Gmailに「エイリアス」という機能があるのをご存知でしょうか?

Macをお使いの方であれば、「エイリアス」と聞くとMacのショートカット機能をイメージするかもしれません。
「エイリアス」とは日本語で「別名」「通称」と訳され、「本体とは別のもの」という意味で使われます。

Gmailのエイリアスは、所持しているメールアドレスを軸に新しいメールアドレスを複数作成できる機能です。

エイリアスを利用すれば、煩雑になりがちなメール管理を簡単に効率化できます。

今回は、Gmailのエイリアス機能の概要と使い方を解説します。
  

エイリアスとは?

「エイリアス(alias)」は、「別名」という意味を持つ単語です。
Mac OSではショートカットキー作成機能は「エイリアス」と呼ばれています。

スクリーンショット_2017-01-17_15.48.38.png

アプリやファイルを右クリックして「エイリアスを作成する」を選択します。

エイリアスMac.png

デスクトップ上にショートカット用のアイコンが表示されます。エイリアスのアイコンには左下に矢印のマークが付きます。

エイリアスで作ったショートカットアイコンは削除しても元のアプリのデータには影響を与えません。

では、Gmailにおけるエイリアスはどのような機能を備えているのでしょうか。
  

Gmailのエイリアスとは?

Gmailの「エイリアス」とは、簡単に言えば「複数のメールアドレスを作成できる機能」、厳密に言えば「すでに作成しているgmailアドレスの後ろにカテゴリを追加し、受信メールを分類しやすくする機能」を指します。

例えば、「ferret@gmail.com」というアドレスがあったとします。
ユーザー名(@の前の部分)に「+◯◯◯」というように文字列を追加すると、元のアドレスに紐付いた新たなメールアドレスを作成できます。

例:
ferret+ad@gmail.com
ferret+imoprtant@gmail.com
ferret+user@gmail.com

これらは通常のメールアドレスと同じようにメール送受信や各サービスの登録に利用できます。
  

エイリアスのアドレスを使うだけなら設定は不要

では、実際にエイリアスを利用するにはどうすればいいのでしょうか。
Gmailの場合、エイリアスのアドレスを使うだけであれば特に設定は必要ありません。
Gmailアドレスの後ろに「+◯◯◯」をつけるだけで通常のメールアドレスと同じように利用できます。

ですので、上記の「ferret+imoprtant@gmail.com」や「ferret+user@gmail.com」は特に設定することなくそのまま利用できます。
「+」の後ろにつけるのは受信メールを分類するための「カテゴリ名」になるので、自分がわかりやすいカテゴリ名をつけましょう。
  

エイリアスのアドレスに来たメールは元のアドレスでも受信される

エイリアスのアドレスはあくまで「元アドレスにカテゴリを追加した」ものなので、エイリアスで受信したメールアドレスは元のアドレスでも受信されます。

Untitled(3)_(11).png

このままではメールの分類ができないので、エイリアスに合わせた「ラベル」と「フィルタ」を設定しましょう。
  

Gmailでフィルタとラベルを設定する方法

Gmailのフィルタとラベルの機能を活用すれば、エイリアスに届くメールと元アドレス届くメールを自動的に振りわけることができます。
  

ラベルの設定方法

エイリ1.png

1.Gmail画面の右上にある歯車のマークをクリックし、「設定」を選択します。

ラベル設定1.png

2.上部メニューの「ラベル」をクリックし、「新しいラベルを作成」をクリックします。

ラベル設定2.png

3.エイリアスのアドレスに対応したラベル名を設定して「作成」をクリックすれば完了です。
  

フィルタの設定方法

フィルタ1.png

1.ラベルと同様設定メニューを開き、「フィルタとブロック中のアドレス」に入り「新しいフィルタを作成」をクリックします。

フィルタ2.png

2.「From」の項目にエイリアスのアドレスを入力しましょう。その他に付与したい条件があれば入力し、下部の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

フィルタ3.png

3.先ほど作成したラベルを付与します。

ラベル表示位置.png

4.作成したラベルは左メニューに表示されます。

ラベルに設定されているフィルタの条件に合ったメールが受信された場合、「受信トレイ」と同じようにラベル名の横に新着の通知が入ります。

より振りわけを厳密にしたい場合は、元アドレスのラベルを作成し、フィルタでエイリアスアドレスを含まないように設定すると良いでしょう。
  

OutlookやYahoo!など、他のメーラーにも類似機能あり

Gmailだけでなく、OutlookやYahoo!、iCloudメールでもエイリアスアドレスを作成できます。
メーラーによってエイリアス用のアドレスを設定しなければいけないものもあるので、各メーラーごとに設定方法を確認しましょう。
  

通常のフィルターとの違いは?

単純にメールの振りわけだけを行いたいのであれば、通常のフィルター設定で十分です。

エイリアスアドレスを設定するのは、「メールアドレスを別で持ちたい場合」です。
例えば、キャンペーンや採用など、重要な問い合わせが来る可能性が高いページを設けるとします。
その際に問い合わせ専用アドレスとしてエイリアスを設置すれば、お問い合わせメールを確認しやすくなります。

また、どうしても見逃したくないメルマガの場合は、エイリアスのアドレスで登録してしまうのが便利でしょう。
  

まとめ

毎日大量に届くメールの管理方法について、試行錯誤されている方は少なくないのではないでしょうか。
クライアントからのメールやメルマガの量が多過ぎて見逃したり、受信数が多過ぎて見る気を無くしたりするのはよくあることでしょう。

エイリアスやフィルター機能を駆使して少しでもメールの負担を軽くできるよう工夫してみましょう。
  

この記事を読んだ方へおすすめ

メールが溜まってるなら必見!GmailをTrello風に変える便利なChrome拡張機能「Drag」とは

メールが溜まってるなら必見!GmailをTrello風に変える便利なChrome拡張機能「Drag」とは

GmailをTrello風に変える便利なChrome拡張機能「Drag」をご紹介します。毎日見切れないほどの数が届くメールを上手に処理して、別の大切なことに時間を回していきましょう。

新社会人のさらなる飛躍のために!タスク・スケジュール管理ツール・アプリ23選

新社会人のさらなる飛躍のために!タスク・スケジュール管理ツール・アプリ23選

今回は、新人だけではなく、「もっと業務効率をアップさせたい!」という社会人の方全てを対象に、タスク・スケジュール管理ツール・アプリ22選をご紹介します。 手帳やノートでも管理はできますが、抜けや漏れ無くやるべきことを管理するためにも専用ツールをぜひ活用してみてください。