まとめ

RFPは、最良の発注先を見つけてデザイン制作やシステム構築を成功させるための手段にすぎません。
しかし、成功させるためには正確な情報を基にした意思疎通が欠かせません。
ここでRFPが有効な手段として働くのです。

RFPは、作成して終わりではありません。
最終目的である事業目標や経営戦略の達成を、常に意識するように心がけましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

オリジナル商品の販売に適した縦長LPで訴求するべき6つのポイント
【保存版】提案依頼書の概要から作成まで一挙に解説
ちょっとしたデザイン変更を依頼したい時に使えるクラウドソーシング14サービス

このニュースに関連するカリキュラム

オリジナル商品の販売に適した縦長LPで訴求するべき6つのポイント

オリジナル商品の販売に適した縦長LPで訴求するべき6つのポイント

初めてショップに訪れたお客様にオリジナルの商品を買ってもらうための方法をご紹介します。