「Webメディア」と捉えられる媒体は、実にさまざまな捉えられ方があります。

社会や政治にフォーカスしたメディア、ビジネスやキャリアにフォーカスしたメディア、テクノロジーにフォーカスしたメディア、はたまたエリアに限定して情報を提供するメディアなど、その種類は多岐に渡ります。

しかし、こうしたメディアにおいて、「編集長」という役割を意識したことがあるでしょうか?

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

メディアのアイデンティティを形成する上で、「編集長」が担う役割は年々重要度が高まってきています。今回はWebメディアで「編集長」を務めている方のSNSアカウントをまとめてみました。

「編集長」と呼ばれる方々が、いかにしてWebでの情報収集を行われているのか、どのように情報発信をしているのかを確認してみましょう。

※各メディアの編集長は、2017年3月24日時点の情報となります。

情報収集のプロのノウハウを知るには?

Webメディアを見る理由として、「情報を知りたい!」という欲望を満たすという考え方があります。その際に、媒体の編集長であれば、そういったノウハウに優れた方が数多く存在します。

また、Webメディアの場合はSNSを用いた情報発信を意識して、編集長自らが積極的に露出しているケースも多々あります。

今回はWebメディアの編集長を務めながら、SNSを活用なさっている方をご紹介します。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

Facebookの場合

Facebookの場合は、「フォロー機能」を活用することをお勧めいたします。一度も面識がないにも関わらず、「友だちになる」からリクエストを送ることは、マナーとしては好ましくありません

しかし、多くの編集長の場合、Facebookの投稿設定を公開範囲に設定していることから、不特定多数に対して情報を発信している場合もあります。

そのような場合、「フォローする」をタップまたはクリックすることで自らのタイムラインに対象者の投稿を表示させることができます。

Twitterの場合

Twitterの場合は、フォロー/フォロワー機能を活用することもさながら、リスト機能などを用いて対象者をリスト分けしてツイートをチェックすることが可能です。

また、対象者の「いいね」の項目や、対象者がフォローしているアカウント、対象者が追加されているリストを確認することも可能です。
対象者が非公開リストで作成している場合は閲覧できませんが、もし追加されたリスト自体が公開設定であれば閲覧可能のためリスト欄からチェックしてみるのも良いでしょう。