TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは、いまや親しい人やコミュニティ間のコミュニケーションツールにとどまりません。SNSの特性である「共感性」と「拡散力」に着目し、多くの企業がビジネスツールとしてSNSをマーケティングに取り入れています。

マーケティングでのSNSの利用は、さまざまな方法がありますが、中でも「写真共有」を活かした戦略が、20~40代の世代をターゲットとした販売促進では多く用いられています。

しかし写真共有と拡散は、あくまで発信者の能動的な行動であり、流動的です。それゆえ、マーケターにとってはSNS発信者の行動予測と将来の動向を掴み、確実に成果を得られる道筋を立てることが重要です。

この記事では、写真の共有と拡散行動が活発な20~40代の実態調査の結果と、今後の展望について詳しく解説します。20~40代の写真共有の心理と行動傾向を把握し、ビジネス戦略に役立てましょう。

目次

  1. SNSにおける写真共有・拡散の実態
  2. 各SNSでの写真共有・拡散の特徴
  3. 映え消費者の行動と現状
  4. SNSキャンペーンへの参加者意識
  5. 写真共有・拡散手法ではSNS別に綿密な戦略を

今回紹介する内容の一部は、PDF資料「20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査」から抜粋しています。

▼20〜40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査の結果はこちら

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

媒体別の特徴&映え消費・SNSキャンペーンのイマとは?20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査結果をご紹介致します。

SNSにおける写真共有・拡散の実態

image3.png

引用:総務省「令和3年版  インターネットの利用状況」

上図を見てみると、20代の9割、次いで10代、30代、40代までの実に8割を超えた人々がSNSを利用しているのが分かります。20~40代は学生や社会人、子育て世代などで周囲とのコミュニティを形成しやすく、発信力も強い世代です。

自分が好きなこと、興味を持つものへの行動も活発に行うため、気に入った写真を共有し、共感を得た場合に周囲に拡散する二次的行動も連鎖して行う傾向があります。

共有・拡散される写真のトップ3とは?

SNS上で共有される写真は幅広く、趣味のものから購入したもの、訪れた土地などカテゴリーは多種多様ですが、株式会社ヴァリューズが行った調査によると、中でも外食時の料理家族・子ども旅行先の風景がトップ3となっています。

近年の傾向としては、日常の風景写真も投稿数が増加しているそうです。また、購入・テイクアウトの食事やスイーツの写真も増えています。遠出や外出、出勤の制約がある中、家で過ごす時間が多くなり、身の回りに起きたこと、新たな発見などローカルな写真が多くなっているようです。

各SNSでの写真共有・拡散の特徴

image4.png

写真共有と拡散は、主にTwitterやFacebook、Instagramなどで行われています。各SNSでの写真共有・拡散の特徴と実態を紹介します。

Twitterでの写真共有・拡散の実態

3つのSNSの中では、Twitterでの写真共有利用者は全体の38%となっています。Twitterでは、男性の写真共有度が高いのが特徴です。男性が42.2%、女性は34.7%で写真の共有を行っています。

また、写真共有の頻度については、毎月1回以上共有するという利用者は7割弱、毎日行うとはいえないが週に1回以上共有するという利用者は22.9%となっており、共有する利用者の頻度は決して少なくないといえます。

また、「面白く」「くだらない」ようなイメージの写真を共有する傾向があります。

Twitter共有者のインサイト

Twitter利用者の興味・関心事で多いのはインドアアクティビティで、アニメやゲーム、マンガなどに集まっています。写真投稿も、他人の意見や評価は気にせず、自分の好きなものを発信したいという心証がみてとれます。

テレビや動画、日常などのシーンでおかしく感じた瞬間に、「面白いものを共有して、共感を得たい」という心理が伺えます。

Facrbookでの写真共有・拡散の実態

Facebookでの写真共有利用者は全体の24%となっています。Facebookでは、40代の男性の利用者が多く、写真の共有度は低くなっています。男性が29.1%、女性は18.9%です。

また、写真共有の頻度については、毎月1回以上共有するという利用者は約4割ですが、毎日行うとはいえないが週に1回以上共有するという利用者の割合は9.9%となっています。

写真の共有は1年に1回以下のみという割合は3割という結果で、共有する利用者の頻度は多いとはといえない状況です。

Facebookはミドル世代に強いという特徴があります。頻繁には写真の共有はしないが、旅行やライフイベントなど特別感のある場合に写真を投稿するという傾向が伺えます。

Facebook共有者のインサイト

Facebook利用者の興味・関心事で多いのは、旅行や食に関することです。自分の好きなもの、等身大の自分自身を発信したいという気持ちが強い傾向です。

発信力は決して強いとはいえませんが、個性を出したい、アピールしたものを見てもらいたいという思いがあることが伺えます。

なお、写真共有・拡散力で最も強いSNSは、Instagramです。写真を共有したことがある利用者は39.9%、特に女性の利用者が多く20代の女性は6割に上っています。

Instagramの写真共有・拡散の実態については、以下のPDF資料よりご確認ください。
▼Instagramの写真共有・拡散の実態はこちら

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

媒体別の特徴&映え消費・SNSキャンペーンのイマとは?20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査結果をご紹介致します。

映え消費者の行動と現状

image1.png

SNSの写真共有・拡散の広まりとともに流行語にもなった「映え」。この「映え」写真に反応した消費者の行動と、現状について分析します。

映え写真は消費行動に結び付いているのか

映え写真は、名の通り見栄えがよく特に女性にキャッチされやすい写真という傾向があります。個人的なセンスやテイストはそれぞれ違いはあるにしても、美的意識の共有や仲間意識の強い若い世代には、映え写真の共有化はかなり進んでいるとみてよいでしょう。

実際、映え写真に共感し、興味を持ち消費行動に移ったユーザーは、20~40代では7人に1人です。特に20代女性は、19.1%の人が消費行動に至っています。

映え消費の対象は、旅行や特別な日のお出かけが半数近く、飲食店やカフェ、外食メニュー、インテリア・雑貨など多岐にわたります。

映え消費者の普段の行動とは

映え消費経験者の特徴として、ブラウザでのネット行動は少ないが、SNSに多くの時間を費やしている傾向があり、ヘビーユーザーの存在も見られます。

また、全体的に支出額は大きく、食や旅行などにお金をかける傾向があるようです。

映え消費者の普段の意識とは

映え消費者は、グルメやレストランなど、自分が知らない、あるいは行ったことがないことに対しての興味が強く、また、興味の対象が幅広い傾向があります。

情報収集や発信を積極的に行い、どんどん外に出て体験を積み、楽しい経験を重ねていきたいという、前向きな考えをする人が多いことが伺えます。

映え消費者はどういう写真を撮る?

写真の撮影方法や撮影機器、撮影後の加工にも興味があり、こだわりを持って処理を行う傾向があります。

スマホでの撮影だけでなく、もっと本格的に良い写真を撮るためにデジカメや一眼レフカメラでの撮影をする人も少なくありません。

撮影後の加工も、複数の専門加工アプリを利用するなど、写真の仕上がりに注力する人が多いようです。

映え消費者が共有したい写真とは

映え消費者は、トレンド意識や発信欲が高く、自分自身も新しい情報を得て、魅力的で個性的な写真を撮影し、共有したいという気持ちを強く持っているようです。

また、魅力的な写真を共有することで、自分自身を楽しそうに、より魅力的に見せたいという意識もあることが伺えます。

映え消費者が共有する写真とメディアは

彩度や明暗を加工処理した、より魅力のある写真を共有したいと考える映え消費者が多いようです。これは、映え写真を共有するからには、より良い写真を掲載し、認めてもらいたいという気持ちの表れといえます。

また、このような映え消費者は、Instagram利用者に多くTwitter利用者には少ないという点も重要なポイントです。

SNSキャンペーンへの参加者意識

SNSマーケティングを運用する上で欠かせない手法のひとつに、SNSキャンペーンがあります。

SNSキャンペーンとは、企業がSNS上で実施するユーザー参加型の宣伝活動です。企業アカウントへのフォローや画像の投稿、リツィートなど、ユーザーに何らかのアクションをさせることを目的としています。

具体的なキャンペーンの例としては、公式アカウントのフォローをしたユーザーに商品サンプルが当たる、特定の条件の写真にハッシュタグをつけて投稿すると抽選で新商品が当たる、というような内容です。

image2.png

SNSキャンペーンの参加者の割合は、SNS共有者の2~3割が実情です。SNSキャンペーンへ参加するための条件が、ユーザーからすると自由度がない、ハードルが高いと感じられている可能性があるといえるでしょう。

年代別の意識傾向

SNSキャンペーンへの参加は、各年代によって意識が違います。20代女性の場合は「自分の好きな写真」、20代男性は「投稿内容があらかじめ決められている」場合に、参加しやすいと感じている傾向があります。

また、30代女性はコメントの書き込みに抵抗がありませんが、20~30代女性に共通して、公式アカウントへのフォローに抵抗感があるようです。

40代の場合は条件による参加・不参加の意思はなく、そもそも参加する・しないという行動が明確に分かれている傾向があります。

意識で違うSNSキャンペーン参加

トレンドや新しい情報に敏感なユーザーキャンペーンの宣伝画像などを投稿してくれやすく、自分の世界観を表現したいユーザーは自分の好きな写真の投稿を絡めたキャンペーンに積極的に参加する傾向があるなど、写真の共有への意識においても参加意向の高まりやすさが異なります。

SNSキャンペーンに参加してもらうためには

SNSキャンペーンは、多くの潜在ユーザーの取り込みを期待できます。しかし、公式アカウントへのフォローを促すキャンペーンを嫌うユーザーも少なくありません。

そのため、キャンペーンの参加条件をできるだけ低くし、宣伝感を薄くするなど、できるだけ自由度のあるキャンペーンにすると、多くのユーザーの参加が期待できるでしょう。

SNSキャンペーンは、キャンペーンごとに目的が異なるため、ターゲットも目的によって想定されるモデルが変わります。

想定モデルのバックグラウンド(年齢、性別、関心事、写真共有行動の有無など)を明確にし、キャンペーンの内容を決定することが有効です。

写真共有・拡散手法ではSNS別に綿密な戦略を

SNSを使ってマーケティングに取り組む場合は、各SNSごとにユーザー層が違うため、自社の商材がどのメディアで強みを持てるのか、また、どういった層をターゲットにするのかを考えた上で取り組むことが大切です。

SNSキャンペーンを展開する場合は、ユーザーがより参加しやすい条件に寄せたキャンペーンを企画すると、参加率アップに繋がるでしょう。

SNSでひとくくりにするのではなく、それぞれのSNS別に綿密な戦略を立てることが望まれます。

▼20〜40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査の結果はこちら

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査

媒体別の特徴&映え消費・SNSキャンペーンのイマとは?20-40代のSNSにおける写真共有・拡散に関する調査結果をご紹介致します。