FacebookとInstagramは、ともに国内の主要SNSです。国内の月間アクティブユーザー数はFacebookが2,600万人、Instagramが3,300万人となっています。

いずれのSNSでも、動画を使った広告が利用可能です。動画広告を活用することで、多くのユーザーに対して自社商品の認知やコンバージョンを促進できます。ただし、動画広告には複数の種類があるため、仕組みを正しく理解することが重要です。

この記事では、FacebookとInstagramで配信できる動画広告について解説します。動画を使ったSNSマーケティングに取り組みたい方はぜひ参考にしてください。

今回解説する内容の一部は、下記のPDF資料から抜粋しています。

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Instagram動画広告完全ガイド

Instagram動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説いたします。

目次

  1. Instagram広告はFacebook広告の一部
  2. 動画広告を運用するメリット
  3. Facebookで配信できる動画広告の種類
  4. Instagramで配信できる動画広告の種類
  5. FacebookとInstagramで動画広告を活用しよう

Instagram広告はFacebook広告の一部

Instagramに掲載する広告は、Facebook広告と同じ管理画面から配信が可能です。Instagramは2012年にFacebook社(現Meta社)に買収されているため、現在はFacebook広告の機能の一部としてInstagram広告が提供されています。

Instagram広告を利用する際は、FacebookページまたはFacebookビジネスマネージャーが必要です。Facebookビジネスマネージャーのアカウントを開設すると、複数のアカウント管理や複数ユーザーに対する権限付与など、便利な機能が使えます。

FacebookとInstagramの動画広告に取り組む際は、Facebookビジネスマネージャーを開設しましょう。

動画広告を運用するメリット

動画広告には、従来の広告とは異なるメリットがあります。動画広告を運用する主なメリットは次の2つです。

テキストやバナー広告より情報量が多い

テキストのみの広告や、静止画を使ったバナー広告と比べて、動画広告ではより多くの情報を伝えられます。商品やサービスに関する情報や魅力をよりよく訴求できる点が、動画広告のメリットです。

動画広告を活用すると、形のないサービスであっても内容が分かりやすく伝えられます。また、演出によって食品をより美味しそうに見せたり、電化製品などの利用シーンを見せたりできることも動画広告の特徴です。

様々なユーザーに広告を表示できる

FacebookとInstagramの動画広告は、フィードや検索結果画面など様々な場所に配信できます。そのため、より多くのユーザーに対して自社の広告を配信できる点が動画広告のメリットです。

テキスト広告バナー広告など従来の広告に加えて、動画広告にも取り組むことで、広告によるリーチを広げられます。

Facebookで配信できる動画広告の種類

Facebookでは、ニュースフィードやインスタント記事、検索結果画面などに動画広告を配信することが可能です。また、Facebookストーリーズや、本編の動画が再生される前などにも動画広告を表示できます。

Facebookで配信できる主な動画広告の種類は次の通りです。

ニュースフィードの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 8.57.56.jpg

引用:Facebook広告ガイド

ニュースフィードはFacebookフィードやタイムラインとも呼ばれ、ユーザーの友達やフォロー中のページ、グループに関する最新情報が表示されます。

ニュースフィードの動画広告では、正方形または4:5の縦長動画が利用可能です。再生時間は1秒~241分で、ユーザーが好きな角度で楽しめる360度動画も利用できます。

Facebookストーリーズの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.02.27.jpg
引用:Facebook広告ガイド

Facebookストーリーズは、24時間で消える写真や動画をアップできる機能です。スマートフォンの縦画面いっぱいに没入感のあるコンテンツが表示されます。

Facebookストーリーズの動画広告では、9:16の縦長動画が利用可能です。1秒~2分までの動画が使用でき、15秒を超える動画は複数のストーリーズカードに分割されます。

インスタント記事の動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.03.59.jpg

引用:Facebook広告ガイド

インスタント記事はFacebookのモバイルアプリに最適化された記事投稿機能です。広告主自身のアカウントで配信したインスタント記事に対して、動画広告を配置できます。

インスタント記事の動画広告では、16:9の横長動画が推奨されています。1秒~241分までの動画が使用可能です。

インスタント記事に注目を集めたい場合や、テキストでは表現しにくい内容を伝えたい場合は、動画広告を活用しましょう。

インストリーム動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.07.56.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Facebookのインストリーム動画広告は、著名人がFacebook上で配信している動画やスポーツ、ゲームなどのライブ配信動画に広告を表示できる機能です。メインの動画がモバイルで60秒視聴されたあとに、インストリーム動画広告が表示されます。

インストリーム動画広告では16:9~1:1の動画を利用可能です。再生時間は5秒~10分で、15秒を超えた部分は「続きを見る」をタップした場合に再生されます。

特定の動画を視聴しているユーザーにアプローチしたい場合は、インストリーム動画広告を活用しましょう。

検索結果の動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.10.17.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Facebookの検索結果画面にも、動画広告を表示できます。ただし、リスティング広告のようにキーワードを指定して広告を出稿することはできません。広告内容と検索語句の関連性が高い場合に動画広告が表示されます。

検索結果の動画広告では、4:5の横長動画が推奨されています。1秒~241分までの動画を利用することが可能です。

Instagramで配信できる動画広告の種類

Instagramでは、フィードやストーリーズ、リールなどに動画広告を配信できます。また、発見タブに動画広告を掲載したり、インストリーム動画広告を配信したりすることも可能です。

以下では、Instagramで配信できる動画広告について解説します。

Instagramストーリーズの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.12.24.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramストーリーズは、投稿から24時間で消える写真や動画をアップできる機能です。

動画広告は、ユーザーが投稿したストーリーズの間に再生されます。スマートフォンの画面いっぱいに表示できる9:16の縦長動画が推奨です。再生時間は1秒~60分まで、10秒以上の場合は複数のストーリーズカードに分割されます。

没入感のあるリアルな動画をアップしたい場合は、Instagramストーリーズの動画広告を活用しましょう。

フィードの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.19.30.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのフィードとは、Instagramアプリで最初に表示されるタイムラインのことです。ユーザーがフォローしているアカウントの写真や動画などがフィードに表示されます。

フィードの動画広告では、4:5の縦長動画が推奨です。1秒~60分までの動画が利用できます。

多くのユーザーに動画広告を表示したい場合は、フィードの動画広告を活用しましょう。

発見タブの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.22.07.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramの発見タブには、ユーザーの興味や関心に最適化されたコンテンツが表示されます。まだフォローしていないアカウントの投稿を発見タブで見つけることが可能です。

発見タブの動画広告は、ユーザーによって投稿されたコンテンツの間に表示されます。推奨のサイズは4:5の縦長動画で、1秒~60分の動画を利用可能です。

新たなコンテンツを探しているユーザーにリーチしたい場合は、発見タブの動画広告を活用しましょう。

リールの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.23.58.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのリールとは、再生時間の短い動画をアップできる機能です。ストーリーズと異なり、リールは投稿から時間が経過したあともアカウント上に残ります。

リールの動画広告は、ユーザーが投稿したリールの間に表示されます。推奨サイズは9:16の縦長動画で、再生時間は1秒~30秒です。

没入感のあるフルスクリーンの動画を使用したい場合は、リールの動画広告を活用しましょう。

インストリーム動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.26.14.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのインストリーム動画広告では、Facebookと同様にメインの動画コンテンツを視聴しているユーザー広告が配信できます。

推奨されるサイズは9:16の縦長動画で、1分以内の動画を利用可能です。著名なアカウントの動画を視聴しているユーザーにリーチしたい場合は、インストリーム動画広告が適しています。

ここまで、Facebook動画広告とInstagram動画広告の種類について詳しく紹介しました。
その他にもそれぞれの広告のメリットや広告費用の仕組みについても資料で詳しく紹介しています。これから動画広告をはじめたいという方はぜひダウンロードしてみてください。

Facebook動画広告のメリットや仕組みを詳しく解

Facebook動画広告のメリットや仕組みを詳しく解説

マーケティング担当者に向けてFacebook動画広告を分かりやすく紹介しています。

Instagram動画広告のメリットや仕組みを詳しく解説

Instagram動画広告のメリットや仕組みを詳しく解説

マーケティング担当者に向けてInstagram動画広告を分かりやすく紹介しています。

FacebookとInstagramで動画広告を活用しよう

FacebookとInstagramで動画広告を活用すると、より多くのユーザーにアプローチできます。広告の配信先によって適切な動画サイズや再生時間が異なるため、仕様を把握したうえで動画広告に取り組みましょう。

以下の資料では、動画広告を運用するポイント、ターゲティングの種類などより詳しい情報が確認できます。FacebookとInstagramで動画広告を運用し、自社の販促やブランディングを成功させたい方はぜひ参考にしてください。

Facebook動画広告の運用ポイントを具体的に紹介!

Facebook動画広告の運用ポイントを具体的に紹介!

これから動画広告をはじめたい人必見!Facebook動画広告を分かりやすく紹介しています。

Instagram動画広告のの運用ポイントを具体的に紹介!

Instagram動画広告のの運用ポイントを具体的に紹介!

ターゲティングの種類や仕組みについてもさらに詳しく紹介しています。