Webサイトを運営する目的の一つである、広告による収益化。広告といっても、その種類は多種多様で、様々な内容と手法があります。

そんな中、広告によってなるべく購入をしてもらいたいと考えるのは当然のことです。できれば、元々購買意欲の高いユーザーに訪問してもらいたいですよね。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そんな希望を叶える手法として「リターゲティング広告」というものがあります。そこで今回は、Facebookを使ったリターゲティング広告について解説していきます。

リターゲティング広告とは

まずは「リターゲティング広告とは何か」から解説していきます。
リターゲティング広告は。何かしらのアクションによってすでに対象の広告に触れているユーザーを対象にしているもの。ユーザーは既に対象の広告に触れているため、少なくても突発的に現れた広告のものよりはブランドについて理解しています。ブランドについて理解しているということは、他の一般的な見込み客よりも購買に繋がりやすいといったメリットがあります。そもそもリターゲティングの主な戦術は、Webサイトをベースに訪れたユーザーに再び来てもらうためリターゲットするものです。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

しかし、今回解説していくFacebookであれば動画の視聴やアプリの使用履歴から関わりのある顧客をリターゲットできるのです。つまり、Webサイトのみでリターゲット行うよりも、よりユーザーの趣味嗜好に合わせた広告の選択肢につながります。さらに、ユーザーエンゲージメントデータを集めたり、絞り込んだユーザーをターゲットにしたキャンペーンの設置をしたりも可能です。後ほど解説しますが、データを集めるためにはピクセルのインストールが必要です。 リターゲティング広告は、ピクセルのインストールによってWebサイトの訪問とユーザーの紐付けが行われる仕組みになっています。

リターゲティング広告のメリット

リターゲティング広告のメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 見込み客への再アプローチができる
  • 高いコンバージョン率
  • ターゲットリストを活用できる

上記をひとつずつ解説していきます。

見込み客への再アプローチができる

先ほどお伝えしたように、リターゲティング広告は訪れたユーザーの再訪を促すものです。
一度サイトに訪れた時のユーザーは、興味はあるが購入には至っていないという状態。
つまり、その時は「情報収集だけで終わっている」とも言えます。

リターゲティング広告は、広告の表示によって再度商材を認知してもらったり、選択してもらったりといったきっかけになります。
過去に訪れたユーザーが他の商材を購入していないのであれば、それはまだ比較検討している段階ということ。
そのタイミングでリターゲティング広告が表示されれば、購入において非常に有効的な施策と言えます。

高いコンバージョン率

上記のようにユーザーの購買意欲を刺激するためリターゲティング広告のコンバージョン率は比較的高いものになります。
検索連動型の広告以外のものと比べても、リターゲティング広告の方がコンバーション率は高く、単価はやや落ちるといったケースが多いようです。

たとえば、コンバージョン率2%で単価9,000円のところ、リターゲティング広告のコンバージョン率は5%で単価4,000円といった具合です。
単価だけで考えると下がっているのですが、コンバージョン率が高いためトータルの売り上げは上がります。

ターゲットリストを活用できる

リターゲティング広告では、ターゲットリストを活用した配信ができます。
ターゲットリストとは、ユーザーの訪問履歴をサイトURLや任意の条件によってグルーピングできる機能です。
これによって、特定の商品ページを閲覧したユーザーだけといった「絞った」広告配信ができるようになります。

リターゲティング広告の注意点

リターゲティング広告を利用するにあたって注意しておきたいことは「繰り返し配信してしまう」ことです。
数回の配信であればそこまで影響はないのですが、何度も繰り返し配信があると人間の心理としては、うんざりしてしまいますよね。
そうならないように、リターゲティング広告を利用する際に設定しておきたいことがあります。

  • フリークエンシーキャップを利用する
  • ユーザーを絞る
  • ターゲティングを設定する
    このような設定をしておくと、同じユーザーに繰り返し配信し続けるといった事態を回避できます。

フリークエンシーキャップとは、1ユーザーに対しての広告の表示回数の上限設定や「日・週・月」を基準に配信するというものです。
また、ユーザーを絞るということは購入意欲のあるユーザーに絞るということ。
たとえば、ある特定のページを訪問した資料請求や、購入のボタンを押したなどのアクションを起こしたユーザーだけに広告を表示するといった具合です。

加えて、コンバージョンが集中している曜日や時間帯・エリア・年齢・性別からターゲティングを設定することも有効です。