ビジネスでは、商品の企画やマーケティングの施策などアイデア出しを行う機会が多くあります。アイデア出しを効率よく行う手法の中でも、「ブレインストーミング(以下、ブレスト)」は文部科学省のイベントでも取り入れられるほど一般に普及している手法です。

ブレストとは参加者それぞれ付箋にアイデアを出し合う手法であり、付箋やホワイトボードの用意などの環境づくりが欠かせません。

今回は、ブレストに便利な10種類の文房具をご紹介します。
現在、ブレストを行っている人も、行っていない人も、より良いアイデアを生むための参考にしてみましょう。

参考:
夢ビジョン2020オープンセッション 霞が関で私の未来をブレストする!
(2020年8月5日時点でページが存在しないためリンクを削除しました)
  

ブレインストーミング(ブレスト)とは

ブレストとは、グループで自由にアイデアを出し合うことで互いの思考を刺激し、アイデアに深みをもたせていくフレームワークです。

ブレストの一般的な流れは以下のとおりです。

 (1) アイデアを付箋に書き込む
 (2) 付箋に書き込んだアイデアを模造紙やホワイトボードのような大きい画面に貼りだす
 (3) 関連するアイデアをまとめながら、画面にカテゴリなどの情報を書き込んでいく

このように、ブレストを行う際には付箋を利用して画面に張り出していく作業が発生します。「何度も貼り直していたら付箋の粘着力が弱くなって取れてしまった」「張り出す画面がなくなった」のような、些細なトラブルは防ぎたいところでしょう。

これからブレストに利用しやすい文房具を「付箋」「ボード・模造紙」という2つのカテゴリにわけてご紹介します。
ちょっとしたトラブルで会議の空気が壊れてアイデアが生まれなくなってしまわないよう、環境づくりも意識しましょう。

参考記事:
使わないなんてもったいない!アイディア出しから思考の整理まで!最強フレームワーク8選|ferret
  

1. 付箋

1-1. ポスト・イット® 強粘着ノート

【3Mオンラインストア】ポスト・イット_R__強粘着製品_スタンダードシリーズ_ノート654_混色5個パック_654_5SSAN__販売単位:1個___オフィス文房具・事務用品.png
http://www.3monlinestore.jp/shop/g/gJT150075458/

何度も貼って剥がせるポストイット®を展開している3Mでは、より粘着力を増した強粘着製品を展開しています。
書き出したアイデアを見ながら、話し合いの最中に貼り直すことの多いブレストの強い味方と言えるでしょう。
  

1-2. ポスト・イット® 強粘着ノートアイデアパック

3M|ミーティングソリューション™_製品_アイディアパック|ポスト・イット®_製品|文具・オフィス用製品|製品とサービス.png
http://www.mmm.co.jp/office/post_it/list48/index.html

ブレスト向けにセットされた強粘着ポストイット®のパッケージです。
箱から取り出してすぐにメンバーに配れるよう色ごとに小わけされているだけではなく、ブレストに進め方やルールを記載したガイドブックも付いてきます。

ブレストを初めて行う時に使うといいでしょう。
  

1-3. 大判ミーティング付箋

ブレスト・アイデア出しに役立つ大判ミーティングふせん|プレスリリース|コクヨ.png
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2016/08/1858.html

15cm×20.3cmの大判サイズの付箋です。
通常の付箋(ポストイット®正方形の場合75mm×75mm)よりも大きいので、見やすい大きな文字で書き込めます。