ferretでは8月頃よりFacebook広告施策を強化しており、以前にFacebook広告施策の結果を公開しました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

前回はFacebookページの「いいね!」獲得を目的とした施策を行いましたが、今回はferret会員登録を目的としたFacebook広告配信最適化を実施しました。

【データ公開】獲得単価83円!Facebook広告の類似オーディエンスを活用した広告配信結果

【データ公開】獲得単価83円!Facebook広告の類似オーディエンスを活用した広告配信結果

Facebook広告の配信において、有力なターゲティング手法である「類似オーディエンス」への配信を活用されている方は多いのではないでしょうか。 今回は、この「類似オーディエンス」をferretのFacebookページへのいいね!(ファン)獲得を目的として運用した結果を公開します。

この記事を読むあなたにオススメ
Facebook広告の特徴
Facebook広告のプロモーテッドポストとは。設定とメリットを解説
Facebook広告におけるカスタムオーディエンスの設定と類似オーディエンスの作り方

Facebook広告の最適化設定について

Facebook広告では、キャンペーンの目的を「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」にした場合、広告の課金設定・自動最適化設定を下記の4つから選ぶことができます。

  • 1.「コンバージョン」(CPM課金):ホームページ上でコンバージョンを実行する可能性が高い人に広告を配信。
  • 2.「クリック」(CPC課金):クリックする可能性がある人に広告を配信。
  • 3.「インプレッション」(CPM課金):オーディエンスに含まれる人にできるだけ多く広告を配信。
  • 4.「デイリーユニークリーチ」(CPM課金):オーディエンスに1日1回まで広告を配信。

※CPC=「Cost Per Click」:「クリック課金」、または「1クリックあたりのコスト」を意味します。
※CPM=「Cost Per Mille」:「インプレッション課金」、または「1000インプレッションあたりのコスト」を意味します。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

今回は、ホームページでのコンバージョンを目的とした広告配信の場合に用いられることが多い、「コンバージョン」と「クリック」の2つの最適化設定を用いて配信比較を行いました。
便宜上、ここからは「コンバージョン」を「oCPM配信」(「optimized CPM」の略。
「コンバージョン」設定での配信は、コンバージョンを元に最適化がかかりCPM課金で配信がされるため、別名でこう呼ばれます。
「クリック」を「CPC配信」と記します。