Facebookは、デイリーアクティブ利用者が15億2000万人(2018年12月時点)という世界中の多くのユーザーに愛されているSNSです。最大の特徴とも言える実名登録制は、ユーザーのリアルな情報をたくさん含んでいるため広告媒体としても魅力的であり、多くの企業が広告を出稿しています。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

Facebook広告の人気は、単にユーザーが多いからではありません。ターゲティング機能を使いこなせば、高いコストパフォーマンスを実現できるのです。今回はFacebook広告のターゲティングについて、基本から運用上のポイントまで網羅してご説明します。

Facebook広告のターゲティングとは

Facebook広告のターゲティングの魅力は、ターゲットをセグメントする機能に長けており、自社にとって有力なユーザーにリーチしやすいところです。ユーザーの居住地域や年齢、性別といった属性のほか、興味関心などインターネット広告の基本とも言えるターゲティングに加え、自社とすでに接点があるユーザーや顧客に近い属性のユーザーにFacebookの広告システムが最適な配信を行ってくれる方法もあります。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

ターゲットとするユーザーを設定したオーディエンスを保存し、複数のオーディエンスを組み合わせて広告を配信することも可能です。この柔軟性のあるターゲティング機能はFacebook広告ならではの特徴であり、運用を重ねる中で最適化しやすいので便利です。