日々忙しいビジネスパーソンにとって、やらなければならないタスクの管理は必須です。
特に、外出することの多い営業マンにとってはパソコンを開くことなく、移動中や屋外でも使えるツールが欲しいところでしょう。

手帳やメモ帳などのアナログなツールだけでなく、現在ではスマートフォンのアプリとして数多くのツールが無料で配信されています。
しかし、理由もなしにインストールしてしまうと「いざ使ってみたら思った通りの使い方ができない」ということも多いかもしれません。

今回は、タスク管理アプリを選ぶ基本的なポイントと9種類のタスク管理アプリをご紹介します。自分の求める条件はどのようなものなのかを考えながら、ベストなツールを選んでいきましょう。

タスク管理アプリ9選

仕事や普段の生活の中で、やらなければいけないタスクが数多くあります。
そのようなタスクを忘れずにこなしていくためには、管理ツールを利用するのが便利です。
特に外出が多く、パソコンよりもスマートフォンを利用することが多い人は、無料で配信されているアプリを活用してみましょう。

自分がタスクをどのように管理したいのかをはっきりと決め、それに合わせた機能を持っているものを選ぶのがアプリ選びのポイントです。

・自分1人だけで利用するのか、チームで共有してタスク管理をするのか
 ・他のアプリとの連携(Googleカレンダー、メール、evernoteなど)が必要か
 ・パソコンやスマートフォンなど、複数のデバイスで使うことがあるか
 ・タスク名や期限などの入力項目に、自分の求める項目が揃っているか
 ・手書き入力や音声入力などの入力形式は自分にとって使いやすいものか

上記のような条件を確認しながら、自分にとって使いやすいアプリを見つけていきましょう。

1.ToDoist

iPhoneの無料To_doリスト&タスク管理アプリ__Todoist.png
https://ja.todoist.com/iphone

OutlookやGmailといったメールアプリとも連携し、AppleWatchやSafariなど15のプラットフォームで利用できる汎用性の高いアプリです。

そのため、パソコンやスマートフォン、タブレットといった複数の端末で利用する人にとって重宝するでしょう。

タスクを階層に分けて管理できるので、例えば「買い物」のような大きなタスクの中に「食料品の購入」や「タンスを買いに行く」のような小さなタスクをまとめることができます。

2.Wunderlist

Wunderlist___To_do_リスト、リマインダー、タスク管理___App_of_the_Year_.png
https://www.wunderlist.com/ja/

チェックリスト形式のシンプルな操作画面が特徴的なタスク管理アプリです。

リストは他のユーザーとも共有できるので、同じプロジェクトを進めている同僚と一緒に同じタスクを遂行していくことができます。

プッシュ通知やメールでの通知ができ、予定を忘れるミスを軽減してくれます。

3.gTasks

GTasks__Todo_List___Task_List___Google_Play_の_Android_アプリ.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.dayup.gtask&hl=ja

gTaskはGoogleカレンダーやGmailに書き込んだタスクと連動して操作できることが特徴のアプリです。
使用は無料ですが、アップグレード版は有料で提供されています。

普段からGmailのタスク機能を利用していて、スマートフォンでも管理しやすいアプリが欲しいという人にとって重宝するでしょう。

4.DropTask

DropTask___Visual_Task_Management___A_simple_and_fluid_way_to_get_things_done.png
https://www.droptask.com/

チェックリスト形式だけでなく、タスクをバブル状に表示されるのが特徴のアプリです。
基本使用は無料ですが、チームメンバー同士でタスクの管理を行えるビジネス版は有料です。
使用する人数によって料金が異なり、ユーザー数が多いほど1人あたりの単価が安くなる料金設定です。

通常の会員登録の他に、FacebookアカウントまたはGoogleアカウントを利用しての登録も可能です。

参考:
[タスクを視覚的に管理できるiOS向けタスクアプリ「DropTask」]
(https://japan.cnet.com/article/35044012/)

5.T-ToDo

手書きチェックリストT_ToDo___買い物リスト、タスク管理アプリを_App_Store_で.png
https://itunes.apple.com/jp/app/shou-shukichekkurisutot-todo/id694543348?mt=8

タスク管理アプリの中でも珍しい手書きタイプの入力が特徴のアプリです。
チェックリスト形式での確認が可能で、期限や場所といった細かい入力項目はありません。

シンプルなメモとして使いたい人に向いています。

6.Any.do

Best_To_do_list___Task_Manager._Free__Online___Mobile___Any.do.png
http://www.any.do/

anydoではカレンダーに対応させたタスク管理が可能です。
メッセージ機能を使って複数のユーザーと連絡を取り合いながらタスクを共有できるので、コミュニケーションツールとしても利用できるでしょう。

iPhoneをシェイクすることで完了したタスクを削除する機能や音声でのタスク入力など、感覚的な操作方法も特徴的です。

7.Captio

Captio___ワンタッチで自分にお知らせメールを送ろうを_App_Store_で.png
https://itunes.apple.com/jp/app/captio-wantatchide-zi-fennio/id370899391?mt=8

メモ書きを自分のメールアドレスに送る形でタスク管理を行うアプリです。
メールシステムでCaptioから来たメールはタスクとして振り分けることで、メールを確認しながらタスクも確認できるでしょう。

日常生活の中でとっさに仕事のアイディアを書き込んで送信し、仕事中のメールチェックの時間に見返すという利用方法もあります。

8.明日から本気出す

明日から本気だす__やるべきタスクをゆるーく管理__を_App_Store_で.png
https://itunes.apple.com/jp/app/ming-rikara-ben-qidasu-yarubekitasukuwoyuruku/id946785860?mt=8

終えられなかったタスクも管理できるという特徴的なアプリです。
「終わった」「今日こそやる」「明日から本気出す」「いつかやる」というシンプルなスケジュールで管理します。

「今日こそやる」で完了できなかったタスクは「明日から本気出す」「いつかやる」のどちらかに先延ばしが可能なので、終えられなかったタスクを忘れがちな人にとって便利でしょう。

9.Dreamscope

Dreamscope___夢をかなえるタスク管理アプリ.png
http://jp.dreamscope.me/

目標達成のためのタスクを管理するというコンセプトで、最終的にたどり着きたい姿から遡って終えるべきタスクを抜き出して設定します。

所要時間がグラフ化されるので、自分の行動を改善するのに役にたつでしょう。

現在は無料ですべての機能が利用できますが、今後有料のプランが公表されます。
プロジェクトや個人のキャリアなど、なにか大きなことを成し遂げたい人は利用してみるといいかもしれません。

参考:
[これでタスク管理は安心、ToDoリストアプリ6選(iPhone/Android)]
(http://appllio.com/todo-apps-matome)
[人気IT企業のタスク管理アプリは?11社に調査してみた]
(https://digitalfan.jp/119842)

まとめ

タスク管理ツールを選ぶ際には、自分の求める条件を明らかにすることが大切です。

GoogleカレンダーやEvernoteのような他のアプリとの連携を求めているのか、チームで共有するのかなど、行いたい管理の形に合わせた最適なツールを選ぶようにしましょう。
スマートフォンのアプリでのタスク管理は手元ですぐに確認できるだけでなく、プッシュ通知を利用できるものもあるのでタスクを思い出しやすくなります。

今回ご紹介した他にも、数多くのタスク管理アプリが配信されています。
ぜひ自分の行いたい管理をこなせるツールを見つけていきましょう。