを自社のWebサイトキャンペーンページに誘導させることが可能です。

・B-2. 投稿への「いいね」などのエンゲージメントを増やす
エンゲージメント」を選択すると、投稿への「いいね」やイベントへの出席、クーポンの利用を促すように最適化されます。

投稿に対する「いいね」を増やせる「投稿のエンゲージメント」、Facebookページ自体への「いいね」を増やせる「ページへのいいね!」、イベント参加を呼びかける「イベントへの参加を増やす」の3つの目的から選択できます。

・B-3. アプリのインストール数を増やす
アプリのインストール数のみを増やすことができます。作成したアプリがあまりインストールされなかったり、新しく作ったアプリのインストールを促したい時には便利な広告です。

参考:アプリがFacebook広告用に設定されていることを確認する|Facebookヘルプセンター

・B-4. 動画の再生数を増やす
Facebookに投稿した動画の再生回数を増やすためのFacebook広告です。企業のプロモーション動画を拡散させる上で便利な広告です。

参考:Facebook動画広告のヒント|Facebook for Business

・B-5. ビジネスのリードを獲得
リード獲得広告は、広告を見て興味を持った人が簡単な操作で登録フォームを送信できる仕組みです。
リード獲得広告をクリックするとフォームが開き、名前やメールアドレスなどあらかじめFacebookに登録してある情報が入力された状態で利用者に表示されます。

参考:Facebookのリード獲得広告|Facebook for Business

・B-6. メッセンジャーの利用を促す
メッセンジャーアプリ内から、ほかのサイトやアプリ、メッセンジャースレッドなどに誘導できる広告です。

参考:Messenger広告|Facebookヘルプセンター

C. コンバージョンを増やす

・C-1. Webサイトでのコンバージョンを増やす
コンバージョンはユーザーに対して特定のアクションを促す時に使用する目的です。例えば、商品購入、サービス申込み、会員登録、お問い合わせなどがあります。下記では、コンバージョンを増やす方法を紹介します。

Webサイトなどへのアクセスを増やす」広告と似ていますが、違いはコンバージョンを計測できることです。
ユーザーに取ってほしいアクションを定義して、訪問ユーザーがアクションを起こすよう促すことができます。

参考:Facebookウェブサイトコンバージョン広告のしくみ|Facebook Business

・C-2. 製品カタログを宣伝
ビジネスマネージャで製品カタログを作成することで、ユーザーに製品を宣伝することができます。Facebook以外の広告プラットフォームで使用している製品カタログがあるなら、それを流用できます。

参考:ビジネスマネージャでカタログを作成する|Facebookヘルプセンター

・C-3. 来店数を増やす
設定した範囲内にいるユーザーに、最寄りの店舗に立ち寄ったり、問い合わせたりするように広告を使用してリーチできます。複数の店舗での利用を想定しており、各店舗の所在地に合わせたターゲットに広告が配信されます。
また、「道順を表示」や「今すぐ電話」といった独自のコールトゥアクション(CTA)ボタンが用意されているのも特徴です。

参考:Facebook広告の「来店数の増加」の目的とは何ですか|Facebookヘルプセンター

  

広告セットの作成方法

どのような目的でFacebook広告を配信するかを決めた後は、広告セットを決めていきます。 広告セットとは主に下記3点です。

  • ターゲット
  • 配置
  • 予算と掲載期間

ここでは広告の目的を「エンゲージメント」のうち「投稿のエンゲージメント」を選択した場合の設定方法をご紹介します。
  

1. ターゲットを設定する

image21.jpg

地域、年齢、性別をそれぞれ入力していくことで、Facebook広告を出稿した際の1日の推定リーチ数が自動的に表示されます。上記図では、「東京」にいる「20代」の「女性」をターゲットにした場合のリーチ数が表示されています。

image5.jpg

さらに詳細ターゲット設定とつながりを細かく設定することで、例えば「大卒」で「マーケティング」と「フリーソフト」に興味関心があり、趣味では「よく旅行をする」などのように、より自社のターゲット像に合う配信先を特定することもできます。
  

2. 配置を設置する

image5.jpg

配置には「自動配置(推奨)」と「配置を編集」の2つの方法があります。自動配置ではFacebook側にてパフォーマンスが高くなるように自動的に広告配置を決めてくれます。配置を編集では、機器のタイプやプラットフォームについて自分で細かく設定を行うことができます。
  

3. 予算と掲載期間を決める

image20.jpg

1日の予算とFacebook広告の開始日を決めます。予算の下に「実際の消化金額は日によって異なります。」という注意書きがありますが、追加費用を投じることでより多くの成果が望める場合、Facebookが最大で予算を25%超過して広告費を使うことがあるためです。

ただし、7日のサイクルで予算を超過することはなく、最終的にはその期間で予算内に収まるように広告が出稿されます。

image17.jpg

その他のオプションを表示することで、スケジュールを設定して広告を配信することができます。「ターゲット層の時間帯を使用」「この広告セットの時間帯(日本時間)を使用」のいずれかを選択できます。例えば、午前8時〜午後5時を選択した場合、ターゲット層の現地時間の午前8時〜午後5時に広告が表示されます。  

広告の作成方法

1. 広告の形式を選択する

image6.jpg

広告の形式を選択します。画像、動画、スライドショー広告から選択してください。
  

2. 画像とリンク、テキストを設定する

image1.jpg

image2.jpg

最後に表示させる画像を選定し、リンク先とテキストを入力します。入力していくと広告プレビュー画面にその内容が随時反映されるので、リアルタイムで内容を確認することができます。「デスクトップニュースフィード」や「モバイルニュースフィード」など、ユーザーの環境毎にそのプレビューを確認することができます。

全て内容を確定したら、ページ下部にある「公開する」ボタンより広告を開始できます。

Facebook(フェイスブック)広告の費用

Facebookは予算を決めた上で出稿できるのが特徴です。上記で挙げたような広告の中から自分のサービスにマッチするものを選び予算の中で運用していくのが良いです。また、料金は入札制で行われます。予算を決め、その中で入札金額を設定します。

入札の料金形式は以下の3種類です。

CPM課金(1,000回表示された段階で課金)に
クリック課金(クリックされた段階で課金)
CPI課金(アプリ広告の場合に適用。広告経由でアプリがDLされるごとに課金)

なお、広告代理店のような大規模な広告出稿を行うユーザーの場合、リーク&フリークエンシーという出稿方法も選択できます。リーク&フリークエンシーを選択すれば、リーチしたい数を事前に決めておき、その数に合わせた予算消化が可能です。ただし、リーク&フリークエンシーの利用は一部のユーザーに限られているので注意してください。

参考:Facebook広告の料金|Facebook Business

インプレッション課金と費用

「インプレッション課金」とは、広告が非用事されるたびに費用が発生する課金方式の広告のことです。費用の発生は1回ごとの表示ではなく1,000回ごとです。

広告が1,000回毎に配信されるごとに課金となるシステムなので、クリック課金よりもコストパフォーマンスに優れているのがインプレッション課金です。

ブランディングやサービスの認知向上を目的とした広告運用に最適です。平均インプレッション単価は100〜500円前後です。10万円程度から運用することができます。

クリック課金と費用

「クリック課金」とは、広告をクリックされると費用が発生するタイプの課金方式の広告のことです。広告をクリックしないとコストは発生することはありません。

広告に興味のないユーザーに費用をかけることなく運用できるので、費用対効果が高い運用方法です。商品販売やサービス申込み時に利用するのに向いています。

平均クリック単価は100〜200円前後となっています。インプレッション課金と同じく10万円程度から運用することができます。

Facebook(フェイスブック)広告の支払い方法

Facebook広告は国によって利用できる支払い方法が異なります。日本の場合、以下のクレジットカード及び「PayPal」を利用できます。

  • American Express
  • JCB
  • MasterCard
  • Visa
  • Discover

また、公共料金などの払い込みができるサービス「Payeasy」でも決済は可能ですが、事前にアカウントに資金を追加しておく必要があります。

参考:お住まいの国での広告料金の支払い方法|Facebookヘルプセンター

Facebook(フェイスブック)広告のサイズ

Facebook広告を出稿する場合、Facebookユーザー向けにコンテンツを配信し、訪問者を惹きつけて顧客へと転換させるインバウンドマーケティングが行えます。

そこで一番利用されるのが画像(バナー広告です。ここではFacebook広告の画像と動画のサイズについて詳しく紹介します。

画像サイズ(Facebook推奨)

Facebook広告には、フィード広告、ストーリーズ広告、カルーセル広告、インストリーム広告、Audience Networkと5つの種類があります。それぞれの推奨されている画像サイズを紹介します。

種類 画像サイズ 比率
フィード広告 1080×1080。 1:1
ストーリーズ広告 1080×1920 9:16
カルーセル広告 1080×1080 1:1
インストリーム広告 1920×1080 16:9
Audience Network 1080×1920 9:16

特に正方形は画面内の大半を網羅しているため占有率が上がりやすく、ユーザーの目に留まりやすい特徴があります。

動画サイズ(Facebook推奨)

Facebook広告の推奨されている動画サイズは下記の通りです。

種類 画像サイズ 比率
フィード広告 1080×1080。 1:1
ストーリーズ広告 1080×1920 9:16
カルーセル広告 1080×1080 1:1
インストリーム広告 1920×1080 16:9
Audience Network 1080×1920 9:16

上記で説明した画像サイズと同様です。モバイルファーストを意識すれば評価が高くなり、広告をリーチしやすくなります。

Facebook(フェイスブック)広告を運用するポイント

Facebook利用者の9割以上がモバイル環境で利用されています。そのため、モバイルファーストを意識することが、Facebook広告を運用する大きなポイントになります。

そのためには、適切な画像サイズ・動画サイズを徹底し、ターゲットに刺さる見出しやコピーを作ることで評価が高くなり、広告をリーチしやすくなります。

広告の品質を高く保ちつつユーザーに訴求しやすい広告になっているかどうかを試行錯誤しながら制作してみることを意識してみましょう。

Facebook(フェイスブック)広告の機能を有効活用して詳細にターゲティング設定しよう

Facebook広告は詳細なターゲティングによる精度の高い広告配信で一定の成果を得られる広告として認知が広がっています。

ferretでもFacebook広告の運用を行っていますが、様々な配信形式を試し、成果を挙げています。

Facebook広告は、ターゲットを細かく設定してピンポイントで訴求できる点が強みです。自社のコアターゲットを明確にし、適切な広告媒体を選定しましょう。

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

関連記事

【データ公開】獲得単価83円!Facebook広告の類似オーディエンスを活用した広告配信結果

【データ公開】獲得単価83円!Facebook広告の類似オーディエンスを活用した広告配信結果

Facebook広告の配信において、有力なターゲティング手法である「類似オーディエンス」への配信を活用されている方は多いのではないでしょうか。 今回は、この「類似オーディエンス」をferretのFacebookページへのいいね!(ファン)獲得を目的として運用した結果を公開します。

【データ公開】Facebook広告のコンバージョンを最適化する「oCPM」とクリックを最適化する「CPC」配信を比較検証

【データ公開】Facebook広告のコンバージョンを最適化する「oCPM」とクリックを最適化する「CPC」配信を比較検証

ferretでは、8月からFacebook広告施策を開始しています。今回は、ferret会員登録を目的としたFacebook広告配信最適化を実施しました。

【データ公開】CVR17.9%!Facebook広告のカルーセル広告の基本と配信事例

【データ公開】CVR17.9%!Facebook広告のカルーセル広告の基本と配信事例

ferretでは、8月よりFacebook広告施策を強化しております。今回は、ferret会員登録を目的としたカルーセル広告の配信を行ったので、カルーセル広告の基礎と配信結果を解説します。(※当記事の内容は、2015年11月現在のFacebook広告の仕様です。変更の可能性があることをご了承ください。)