メールマガジンの配信形式には、テキストメールとHTMLメールの2種類存在します。
それぞれにメリットとデメリットがあり、メールマガジンの配信目的によって適するものは異なるため、どちらを使用するか判断に迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は、テキストメールとHTMLメールのそれぞれの特徴や無料で使用できるテンプレートなどをご紹介します。
これからメルマガ配信を開始しようと考えている方は是非チェックしてみましょう。

テキストメールとは

テキストメールとは、その名の通りテキスト形式のメールのことを指し、文字コードのみで構成されているものです。
画像などの装飾を使用せず、シンプルで容量も小さく済みます。

メリットとデメリット

デザインやコードなどに関する専門的な知識がなくても作成できるので、Web初心者でも取り掛かりやすいというメリットがあります。
また、リッチコンテンツを利用しないため、送り先のユーザーの閲覧環境に影響されにくく、どのようなデバイス、キャリアのユーザーにも安定してコンテンツを配信できます。

デメリットとしては、効果測定をする際、パラメーターの設置をする場合には別途設定が必要となる点が挙げられます。
また、テキストのみでビジュアル面でのインパクトが弱いため、テキストだけでいかにユーザーを惹きつけるかを考える必要があります。

HTMLメールとは

HTMLメールとは、HTML形式のメールのことを指します。
テキストだけではなく、色や文字の大きさ、画像、BGMなどの装飾を使用することができます。

HTMLメールを読むためには、HTMLに対応したメールソフトとインターネット接続が必要となります。

ほとんどのメールソフトが対応していますが、全ての読者に配慮して、テキストメールも作成して送信するケースもあります。

メリットとデメリット

HTMLメールのメリットとしては、まず商品やサービスなどを写真や動画を利用した視覚的インパクトの大きい訴求ができる点が挙げられます。
また、独自のデザインをテンプレートとして使用することで、「このデザインは◯◯からのメルマガ」だ、とひと目で認識していただける可能性が高くなります。

デメリットは、作成時にデザインやコードなどの専門的な知識が必要になる場合があること、正しく配信側の意図通りに表示されるかどうかは相手側の環境に依存すること等が挙げられます。
相手側がHTML形式に対応していないメールソフトを使用している場合、タグなどが見えてしまう、画像や動画などを使用しているため、容量が大きくなりやすく、サーバへの負荷が大きくなってしまいます。

HTMLメールの書き方について、さらに詳しいことを紹介した記事がferret内にて掲載されています。
こちらも合わせて読むことをオススメします。

参考
HTMLメルマガの書き方
※なお、この記事を閲覧するためには無料の会員登録が必要となります。

まとめ

テキストメール、HTMLメール、それぞれにメリットとデメリットがあり、できることも異なります。
容量を小さくしてなるべくシンプルに情報を伝えたいならテキストメール、画像や動画などリッチな情報を駆使してビジュアルの訴求力を高めたいならHTMLメールを使用すると良いでしょう。

ただやみくもにメールを配信するのではなく、配信目的や環境などを考慮して、より多くのユーザーに情報を届けるためにはどちらの形式を採用したらいいのかを検討した上で選択しましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

メルマガ(メールマガジン)とは
これだけは覚えておきたい!メルマガ配信の基礎3箇条
【事例つき】メルマガを作成する時に参考にするべき8記事

このニュースに関連するカリキュラム

メルマガ(メールマガジン)とは

メルマガ(メールマガジン)とは

メルマガとはメールを使って読者とコミュケーションするマーケティング手法です。メルマガ配信は、システムを使いますが、内容には書き手の人柄がでる、とてもヒューマンなメディアです。メルマガならでは特徴などご紹介します。