ソーシャルメディアの活用は、ホームページを持つ企業にとって、とても重要になっています。なかでもTwitterは、Facebookにならび人気の高いソーシャルメディアといえます。

本記事では、Twitterアカウントの効率活用にかかせない、Twitterアナリティクスを解説します。効率的な運用を行い、ホームページのアクセスアップに役立てましょう。

<目次>
・Twitterアナリティクスとは
・Twitterアナリティクスの基本画面
・アクセスアップに役立てる3つのポイント
 1.反応のあった投稿を再投稿する
 2.フォロワーの期待にこたえる
 3.トップアカウントの活動時間を把握する
・まとめ

Twitterアナリティクスとは

Twitterは、ログインした状態であれば、投稿の反応や、フォロワー数の推移などを分析できます。そのレポート画面をTwitterアナリティクスといいます。

Twitterアナリティクス

以下のxxxのところに、自分自身のTwitterアカウント名が入れてアクセスしますと、分析画面が表示されます。

https://analytics.twitter.com/user/xxx/tweets

Twitterの基本メニューからもアクセス可能です。

アナリティクスメニューから確認します

管理権限があれば、他アカウントのアナリティクスも見られます。

Twitterアナリティクスの基本画面

トップメニューから各指標がわかります。

基本的には以下の指標を定期的にチェックし、あまりにも反応(エンゲージメント)がなければ、運用方針や投稿頻度を見直すなど役立てれば良いでしょう。

Twitterアナリティクスの基本画面

インプレッション

あなたの投稿がどれくらい表示されたかを示します。Twitterの投稿は見る人によって時間がずれたりなど、フォロワー全員に見られるわけではありません。どんなに良い投稿でもインプレッションが増えなければ効果は限定的です。

エンゲージメント

投稿をお気に入りに保存したり、投稿内のリンクをクリックしたりなど、何らかのアクションをとったとき、エンゲージメントとカウントされます。その割合をエンゲージメント率といい、どれくらいユーザーと活発に交流しているか、といった目安になります。

その他活動

リツイートはあなたの投稿がどれくらい拡散(そのまま転用して投稿)されたかを示します。お気に入りとは、投稿を保存し後から見やすくするものです。

返信はユーザーとの会話としてのやりとりです。どれくらいユーザーに投げかけ、対話しているかといった目安になります。

データはExcelで加工もできる

インプレッション数などの投稿データは、画面右上の「データをエクスポート」からExcelで加工できCSVデータでダウンロードができます。ただし、文字化けをするケースもあるようですので、そのときには、テキストエディタで開きシフトJIS形式で保存しなおせば大丈夫です。

投稿数をExcelでグラフ化

Excelになっていれば、社内でのレポート作りにも簡単に適用できます。上図は、ダウンロードしたデータをピボットテーブルで集計した例です。

アクセスアップに役立てる3つのポイント

Twitterアナリティクスは、単に見ているだけでは何の気付きも得られません。フォロワー数の増減に一喜一憂する程度でしょう。

Twitterアカウントを、戦略的に、かつアクセスアップに応用するためには、次の3つのポイントが重要です。

1.反応のあった投稿を再投稿する。
2.フォロワーの期待にこたえる。
3.トップアカウントの活動時間を把握する。

これらを考慮するだけで、ソーシャルメディアからのアクセスが増加します。逆に言えば、これらを意識せずに無計画に投稿するだけでは、フォロワー数が増えないかぎりは、効果的な集客がのぞめないと言えます。

それでは、1つづつ具体的に見ていきましょう。

1.反応のあった投稿を再投稿する

Twitterなどソーシャルメディアは投稿時に見られるとは限りません。ユーザーによっては投稿がタイムライン上で他の最新投稿に押し流されてしまい、せっかくの投稿が目につかない可能性があります。

そこで、同じ投稿でも時間を変えて投稿しますと、効果が期待できるのです。

そのさいにも闇雲に投稿するのではなく、人気のある=エンゲージメントの高い投稿を意識的に再投稿してみましょう。

投稿のなかから表示も多く、反応の高いものをさらに再投稿する

たまたま見られていなかっただけで、再投稿によって目にとまればまたクリックされる確率も高いと言えます。

再投稿が後ろめたいと思われる方は、<再投稿>または<定期投稿>などと、その分類を文頭につけると親切です。このような分類があれば、ひと目で読むべき情報なのかを判断でき、受け入れられやすくなるでしょう。

投稿内容に迷った時は、ユーザー目線を優先してください。再投稿を定期業務にした移行から、少なからずアクセスは増えていくはずです。

リアルタイムに反応を見る

再投稿のヒントは、Twitterアナリティクスだけでなくリアルタイムでの動向にも見つけられます。突然人気となったツイートがあれば、それを再投稿しさらに拡散を後押ししましょう。

投稿のリアルタイム監視には、以下の2つのホームページがオススメです。

参考リンク「http://ferret-plus.com」のYahoo!検索(リアルタイム)

Yahoo!リアルタイム検索

参考リンクTwitter Analytics by Topsy.

TOPSY

※Topsyでは競合のツイートも検索できます。競合数者の動きも定期的にチェックしましょう。

リアルタイム監視は、炎上案件にもすぐに対応やフォローができるメリットもあります。

参考リンクソーシャルメディア・炎上対策3つの基本|Ferret [フェレット]

2.フォロワーの期待にこたえる

あなたのフォロワーを理解しましょう。普段はどのような時間帯によく読まれているのか、どんな内容が好まれているのか、傾向をさぐり、投稿内容に反映させます。

反応の高い投稿内容や時間帯などの傾向を探る

インプレッション数やエンゲージメントで並べ替えをして人気投稿をさぐります。

ただ、Twitterではアナリティクスでは、指標の並べ替えができません。ですので、CSVデータをダウンロードし、Excelで並べ替えをします。すると、反応率の高い順や表示数(インプレッション)の多い順などで吟味できます。

たとえば、午前中にたくさん表示されている、ガジェット系の投稿が好まれているようだ、など傾向がわかるはずです。定期的にそれらを考慮した投稿をし吟味すれば、今後の投稿に役立つはずです。

フォロワーの興味分野

Twitterアナリティクス上で、「フォロワー」をクリックします。以下のようにフォロワーの好みがわかります。

フォロワーの嗜好

上図では、フォロワーがWebデザインに興味があることがわかります。ですから、意識的にWebデザインに関する投稿をして、期待に応えましょう。そして、一定期間後エンゲージメント率などを振り返り、効果があれば継続します。

3.トップアカウントの活動時間を把握する

Twitterアナリティクスでは、あなたの投稿に反応して、エンゲージメントに大きく貢献してくれたユーザーがわかります。そのユーザーは、トップアカウントと表示され、とくに意識したい影響力の高いユーザーといえます。

トップアカウントは以下のように調べます。

画面上方のTwitterカードを選び「トップアカウント」をクリックします。ここに表示されたユーザーが、あなたと高いエンゲージメントリンクのクリックやリツイートなどの行動)を示したユーザーです。

つまり、今後もこれらのユーザーに響くような投稿をすることで、再度の拡散を期待できるわけです。

Twitterカードでトップアカウントを知る

トップアカウント動向をチェックする

トップアカウントの活動が活発な時間帯を把握し、そのタイミングで投稿できるよう工夫をしましょう。

フーツイというホームページでは、Twitter投稿の分析を無料でしてくれます。トップページで分析したいTwitterアカウント名を入力するとすぐに分析ができます。

参考リンクwhotwi - グラフィカルTwitter分析
フーツイ

上図のように調べたいトップアカウント名を入力し調べます。すると以下のように、午前9時に比較多く投稿していることがわかります。

フーツイ分析で時間帯もわかる

運用については、その時間の前までにコンテンツを透過したりつぶやいたりして、拡散の確率が高めると良いでしょう。

Twitterに限らず投稿拡散に影響力のあるユーザーを、一般的にはインフルエンサーとよびます。インフルエンサーの嗜好を理解し、それに合わせた投稿やタイミングを工夫することは重要戦術として知られています。彼らの動向を把握することで、より効率的なソーシャル活用が期待できと言われ、多くのソーシャル担当者が注目しています。

Twitterカードの導入方法

トップアカウントは、Twitterカードとよばれる設定をあなたのホームページに組むと、把握可能になります。

また、Twitterカードは、それだけでなく、あなたの投稿がより注目されやすくする効果もあります。URLを含む投稿にサムネイルや概要など、さらに情報が追加されて注目度が上がるためです。ぜひとも導入しましょう。

参考リンクTwitterカード | Twitter Developers

導入はとても簡単です。あなたのホームページに以下のようなタグを追加すればOKです。FacebookのOGP(投稿概要を表示させる機能)に対応していれば流用可能です。

<meta name="twitter:card" content="summary">
<meta name="twitter:site" content="@アカウント名">
<meta name="twitter:url" content="記事URL">
<meta name="twitter:title" content="記事タイトル">
<meta name="twitter:description" content="記事の概要">

まとめ

Twitterアナリティクスと関連ツールを使えば、あなたの投稿の反応や、トップアカウントの動向を把握でき、アクセスアップに役立てることができます。

1.すでに反応がでている投稿を再投稿する。
2.トップアカウントの活動時間を把握し、そこを意識して投稿する。
3.影響力のあるアカウントを意識した投稿内容にする。

これらを気をつけるだけで、確実にリツートや拡散の確率は高まり、アクセスアップに貢献します。がんばりましょう!

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebookページ(フェイスブックページ)に関する事例
Facebookページ(フェイスブックページ)のカリキュラム一覧
広告に頼らずに成果を出せるグロースハックの概要と成功事例記事

****

Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

facebookはリアルとのビジネスにも相性が良いものです。タイムセールや特売情報などもリアルタイムに投稿して、反応を見たいものです。