メルマガ開封率をあげるためには、まず目に入るタイトルを工夫することが重要です。

本記事では、メルマガを利用した目標とするホームページぺ誘導するために、タイトルを工夫した事例を紹介します。

【事例対象】
事例ホームページ:FerretPLUS
なんのホームページか:Webマーケティングを支援する総合ポータル

参考リンクhttp://ferret-plus.com/

改善結果

【施策前】メルマガ開封率 0.7%
【施策前】メルマガ開封率 1.4%
【ポイント】メルマガタイトルの文章を、あおり気味な文言に変更。

メルマガタイトル事例

STEP1 課題~メルマガ内リンクのクリック率が低い!

私たちが毎週配信していますメルマガでは、サービスのお知らせや使い方、新製品情報など、広くフォローするための雑誌風の内容でした。

しかし、新サービスに登録してほしい!ダウンロードしてほしい!といった、具体的なアクションを期待するときには、効果は限定的でした。

メルマガ配信の改善前の状況

・メルマガ内リンクのクリック数 918
・クリック率 0.7%
・最終的な申込数 26件

それなりに時間をかけた内容ですので、せめてクリック率(メルマガからホームページへの来てもらう割合)1%を越えてほしいと、常日頃思っていました。

STEP2 改善~タイトルを工夫してクリック率を検証

とはいえ、メルマガの配信回数やリストの整備など、手間がかかる方法は今後やり続けるのかというと微妙なところです。ですから、なるべくコストをかけず効果のあるアプローチを探していました。

そこで注目したのがタイトルです。これであれば、文字を変えるだけですぐに検証ができます。

タイトルの最初の文字しか読んでない?

なぜクリック率が低いのかを考えてみました。実際に私自身も多くのメルマガを受信していますが、読むかどうかを決めるのはタイトルです。ですが、そのタイトルも膨大な数になりますので、パッと見の印象でほぼ決めています。

つまり、クリックしないユーザーは、パッと見の印象で決めているのでは?という仮説を立てました。

改善前タイトル)BtoBサイトご担当者様必見!お問い合わせを3倍にするための意外な盲点とは?

最初の3文字がBtoBという、あまり目にしない言葉です。これは印象が弱いと思いました。また、知っている人にしか刺さらないと思いました。

検証タイトル)【無料公開!】ウェブからのお問い合わせを3倍にする効果絶大の秘策!

3倍にする、というアピールする点は同じなのですが、最初の数文字に記号を入れ、目立たせるようにしました。そして、文言も無料と、誰しもが刺さる言葉に変えてみました。これで、仮説が正しければ、目に留まりクリック率が向上するはずです。

やはり最初の数文字は重要だった

結果は、仮説通りでした。最終的な申込数に関しては、なんと約2倍にまで向上させることができました。

メルマガ配信の改善前の状況

メルマガリンクのクリック数 1995 +117%
・クリック率 1.4% +100%
・最終的な申込数 77件 +196%

このことからも、まずはタイトルで興味をひきクリックしてもらうことが、いかに重要かということが分かりました。

STEP3 考察~不必要にターゲットを絞りこまない

以上のことから、メルマガタイトルでは以下のことが重要と言えるでしょう。

・メルマガはタイトルが一番最初に目をひくポイント。
・タイトルで読むか読まないかが判断される。
・タイトルも最初の数文字が勝負。
・「これあおり過ぎじゃないか?」ってくらいがいいかも。あとは内容次第。

件名に「無料」というワードを入れることで見られる確率は高くなると思います。人は無料という言葉に弱いものです。また、不必要に「ターゲットを狭める」ことも良くないと思います。ターゲットを決めることは重要ですが、絞りすぎるのは可能性を狭めることとも言えるからです。

伝えたいことを「シンプル」で「スリム」に文章を書くことが大切です。その上で、メルマガ本文もコンパクトに読めるボリュームが重要です。目安としては以下を参考にしてください。

・本文文字数:900文字前後
・行数:40行~45行
・目的とするホームページへの誘導リンク:2個程度

なお、これらを行っても効果が現れなかった場合は、最終的な入力フォームや、その目的とするホームページのほうに問題があるかもしれません。その際は、ホームページをコンパクトにする、入力フォームをシンプルにする、入力しやすくする、など工夫をすると良いでしょう。

とはいえ、メルマガタイトル調整は文字変更だけでできる、コストのかからない改善ですので、オススメです。