LINE@の「リッチメッセージ機能」をご存知でしょうか。LINE@やLINE公式アカウントを運営する際に、リンク付きの画像を配信することができる機能です。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

料金プランは、有料のベーシックプラン(月5400円)・プロプラン(月21600円)の2種類です。

9b04cd3d.png

出典:
リッチメッセージの作成(「ベーシック」「プロ」プランのみ利用可能)| LINE@マニュアル

テキストリンクを送る場合と比べて見栄えが良く、内容も視覚的に伝わるため、LINE@を利用してサイトへ誘導する上で活用したい機能です。

今回はLINE@のリッチメッセージ機能の利用法や活用事例をご紹介します。

LINE@のリッチメッセージ機能とは

リッチメッセージ機能とは、アカウントを追加しているユーザーに対してリンク付きの画像を送ることができる機能のことです。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

トーク画面全体を埋めるほど大きな画像を送信することができるので、強い印象を与えることができます。

IMG_20161101_214112.jpg

上の画像はferretの例ですが、スマホの画面いっぱいにリッチメッセージが広がっていることがわかります。

それではリッチメッセージの作り方を確認していきましょう。