弊社(株式会社ラクス)では定期的にお客様向けにセミナーを開催しているのですが、中でも1番人気が高いのが HTMLメールを使った効果測定セミナー です。

「うちは法人相手の商売だからHTMLメールは使わないな」

BtoB企業の方と話をする際、上記のひと言をよく耳にします。確かに、数年前まではそのような風潮がありましたが、今ではHTMLメールは、BtoCBtoB問わず、多くの企業に活用されています。

今回の記事では、意外とBtoB企業の方に認識されていない「HTMLメール」の基礎知識とメリット・デメリットについてご紹介します。また、近年、HTMLメールがBtoB企業でも多く活用されるようになった理由についてもお話します。

メールマーケティング、特にHTMLメールに対する新たな気付きがあるはずです。企業のWeb担当者、メール配信に関わる業務に就かれている方、ぜひ一読ください。

参考:
今さら聞けないHTMLメールの基本と見るべき指標とは【テンプレートあり】|ferret
  

HTMLメールとは?

まずは、HTMLメールの基礎知識についてお話していきます。

HTMLメールとは、Webサイト(ホームページ)を作る時に使用するプログラム言語 “HTML” を使って作成したメールのことです。

HTMLタグを使用してメールを作成することで、文中の文字を太くしたり色を付けたり、画像や写真を入れたりすることが自由にできるようになります。

下記にHTMLの特徴を簡単にまとめましたので参照ください。

目的 HTMLタグで表すと 結果
太字にする < b > 太字にしたい文字 < /b > 太字にしたい文字
文字に色を付ける < font color=”red” > 赤 < /font >
文字にリンクを貼る < a href=”リンクさせたURL” > こちら < /a > こちら

※上記表内の「こちら」にはテストのためferretトップに遷移するように設定

  
HTMLメールの例
htmlメール_1a.png
  

HTMLメールとテキストメールの違い

続いて、HTMLメールとテキストメールの違いについてご紹介します。ちなみに、注目すべきポイントは「表現力の違い」です。

文字と記号のみしか利用できないテキストメールと違い、フォントの装飾や画像が使えるHTMLメールは、読み手に対して、より具体的で多くの情報を視覚に訴えかけることが可能です。

例えば、以下のように同じ内容のメールでも、テキストメールとHTMLメールとでは読み手に与えられる印象は大きく異なります。下記は同じ内容の文章をテキストメールとHTMLメールで作成したものです。

テキストメール
htmlメール_3a.png

HTMLメール
htmlメール_2a.png

このように実物の写真が掲載されているHTMLメールの方が、より具体的な情報を読み手に与えることができるため、最終的な成果につながる可能性も高まります。

参考:
メルマガを配信する前にこれだけは知っておこう!テキストメールとHTMLメールの違いを解説|ferret