自社サイトにフォームの導入を検討している方の中には、「Googleフォームでどのようなフォームを作成できるのか知りたい」「自社で作成するフォームの事例が見たい」と考えている方も多いかと思います。

Googleフォームは様々なニーズに合わせてフォームを作成することができます。そのため、企業だけでなく学校や個人ブログなど、多くの場面で利用可能です。

そこで、本記事ではGoogleフォームで作成したフォームの事例を7つ紹介します。各フォームで設定すべき質問項目やGoogleフォームの作成方法、フォーム作成時の注意点についても解説しますので、参考にしてみてください。

【無料で利用可】カンタン作成!機能豊富なフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【無料で利用可】カンタン作成!機能豊富なフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

CVRが高いフォームを作ることができるフォーム作成ツールです。無料でも利用できるのでまずはお試しでもご利用いただけます。

目次

  1. Googleフォームが企業や学校でおすすめな理由3つ
    1. 完全無料で利用できる
    2. 誰でも簡単にフォームを作成できる
    3. 企業・学校の運営を効率化できる
  2. Googleフォームの活用事例7つ
    1. お問い合わせフォーム
    2. アンケートフォーム
    3. 応募・申し込みフォーム
    4. 注文フォーム
    5. 採用フォーム
    6. 投票フォーム
    7. テスト専用フォーム
  3. Googleフォームの作成方法
  4. フォーム作成時の注意点3つ
    1. 質問項目数を減らす
    2. サイトに馴染んだフォームデザインにする
    3. エラー表示は分かりやすく表示する
  5. フォーム作成ツールを導入するなら「formrun(フォームラン)」もおすすめ

Googleフォームが企業や学校でおすすめな理由3つ

Googleフォームは企業や学校での利用におすすめです。ここでは、その理由を3つ紹介します。

完全無料で利用できる

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートと同様、完全無料ですべての機能を利用することができます。そのため、自社の予算やサブスクリプションのコストなどを考えることなく気軽に導入することが可能です。

誰でも簡単にフォームを作成できる

Googleフォームを利用すれば、誰でも簡単にフォームを作成することができます。ネット環境さえ整っていれば、知りたい情報に合わせて質問項目を設定するだけでフォームを作成できるため、HTMLCSSなどのコードの知識がない方にぴったりです。

企業・学校の運営を効率化できる

Googleフォームを利用することで、効率的に企業や学校を運営することができます。フォームといえば「お問い合わせフォーム」や「応募フォーム」などを顧客へ向けて設置するイメージを持つ方が多いかと思いますが、Googleフォームは社内・学校内向けに「アンケートフォーム」や「テストフォーム」を作成して回答をGoogleスプレッドシートで管理することができるため、ビジネスの促進に貢献します。

Googleフォームの活用事例7つ

それでは、Googleフォームの活用事例を見ていきましょう。今回紹介するのは、以下の7つのフォームです。

お問い合わせフォーム
アンケートフォーム
応募・申し込みフォーム
注文フォーム
採用フォーム
投票フォーム
テスト専用フォーム

おすすめの質問項目と合わせて解説しますので、参考にしてみてください。

お問い合わせフォーム

image3.jpg
Googleフォームで自社サイトにお問い合わせフォームを設置することで、商品・サービスに関する問い合わせを受け付けることができます。

設置する項目は、「名前」「メールアドレス」「お問い合わせ内容」に絞ってください。なぜなら、問い合わせフォームから商品・サービスの成約につながることが多いことから、問い合わせのハードルを下げることが重要であるためです。

最低限の質問項目のみを設置して、ユーザーが回答しやすいフォームを作成しましょう。

アンケートフォーム

image2.jpg
Googleフォームを活用することで、商品・サービスへのフィードバック調査などを目的にしたアンケートフォームを簡単に設置することができます。Googleスプレッドシートに出力することで、アンケート結果をまとめて管理することも可能です。

設置すべき質問項目はアンケートの目的によって異なりますが、「ラジオボタン」や「チェックボックス」の機能を利用して、ユーザーが手軽に回答できるフォームを作成しましょう。これらの設定は、Googleフォームの作成画面で回答方法を選択するだけで可能となります。

応募・申し込みフォーム

image5.jpg
Googleフォームは、応募・申し込みフォームを作成する際にも便利に利用することができます。。応募・申し込みフォームの用途は、プレゼントキャンペーンや求人、写真コンテストなど様々です。

応募・申し込みフォームを設置する際は、自社のマーケティング戦略に合わせた質問項目を設定することが重要です。例えばプレゼントキャンペーンを実施する場合、「メールアドレス」の項目を追加することで、メルマガなど次の施策に移行することができます。

応募フォームの作成方法について、詳しくは以下の記事で解説しています。

無料&有料のおすすめ応募フォーム作成ツール8選を紹介!フォーム作成のメリットと便利な機能も解説

無料&有料のおすすめ応募フォーム作成ツール8選を紹介!フォーム作成のメリットと便利な機能も解説

「プレゼントキャンペーン」や「求人応募」、「写真コンテスト」などに使うことができる応募フォーム。導入することで業務の効率化や人件費の削減にもなります。本記事では無料から使えるおすすめのフォーム作成ツールも紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

注文フォーム

image4.jpg
Googleフォームを利用することで、商品・サービスの注文を受け付けることもできます。

ただし、Googleフォームには決済機能やカート機能などは搭載されていません。そのため、これらの機能を利用するためには、専用のツールとの連携が必要となります。もし、1つのツールで注文関係のシステムを完結させたい場合は、別のフォーム作成ツールの導入を検討してみてください。

他のおすすめツールの紹介や注文フォームの作成方法は以下の記事で解説しています。

無料から使えるおすすめ注文フォーム作成ツール9選!作成方法と選ぶポイントも紹介

無料から使えるおすすめ注文フォーム作成ツール9選!作成方法と選ぶポイントも紹介

本記事はWebサイト上で商品を販売したいが、注文フォームの作り方が分からないという方に向けた記事です。Web上での売買において重要な役割を担っている注文フォームの作成方法や必要な機能、無料で利用できる注文フォーム作成ツールを紹介します。

採用フォーム

image7.jpg

新卒・中途の採用フォームにも、Googleフォームは利用可能です。

質問項目は、選考に必要な情報に絞りましょう。ファイルの添付機能も搭載されているため、ポートフォリオ等の提出が必要な場合でも安心して利用することができます。

投票フォーム

image6.jpg
Googleフォームを利用することで、学校や職場で意見を集め、その情報を管理することができます。

投票フォームは、大人数のコミュニティ内で意見を集める際に効果的です。これによって、意見を話すのが苦手な方の声も漏らさず拾うことが可能になるため、コミュニティ運営を円滑に進めることができます。

テスト専用フォーム

image9.jpg
Googleフォームを活用することで、基礎学力調査などの簡易的なテストを実施することが可能です。企業の新入社員研修で理解度チェックなどに利用されることもあります。

筆記式のテストでは、答え合わせに時間が割かれたり、答えを聞き漏らしてしまうなどのデメリットがあります。しかし、Googleフォームには自動採点機能が搭載されているため、業務の効率化をすることができます。

Googleフォームの作成方法

それでは、Googleフォームの作成方法を見ていきましょう。

まず、Googleトップページから「Forms」をクリックしてください。
image8.jpg
Googleフォームの管理画面に移動します。
画面右下の「+」をクリックすると、新しいフォームを作成することができます。

image12.jpg
お好みのフォームを作成しましょう。Googleフォームの使い方については以下の記事で詳しく解説しているため、参考にしてみてください。

Google(グーグル)フォームは簡単に作れる!使い方を徹底解説

Google(グーグル)フォームは簡単に作れる!使い方を徹底解説

今回は、さらに使いやすくなったGoogleフォームの使用方法と、アンケートを作成する際に最低限おさえておきたいポイント3つを紹介します。一度操作方法を覚えてしまえばすぐに使いこなせるようになりますので、本記事を参考にフォームの作成方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

今回は以下のようなお問合わせフォームを作成してみました。

image10.jpg
フォームの送信・設置方法も簡単です。

画面右上の「送信」をクリックしてください。
image11.jpg

フォームの送信・設置は、「メールで送信する」「リンクを貼り付ける」「HTMLコードを埋め込む」の3つの方法から選ぶことができます。フォームの活用方法に合わせて選択しましょう。

ちなみに、WordPressフォームを埋め込みたい場合は、以下のように「< >」を選択してHTMLコードをコピーした後、そのコードをWordPressに貼りつければ完了です。
image13.jpg
フォームの送信・設置後は実際にフォームを送信してみて、問題なく稼働しているか確認してみてください。

フォーム作成時の注意点3つ

フォーム作成時に注意すべきポイントの原則は「ユーザーにストレスを与えないこと」です。そのため、ここではユーザーがストレスフリーに入力できるフォームを作成するための注意点を3つ紹介します。

質問項目数を減らす

フォームの入力項目数は必要最低限にしましょう。

質問項目が多いフォームユーザーへ心理的負担やストレスを与えてしまいます。「入力するのがめんどくさい」とユーザーが感じた場合、フォームから離脱してしまう恐れがあるため、できる限り入力のハードルを低くすることが大切です。

サイトに馴染んだフォームデザインにする

作成するフォームは、自社Webサイトに馴染むデザインへカスタマイズしましょう。

サイトに合わないフォーム画面はユーザーに違和感を与え、信頼を損なう可能性があります。結果的にフォーム回答率が低下することもあるため、違和感のないデザインへカスタマイズすることは重要です。

エラー表示は分かりやすく表示する

エラー表示は分かりやすく、可能であれば質問項目の近くに表示しましょう。

エラー表示が分かりにくいフォームは、ユーザーに対してエラー箇所を探す手間を強いることになります。それにストレスを感じたユーザーの離脱を防ぐために、分かりやすくエラー表示をする必要があります。

フォーム作成ツールを導入するなら「formrun(フォームラン)」もおすすめ

image14.jpg


Googleフォームは無料とは思えないほどの多機能性を持ったフォーム作成ツールですが、「デザインのカスタマイズができない」「複数人でフォーム運用ができない」などのデメリットも存在します。これらの悩みを抱えている方におすすめしたいのが、弊社の提供する「formrun」です。
formrunは、40種以上のデザインテンプレートから、自社サイトに合ったフォームを最短30秒で作成することができます。顧客情報の管理・分析にも対応しており、以下のようなカンバン式の管理画面にて、視認性の高いカード型で顧客ステータスを確認することも可能です。

image15.jpg
また、formrunは住所自動入力やエラー箇所の表示など、ユーザー補助機能も充実しています。これらの機能はフォーム入力に対するユーザーのストレスを軽減するため、フォームの回答率アップに貢献するでしょう。

他にも、formrunは有料プランに加入することでチームによるフォーム管理ができるようになるなど、Googleフォームにない機能を数多く搭載しています。無料から利用することができるため、Googleフォームの機能に課題を感じている方は、試しに導入して使用感などをチェックしてみてください。

【無料で利用可】カンタン作成!機能豊富なフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【無料で利用可】カンタン作成!機能豊富なフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

CVRが高いフォームを作ることができるフォーム作成ツールです。無料でも利用できるのでまずはお試しでもご利用いただけます。