SEO対策をしていて最も歯痒いことと言えば、「正解がない」ということではないでしょうか。なぜなら、Googleは、公式の情報を公開しないですし、公開したとしても曖昧な情報が多いからです。
以前に比べると、公式での発表は多くなりましたが、それでも内容によっては推測の域を超えないような情報も多いです。

今回は、唯一と言っていいほど少ないGoogleが公式発表した資料や見解をまとめました。

1. Google検索サービス

Google検索サービス

http://www.google.com/intl/ja/insidesearch/

始めに基礎ということで、Googleの提供する検索エンジンについて説明する公式ページです。
どうやってクロールされ、インデックスされるのかといった仕組みがマット・カッツ氏の動画説明も交えて解説されています。
また、アルゴリズムやスパム対策についても紹介されております。スパム対策のページでは、スパムに該当する50例を掲載しているので、不安のある方は参考にするべきでしょう。

2. Google が掲げる 10 の事実

Google が掲げる 10 の事実

https://www.google.co.jp/intl/ja/about/company/philosophy/

Googleの理念ともいえる10箇条が掲載されています。全ての項目に登場する言葉が「ユーザー」です。Googleは、とことんユーザー視点にこだわり抜いていることが理解できます。この10箇条を見て、Google検索結果において何を重視しているかということについて把握しておきましょう。

3. Webマスターアカデミー

Webマスターアカデミー

https://support.google.com/webmasters/answer/6001102?hl=ja&ref_topic=4558721

ホームページ作成後、Google検索エンジンに登録するまでの流れと押さえておくべきポイントについてをカリキュラム方式で学ぶことができます。
全部で3章あり、章の終わりにはクイズもあるので、手軽に検索エンジンについて学べます。
特に、各カリキュラムには、さりげなくGoogleの見解ともとれる説明が記載されているので、理解されている人でも一度は閲覧することをおすすめします。

4. 検索エンジン最適化スターターガイド

検索エンジン最適化スターターガイド

http://goo.gl/OLmujh

こちらの資料はドメイン名の決め方、ホームページ設計、コンテンツなどSEOに最適なポイントを網羅的に説明されています。
元々、Googleの社内資料として使っていたものを一般公開されたという経緯もあるので、ホームページ運営者なら社内共有用として保存しておくべきです。

検索エンジン最適化スターターガイドの見出し

・SEOの基礎
・サイト構造の改善
・コンテンツの最適化
・クローラーへの対処
・モバイルSEO
・プロモーションと分析