「エイリアス」とは日本語で「別名」「通称」と訳され、「本体とは別のもの」という意味で使われています。Gmailのエイリアスは、所持しているメールアドレスを軸に新しいメールアドレスを複数作成できる機能です。エイリアスを利用すれば、煩雑になりがちなメール管理を簡単に効率化できます。

今回は、Gmailのエイリアス機能の概要と使い方を解説します。
  

エイリアスとは?

「エイリアス(alias)」は、「別名」という意味を持つ単語です。Mac OSでは、ショートカットキー作成機能のことを「エイリアス」と呼んでいます。

Mac OSのエイリアス作成方法

スクリーンショット_2017-01-17_15.48.38.png

アプリやファイルを右クリックして「エイリアスを作成する」を選択します。

エイリアスMac.png

デスクトップ上にショートカット用のアイコンが表示されます。エイリアスのアイコンには左下に矢印のマークが付きます。エイリアスで作ったショートカットアイコンは削除しても元のアプリのデータには影響を与えません。

では、Gmailにおけるエイリアスはどのような機能を備えているのでしょうか。
  

Gmail(ジーメール)のエイリアスとは?

Gmailの「エイリアス」とは、簡単に言えば「複数のメールアドレスを作成できる機能」、厳密に言えば「すでに作成しているgmailアドレスの後ろにカテゴリを追加し、受信メールを分類しやすくする機能」を指します。

例えば、「ferret@gmail.com」というアドレスがあったとします。ユーザー名(@の前の部分)に「+◯◯◯」というように文字列を追加すると、元のアドレスに紐付いた新たなメールアドレスを作成できます。

例:
ferret+ad@gmail.com
ferret+imoprtant@gmail.com
ferret+user@gmail.com

これらは通常のメールアドレスと同じように、メール送受信や各サービスの登録に利用できます。
  

エイリアスのアドレスを使うだけなら設定は不要

では、実際にエイリアスを利用するにはどうすればいいのでしょうか。

Gmailの場合、エイリアスのアドレスを使うだけであれば特に設定は必要ありません。Gmailアドレスの後ろに「+◯◯◯」をつけるだけで通常のメールアドレスと同じように利用できます。

上記の「ferret+imoprtant@gmail.com」や「ferret+user@gmail.com」は特に設定することなくそのまま利用できます。「+」の後ろにつけるのは受信メールを分類するための「カテゴリ名」になるので、自分がわかりやすいカテゴリ名をつけましょう。
  

エイリアスのアドレスに来たメールは元のアドレスでも受信される

エイリアスのアドレスはあくまで「元アドレスにカテゴリを追加したもの」なので、エイリアスで受信したメールアドレスは元のアドレスでも受信されます。

Untitled(3)_(11).png

このままではメールの分類ができないので、エイリアスに合わせた「ラベル」と「フィルタ」を設定しましょう。