InstagramとFacebookは、ともに国内の主要SNSです。国内月間アクティブユーザー数はInstagramが3,300万人Facebookが2,600万人となっています。

InstagramとFacebookは、連携させることで様々なメリットを得られる上、いずれも動画を使った広告の利用も可能です。

そこで、本記事ではInstagramとFacebookを連携させるメリットや連携方法、InstagramとFacebookで配信できる動画広告の種類などについて解説します。

目次

  1. Instagram(インスタグラム)広告はFacebook(フェイスブック)広告の一部
  2. Instagram(インスタグラム)広告とFacebook(フェイスブック)広告の違いを比較
  3. Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携させるメリット
  4. Instagram(インスタグラム)で配信できる動画広告の種類
  5. Facebook(フェイスブック)で配信できる動画広告の種類
  6. Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する際の注意点
  7. Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する方法
  8. Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)の動画広告成功事例
  9. Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)で動画広告を活用しよう

▼InstagramとFacebookの動画広告について学びたい方はこちら

Instagram動画広告完全ガイド

Instagram動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Instagram(インスタグラム)広告はFacebook(フェイスブック)広告の一部

Instagramに掲載する広告は、Facebook広告同じ管理画面から配信が可能です。Instagramは2012年にFacebook社(現Meta社)に買収されているため、現在はFacebook広告の機能の一部としてInstagram広告が提供されています。

なお、Instagram広告を利用する際は、FacebookページまたはFacebookビジネスマネージャーが必要です。Facebookビジネスマネージャーアカウントを開設すると、複数のアカウント管理や複数ユーザーに対する権限付与など、便利な機能が使えます。

FacebookとInstagramの動画広告に取り組む際は、Facebookビジネスマネージャーを開設しましょう。

Instagram(インスタグラム)広告の特徴

Instagram広告は、国内月間アクティブユーザー数3,300万人を誇るプラットフォームで配信する広告です。

Instagramは画像や動画に特化しており、クリエイティブにこだわった広告や、デザインに優れた商品をプロモーションする広告などを配信するのに向いています。

さらに、ストーリーズやライブ配信、リール動画、ショッピング機能、IGTVなど、さまざまな機能を兼ね備えており、これらの機能を活用しながら商品・サービスのプロモーションを実施できます。

Instagram広告の詳細については、以下の記事で紹介しています。

Instagram(インスタグラム)広告とは?種類や出稿方法、相性の良い職種を解説

Instagram(インスタグラム)広告とは?種類や出稿方法、相性の良い職種を解説

インスタグラム広告の出稿はFacebookの管理画面から行うため、どこから出稿すればいいのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。 今回は、インスタグラム広告の基礎知識と出稿方法を解説し、出稿後に活用したい効果測定ツールをご紹介します。

出典:
Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

Facebook広告の特徴

Facebook広告は、国内月間アクティブユーザー数2,600万人のプラットフォームで配信する広告です。

Facebookは実名制を基本にしているため、正確なデータに基づいたターゲティングを行えます。登録情報のほか、趣味や関心にあわせて広告を配信できる点も強みです。

また、FacebookやInstagram以外にも、Meta社の保有するプラットフォームであるMessengerやオーディエンスネットワークなどの媒体でも広告を配信することができます。

Facebook広告については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ご確認ください。

【新人マーケター向け】Facebook(フェイスブック)広告運用の基礎知識と押さえておきたいポイント

【新人マーケター向け】Facebook(フェイスブック)広告運用の基礎知識と押さえておきたいポイント

ターゲティングの精度が高いと言われるFacebook広告の導入を考える企業も少なくありません。Facebook広告を出すために必要な基礎知識・メリットなどを知りたい方もいるでしょう。そこで今回は、Facebook広告の運用に必要な基礎知識・メリット・デメリット・運用のコツやポイントなどを紹介します。

出典:
フェイスブック ジャパン長谷川代表が語る「退任の真意」–独占ロングインタビュー – CNET Japan

Instagram(インスタグラム)広告とFacebook(フェイスブック)広告の違いを比較

ここでは、Instagram広告とFacebook広告の違いを紹介します。

ユーザー層

Instagramは10〜20代の若者世代のユーザーが多い傾向です。加えて、女性のユーザー数が多いのも特徴で、画像や動画などのコンテンツが重視されやすく、ブランディングや商品・サービスのファン作りなどにも向いています。

一方、Facebookは40代以降のユーザーにも多く利用されており、年齢層が高い傾向にあります。ビジネス目的で利用しているユーザーが多いのも特徴です。

配信目的

Instagramは国内ユーザー数が多いプラットフォームなので、認知拡大や新規顧客の獲得などに有効です。

また、Instagramではショッピング機能も利用できるので、商品やサービスの購買意欲を促進し、アクションにつなげる目的でも利用されています。

先述した通り、Facebookはビジネス目的で利用するユーザーが多い傾向です。そのため、BtoB向けの商品やサービスのプロモーションにも役立ちますし、Instagramと同様に多くのユーザー数を保有しているので、認知拡大においても一定の効果が期待できます。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携させるメリット

InstagramとFacebookは同じ管理画面から広告を配信できる点が利点ですが、連携させることで具体的にどのようなメリットを得られるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

手間を削減できる

InstagramとFacebookを連携させることで、手間を削減することが可能です。

SNSを運用するにあたって、ある程度の更新頻度を保たないとユーザーは離脱しやすくなりますし、最新情報を届けることができません。

しかし、更新頻度を保ちながら複数のSNSを運用するとなると、管理するのに手間がかかってしまいます。

そのため、InstagramとFacebookを一度に管理できるようにすることで、一定の更新頻度を保ちながらSNSを運用できるようになります。

多くのユーザーにリーチできる

先ほど紹介したように、InstagramとFacebookのユーザー層は異なり、それぞれのプラットフォームの特徴も異なります。

そのため、InstagramとFacebookを連携して同時に運用することで、それぞれの特徴を活かしながら、より多くのユーザーにリーチを広げることが可能です。

ターゲット層が幅広い場合や、認知拡大を目指している場合は、InstagramとFacebookを連携して運用するとよいでしょう。

Instagram(インスタグラム)で配信できる動画広告の種類

Instagramで配信できる広告の種類は以下の通りです。

  • ストーリーズ
  • フィード
  • 発見タブ
  • リール
  • インストリーム

以下では、それぞれの広告の特徴について解説します。

ストーリーズの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.12.24.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramストーリーズは、投稿から24時間で消える写真や動画をアップできる機能です。

動画広告は、ユーザーが投稿したストーリーズの間に再生されます。スマートフォンの画面いっぱいに表示できる9:16の縦長動画が推奨です。再生時間は1秒~60分まで、10秒以上の場合は複数のストーリーズカードに分割されます。

没入感のあるリアルな動画をアップしたい場合は、Instagramストーリーズの動画広告を活用しましょう。

フィードの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.19.30.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのフィードとは、Instagramアプリで最初に表示されるタイムラインのことです。ユーザーがフォローしているアカウントの写真や動画などがフィードに表示されます。

フィードの動画広告では、4:5の縦長動画が推奨です。1秒~60分までの動画が利用できます。

多くのユーザーに動画広告を表示したい場合は、フィードの動画広告を活用しましょう。

発見タブの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.22.07.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramの発見タブには、ユーザーの興味や関心に最適化されたコンテンツが表示されます。まだフォローしていないアカウントの投稿を発見タブで見つけることが可能です。

発見タブの動画広告は、ユーザーによって投稿されたコンテンツの間に表示されます。推奨のサイズは4:5の縦長動画で、1秒~60分の動画を利用可能です。

新たなコンテンツを探しているユーザーにリーチしたい場合は、発見タブの動画広告を活用しましょう。

リールの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.23.58.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのリールとは、再生時間の短い動画をアップできる機能です。ストーリーズと異なり、リールは投稿から時間が経過したあともアカウント上に残ります。

リールの動画広告は、ユーザーが投稿したリールの間に表示されます。推奨サイズは9:16の縦長動画で、再生時間は1秒~30秒です。

没入感のあるフルスクリーンの動画を使用したい場合は、リールの動画広告を活用しましょう。

インストリーム動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.26.14.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Instagramのインストリーム動画広告では、Facebookと同様にメインの動画コンテンツを視聴しているユーザーに広告が配信できます。

推奨されるサイズは9:16の縦長動画で、1分以内の動画を利用可能です。著名なアカウントの動画を視聴しているユーザーにリーチしたい場合は、インストリーム動画広告が適しています。

Facebook(フェイスブック)で配信できる動画広告の種類

Facebookで配信できる広告の種類は以下の通りです。

  • ニュースフィード
  • ストーリーズ
  • インスタント記事
  • インストリーム
  • 検索結果

それぞれの広告の特徴について確認していきましょう。。

ニュースフィードの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 8.57.56.jpg

引用:Facebook広告ガイド

ニュースフィードはFacebookフィードやタイムラインとも呼ばれ、ユーザーの友達やフォロー中のページ、グループに関する最新情報が表示されます。

ニュースフィードの動画広告では、正方形または4:5の縦長動画が利用可能です。再生時間は1秒~241分で、ユーザーが好きな角度で楽しめる360度動画も利用できます。

ストーリーズの動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.02.27.jpg
引用:Facebook広告ガイド

Facebookストーリーズは、24時間で消える写真や動画をアップできる機能です。スマートフォンの縦画面いっぱいに没入感のあるコンテンツが表示されます。

Facebookストーリーズの動画広告では、9:16の縦長動画が利用可能です。1秒~2分までの動画が使用でき、15秒を超える動画は複数のストーリーズカードに分割されます。

インスタント記事の動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.03.59.jpg

引用:Facebook広告ガイド

インスタント記事はFacebookのモバイルアプリに最適化された記事投稿機能です。広告主自身のアカウントで配信したインスタント記事に対して、動画広告を配置できます。

インスタント記事の動画広告では、16:9の横長動画が推奨されています。1秒~241分までの動画が使用可能です。

インスタント記事に注目を集めたい場合や、テキストでは表現しにくい内容を伝えたい場合は、動画広告を活用しましょう。

インストリーム動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.07.56.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Facebookのインストリーム動画広告は、著名人がFacebook上で配信している動画やスポーツ、ゲームなどのライブ配信動画に広告を表示できる機能です。メインの動画がモバイルで60秒視聴されたあとに、インストリーム動画広告が表示されます。

インストリーム動画広告では16:9〜1:1の動画を利用可能です。再生時間は5秒〜10分で、15秒を超えた部分は「続きを見る」をタップした場合に再生されます。

特定の動画を視聴しているユーザーにアプローチしたい場合は、インストリーム動画広告を活用しましょう。

検索結果の動画広告

スクリーンショット 2021-11-16 9.10.17.jpg

引用:Facebook広告ガイド

Facebookの検索結果画面にも、動画広告を表示できます。ただし、リスティング広告のようにキーワードを指定して広告を出稿することはできません。広告内容と検索語句の関連性が高い場合に動画広告が表示されます。

検索結果の動画広告では、4:5の横長動画が推奨されています。1秒~241分までの動画を利用することが可能です。

▼InstagramとFacebookの動画広告について学びたい方はこちら

Instagram動画広告完全ガイド

Instagram動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する際の注意点

InstagramとFacebookを連携する際は、注意すべきポイントがいくつか存在します。

アプローチを変えるのも重要

InstagramとFacebookで同じ広告を配信するだけでなく、それぞれのプラットフォームにあわせてアプローチを変えることも重要です。

もちろん、連携させることで運用の手間を省くのもよいですが、SNSごとに異なるコンテンツも定期的に配信することをおすすめします。

例えば、若い世代の使用率が高いInstagramにおいては、トレンドを意識したコンテンツや、若者の共感を得やすいメッセージを取り入れることで、効果の高い広告を目指すことができます。

忙しいときは同時投稿を利用する、時間に余裕があるときは個別に投稿するなどして、臨機応変に運用方法を工夫するとよいでしょう。

連携設定をミスしない

InstagramとFacebookの連携設定をする際は、設定ミスがないように注意することが大切です。

Facebookと連携できるInstagramアカウントの数は1つになっています。複数のInstagramアカウントを持っている場合は、投稿する前に正しいアカウントに設定されているか確認しましょう。

投稿先を間違えるなどのミスをしてしまうと、企業アカウントの信頼度を低下させてしまう可能性があります。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する方法

ここでは、InstagramとFacebookを連携する手順について押さえておきましょう。

Instagramで設定

Instagramで連携設定を行う場合、「設定」から「リンク済みアカウント」を選択します。「Facebook」を選択するとログインできるようになるので、そのまま設定を進めてください。

Facebookで設定

Facebookから連携する場合、ブラウザの「設定」ページを開いてください。「Instagram」を選択すると「アカウントリンク」というボタンが表示されるので、ユーザーネーム等を入力して設定を進めます。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)の動画広告成功事例

Instagram広告やFacebook広告で成果を出すためには、成功事例を参考にすることも大切なポイントです。ここでは、動画広告の成功事例を紹介します。

Guinness UK(ギネス・UK)

image1-min.png

引用:Meta Guinness UK成功事例

ビール醸造会社のGuinness UK(ギネス・UK)は、イギリスで開催された国際ラグビーユニオン大会「Guinness Six Nations」のキャンペーンを展開し、ラグビーを応援するファンとビールを映像化することでキャンペーンを盛り上げました。

広告媒体としてFacebook動画広告とInstagramストーリーズの双方を活用し、25〜34歳の男性層のメッセージ理解を9ポイント向上させることに成功しました。

リノベ不動産

image3-min.png

引用:Meta Guinness リノベ不動産成功事例

リノベ不動産は「中古住宅」と「リノベーション」を組み合わせることで、新しい理想の住まいの形を提案し、自分らしい暮らしを目指す人のサポートを行っています。

リノベ不動産ではFacebookの動画広告を活用することで、潜在顧客に効率的にアプローチし、お問い合わせ件数を85%増加させるのに成功しました。

お問い合わせ獲得単価削減は50%、インプレッション単価削減は9%を記録し、お問い合わせ件数アップと併せてコスト削減も実現しています。

パナソニック株式会社

image2-min.png

引用:Meta Guinness リノベ不動産成功事例

パナソニック株式会社は国内最大手の電機メーカーグループです。

Instagramの動画広告を活用することで、高級トースターの売上拡大を目指すことを目標に掲げていました。ユーザーの共感を得られるマーケティングキャンペーンを実施し、フィード広告ストーリーズ広告などでコンテンツを配信。

結果的に旧モデルと比較すると購入数を倍増させることに成功し、メッセージ想起を4.2ポイント増加させています。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)で動画広告を活用しよう

InstagramとFacebookで動画広告を活用すると、より多くのユーザーにアプローチできます。ただし、広告の配信先によって適切な動画サイズや再生時間が異なるため、仕様を把握したうえで動画広告に取り組みましょう。

以下の資料では、動画広告を運用するポイントやターゲティングの種類などについて、より詳しい情報が確認できます。

FacebookとInstagramで動画広告を運用し、自社の販促やブランディングを成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼InstagramとFacebookの動画広告について学びたい方はこちら

Instagram動画広告完全ガイド

Instagram動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説いたします。

Facebook動画広告完全ガイド

Facebook動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのFacebook動画広告完全ガイドについて解説いたします。