Webサイト上で商品を販売する際には、注文フォームを使って販売する場合がほとんどです。Web上での売買において重要な役割を担っている注文フォームですが、デザインが悪かったり、入力しづらいフォームでは、訪問者はページを離れてしまい、本来獲得できたはずの受注を失ってしまう可能性があります。

注文フォームの重要性を理解しつつも、注文フォーム作成できるエンジニアやデザイナーが不足していたり、フォームの作成にお金をかけたくないという方もいるのではないでしょうか。本記事では、注文フォームを作成する方法や、無料で利用できる注文フォーム作成ツールを紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. 注文フォームを作成する方法
    1. HTMLやCSS、PHPなどコードで作成する
    2. WordPressのプラグインを利用する
    3. フォーム作成ツールを利用する
  2. 注文フォーム作成ツールを選ぶ際のポイント
    1. 決済機能
    2. カート機能
    3. CRM(顧客管理機能)
    4. セキュリティ対策
  3. おすすめの注文フォーム作成ツール
    1. formrun
    2. Form Answer
    3. SECURE FORM
    4. オレンジフォーム
    5. FormMailer
    6. formzu
    7. パパっとレジ
    8. SELECTTYPE
    9. Googleフォーム
  4. まとめ

注文フォームを作成する方法

まずは注文フォームの作り方を確認していきましょう。注文フォームを作るには、以下の3通りの方法があります。

  • HTMLCSS、PHPなどコードで作成する
  • WordPressプラグインを利用する
  • フォーム作成ツールを利用する

以下では、それぞれのメリット・デメリットついて紹介していきます。

HTMLやCSS、PHPなどコードで作成する

HTMLCSS、PHPなどのプログラミング言語を使ってフォームを作成することができます。フォームを思い通りにカスタマイズできるため、オリジナルの注文フォームを作成できます。しかし、コードで作成するには知識や時間を必要とし、さらに不具合が起こった場合に対応できる人が限定されるというデメリットもあります。

コーディングの知識がなかったり、作成にかけられる時間が限られているという方は、以下のどちらかの方法をおすすめします。

WordPressのプラグインを利用する

WebサイトWordPressで作成している場合、プラグインを使ってフォームを作成・設置する方法もあります。プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールのことで、フォーム機能の一式がプラグインとして用意されているものもあり、簡単にフォームを設置できます。

プラグインにはコーディングの知識は必要なく、無料で利用することができます。しかしプラグインを入れすぎるとサイトの表示速度が下がってしまう場合があるため、必要最低限の利用をおすすめします。

フォーム作成ツールを利用する

フォーム作成ツールを利用すれば、プラグインと同様に、コーディングの知識を必要とすることなく注文フォームを作成することができます

様々なテンプレートが用意されているツールが多いため、短時間でフォームを作成したい方や、デザインに困っている方におすすめです。また、EFO(エントリーフォーム最適化)機能や顧客管理機能、自動集計機能など、フォーム作成以外にも機能が搭載されているツールもあるため、注文者の作業やフォーム管理者の作業の効率化につながります。

ツールによってそれぞれ特徴があるため、導入前にどんな機能が必要か、十分に検討することをおすすめします。

注文フォーム作成ツールを選ぶ際のポイント

注文フォーム作成ツールを導入したいが、どのツールを使えば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。
ここでは、注文フォームにあると便利な機能を4つ紹介します。この中から必要な機能を確認し、ツールを選ぶ際の参考にしてみてください。

決済機能

注文した商品の支払いを、オンライン決済できる機能です。

オンライン決済には、クレジットカード決済やPayPal決済、Stripe決済など様々な種類がありますが、ツールによって対応している決済方法は異なります。PayPal決済では、注文者が事業者にクレジットカード情報を伝える必要がないため、セキュリティの高さがメリットです。またStripe決済では、利用料金が決済手数料の3.6%から変動しないことがメリットです。

銀行決済や代金引換よりも注文者の手間もかからないため、この機能があると商品購入のハードルも下がり、キャンセル率も下がります。決済方法それぞれのメリットを確認しつつ、求める方法に対応しているか確認するようにしましょう。

カート機能

カート機能とは、ユーザーが欲しい商品を「カート」と呼ばれる場所に入れることで、カゴに追加した商品の一覧と数量、総額を確認でき、まとめて注文処理ができる機能です。「注文へ進む」ボタンを押すと、名前・住所などの必要事項の入力に進み、そのまま注文が完了します。商品名の横に「カートに入れる」ボタンが設置されているパターンが多いです。

CRM(顧客管理機能)

CRM様々な注文者情報(氏名、住所、カード情報など)を一元管理できるため、目的の情報に素早くアクセスすることができます。顧客情報を集約し、分析まで自動で行うことができるため、顧客のニーズをより正確に把握することができます。顧客属性別の購入率や人気商品が割り出せると、顧客へのアプローチ方法やタイミングなどを戦略的に考えて実行できるため、マーケティングの効果を最大化することができるでしょう。

また、特にECサイトでは多くのユーザーがサイト訪問をするため、自動で顧客情報を管理できたり、サイト内で閲覧したページやアクセスログの取得・管理ができるCRMが活躍します。

セキュリティ対策

注文フォームでは、注文者の氏名や住所、カード情報まで取り扱うことがあります。そのため万全なセキュリティ対策は必須です。

SSL(データ通信の暗号化)への対応や、Pマークの取得、国際規格の1つであるISMSを取得しているかなど、ツールを導入する前にセキュリティ対策が万全かをしっかりと確認しましょう。

おすすめの注文フォーム作成ツール9選

こちらでは、無料から使える注文フォーム作成ツールを紹介します。数あるツールの中から、誰でも簡単に注文フォームを作ることのできるツールを紹介するので、導入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

formrun(フォームラン)

image3.png

  • 40種類ものテンプレートがあり、フォームのデザインを細かく設定が可能
  • 未対応/対応中/対応完了など、ステータス別に応募者の管理を確認できるカンバン方式で注文内容の管理を効率化
  • SlackやChatwork、Teamsと連携して注文を即座に通知

charts_1.jpg

Form Answer(フォームアンサー)

image10.png

  • シンプルなものからカラフルなものまでフォームのデザインが豊富
  • 入力の手間を減らし、より正確に入力完了できるようにするEFO機能が標準対応
  • モバイル端末でのフォーム作成、編集が可能

charts_2.jpg

SECURE FORM(セキュアフォーム)

image7.png

  • ドラッグ&ドロップで簡単にフォームが作成可能
  • フォームの設定を行うだけでスマートフォンやタブレットでのフォーム入力も可能
  • フリープランでもフォームを3つまで作成可能

charts_3.jpg
※ベーシックプランから利用可能

オレンジフォーム

image8.png

  • フォームに登録されたメールアドレスや名前は、自動でメルマガに登録させることが可能
  • 注文情報はCSV形式で一括ダウンロードが可能
  • 無料プランでもフォーム作成数が無制限

charts_4.jpg
※¹ビジネス版から利用可能
※²ビジネス版から利用可能

FormMailer(フォームメイラー)

image9.png

  • ドラッグ&ドロップの直感操作で簡単にフォーム作成
  • 注文制限や注文可能期間の設定が可能
  • 「送料無料」「送料全国一律」「購入金額による送料設定」などの送料設定が可能

charts_5.jpg
※Proプランから利用可能

formzu(フォームズ)

image11.png

  • SSL通信付きの安全な注文フォームを簡単に設置することが可能
  • 注文情報は、エクセルで読み込み可能なCSVファイルで取得可能
  • フリープランでもフォームのファイル添付機能を使用可能

charts_6.jpg

パパっとレジ

image1.png

  • フォームを作成するとQRコードが自動生成され、簡単に拡散できる
  • 地域別設定や購入金額別の送料設定が可能
  • 「初期制作おまかせプラン」を利用することで初期設定、デザイン、商品登録をやってもらえる

charts_7.jpg

SELECTTYPE(セレクトタイプ)

image6.png

  • 注文内容を一元管理し複数の担当者で効率的に対応できる
  • 注文内容がデーターベースに蓄積され、統計画面で分析も可能
  • 注文内容に応じてフォーム内で自動的に合計料金を算出することが可能

charts_8.jpg

Googleフォーム

image5.png

  • 全ての機能を無料で利用可能
  • 注文情報をリアルタイムでスプレットシートに反映
  • スマートフォンやタブレットでもフォームを編集できる

charts_9.jpg

まとめ

本記事では、注文フォームにあると便利な機能や、無料で利用できるフォーム作成ツールを紹介しました。注文フォーム作成ツールには多くの機能がありますが、中には使わない場合のある機能もあります。まずは必要な機能を決め、紹介した無料で利用できるツールで使用感を確かめることをおすすめします。