友人同士や共通のつながりで広がるSNSを使った広告手段は、商品・サービスの認知度を高める上でなくてはならないものです。一方、横のつながりではなく、個人の興味を集めることで大きく認知度が高まるのが、YouTube広告です。

YouTube広告で大きく集客でき成功を収めた企業は数多く存在します。しかしYouTube広告で効果を得るにはコツや活用方法が大変重要です。

YouTube広告の特徴や効果の出し方などの理解を深め、商材の認知度を高める施策に取り入れていきましょう。

目次

  1. YouTube(ユーチューブ)広告の特徴
  2. 企業がYouTube(ユーチューブ)広告を活用する理由
  3. YouTube(ユーチューブ)広告の成功事例
  4. 事例から学ぶYouTube(ユーチューブ)広告の活用戦略
  5. YouTube(ユーチューブ)広告配信後はデータ分析を行う
  6. YouTube(ユーチューブ)広告を戦略的に活用して、商品・サービスの認知度を高めよう

▼YouTube広告で成果を出したい方はこちら

Youtube広告の活用戦略

Youtube広告の活用戦略

商品やサービスの認知拡大にピッタリ!YouTube広告の活用戦略について解説致します。

YouTube(ユーチューブ)広告の特徴

多くの企業がYouTube広告に取り組むのには理由があります。YouTube広告がSNSと同様、広告手段として広く利用されているのは、次のようなメリットがあるからです。

  • 細かいターゲティング設定ができる
  • 低予算でも広告配信が可能
  • 費用対効果が高い
  • 広く拡散でき、認知拡大には最適

中でも、Web広告ならではの詳細なターゲティングができることが大きな特徴です。広告施策では見込み客にまっすぐに届くよう、ターゲティングが大変重要です。YouTube広告は、そうしたあるべき広告手段の前提を満たした手法です。

細かいターゲティング設定

YouTube広告では動画という「面」と、それを期待する「人」とを組み合せて絞り込むことができます。

どんな人に見せたいかという「人」に焦点を合わせた『オーディエンスターゲティング』、どんな動画を配信するか設定する『コンテンツターゲティング』があります。

訪問履歴や過去の検索内容、トピックやキーワードなど多くの情報からターゲティング設定ができます。

低予算でも広告配信が可能

一般に広告は、その内容や規模によって莫大な経費がかかる場合があります。YouTube広告の掲載費用は課金方式を採用しています。課金方法と料金目安は、広告種類によって変わります。

1クリックあたり3円~、広告1,000回表示ごとに300円~など、広告掲載費用としては低価格で設定されています。広告施策として取り組みやすく、小規模企業にも実施しやすいのが特徴です。

企業がYouTube(ユーチューブ)広告を活用する理由

Youtubeはジャンルを問わず無料で動画が視聴できるのが最大の特徴ですが、このことはマーケティングにおいても、どんなジャンルの商品やサービスでも商機があるということを意味しています。各企業はこのオープンソースを利用して、綿密なターゲティングをし自社の製品の認知拡大の工夫をしているのです。

国内のYouTubeユーザーは、18歳から64歳までで6,500万人を超え(2020年9月月間ユーザー数)、大変多くのユーザーが見込み客として対象となります。

インストリーム広告(動画の最初や最後、あるいは動画の途中で再生される広告)の場合、動画がスキップされれば課金されないしくみになっています。視聴したい人のみに届けることができ、費用対効果が高いのも企業から支持を得ている理由のひとつです。

参考:Think with Google|マーケティング戦略

YouTube(ユーチューブ)広告の成功事例

YouTube広告で結果を出した企業例を紹介します。いずれもインストリーム広告を利用した場合ですが、結果を出すまでに至った経緯と施策に着目しましょう。

1ヵ月で38件の資料ダウンロードを獲得

image1.png

ある集客支援サービス企業は、ターゲティングに購買意向の強いオーディエンスを設定、マーケティングで見込み顧客へ広告配信を試みました。リマーケティングは、サイト訪問履歴のある潜在ユーザーに広告配信するマーケティング手法です。

さらに様々な角度からABテストを実施。数ヵ月の検証を経て、CVRの良かった広告に特化して配信した結果、一ヵ月で38件の資料請求を獲得しました。

予算85万円に対して、単月成果842,712円と予算内に収めつつ、配信月内で見込み客38件と次のステップへの足がかりを築くことができました。

視聴単価2円という効率的な配信に成功

image4.png

料理レシピサイト運営企業は見込みユーザー獲得施策として認知度を広げるため、Webサイト利用者と親和性のある料理系YouTuberの動画をプレースメントに指定して広告配信しました。

視聴単価を5円以内にと上限広告視聴単価を低く設定した結果、視聴単価2円で効率的な配信ができました。また、実質広告費は58,729円で視聴率も44.92%と高い数字を得ることができ、見込みユーザーをターゲティングできたと判断しています。施策の方向性の正確さが伺えます。

▼YouTube広告で成果を出したい方はこちら

Youtube広告の活用戦略

Youtube広告の活用戦略

商品やサービスの認知拡大にピッタリ!YouTube広告の活用戦略について解説致します。

事例から学ぶYouTube(ユーチューブ)広告の活用戦略

image3.png

YouTube広告で効果的に結果を出すために必要な考え方と、具体的な戦略方法について説明します。

1.目的と目標を決める

YouTube広告を運用するにあたっては、まず明確な目的と、なにをゴールとするのか目標を立てることが必要です。

目的:YouTube広告で何をしたいのか

例:商材の認知拡大、広告からLPに遷移させ資料請求や問い合わせにつなげるなど

目標:YouTube広告で達成したい具体的な数値

例:月間視聴件数、視聴単価、資料請求・問い合わせ件数など

目標値の設定で重要なことは、実現可能な数値を掲げることです。広告が視聴されるたびに課金され、費用がかかるYouTube広告では、経費を無視した数値目標は予算を圧迫するため避けるべきです。目的から逆算し、適正な目標値を決めることが大切です。

2.ターゲットとニーズの設定

ターゲットを考える上で重要なのは、潜在顧客にこだわらず顕在顧客に集中することです。結果に結び付けるには、商品・サービス広告に即反応してくれそうな層の行動・指向分析を詳細に行います。YouTube広告では細かいセグメント設定ができるので、より顕在層に近づく配信が可能になります。

また、顕在顧客が何を求めているかニーズをリサーチすることも重要です。顧客のニーズを的確に把握するのは難しいものですが、次のような点を意識しながらニーズを探ってみましょう。

ポイント1.

自社の顧客の特徴、顧客になったプロセスを分析して、課題など改善すべきポイントを洗い出す

ポイント2.

競合企業の広告を分析して、どこにターゲットを定めているのか、何を訴求ポイントとしているのかを把握する

3.ニーズを満たす動画制作

動画制作で大切なのは、ターゲットのニーズを満たす情報を盛り込みつつ、おもしろく、ためになるような内容にしていくことです。おもしろかったという意識は、印象に残ったということに繋がり、広告として満たすべき重要なポイントです。

そうした印象に残る動画を制作するには、人気のある動画広告や視聴回数が伸びている広告をヒントにするのもよいでしょう。

どういう点が印象に残るのかを理解することで、制作の助けとなります。なお、最後まで視聴してもらうためにも、顧客のニーズを反映したシーンは動画の冒頭に盛り込むことも忘れてはなりません。

また、情報を求めているユーザーに対して広くアプローチする場合、SEOの実施も大切です。動画タイトルで説明しきれなかった内容は、概要欄に顧客が検索するであろうキーワードを含めて投稿しましょう。

ユーザーが特定のキーワードを検索した際、検索結果に表示されやすくなり、視聴回数が増える可能性があります。

4.配信メニューを決める

YouTube広告の配信フォーマットは次の種類があり、目的によって選択します。

種類T 概要 効果
インストリーム広告(スキップ可能) 動画の前または途中で再生される広告、最初の5秒後にスキップが可能 ・費用対効果の達成
・認知向上
・関心度向上
バンパー広告 スキップ不可の短い広告で、印象的なメッセージを表示 広告視聴数アップ
・認知向上
インストリーム広告(スキップ不可) 15秒以下のスキップ不可の広告 広告視聴数アップ
・認知向上
マストヘッド広告 ホームフィード画面上に広告表示 ブランディング認知アップ
動画アクションキャンペーン 動画再生の前後または途中でスキップ可能な広告を表示 見込み顧客の購買促進
ファインド広告 YouTube ホームフィード、次のおすすめフィード、Discover フィード、Gmail の [プロモーション] タブおよび [ソーシャル] タブをユーザーが閲覧する際に画像を表示 見込み顧客の購買促進

以上のほか、自社サイトに誘導可能なバナー広告もあります。

YouTube(ユーチューブ)広告配信後はデータ分析を行う

広告を配信したあとは必ず効果測定を行います。配信後のデータ分析を行うことで広告掲載の効果や視聴者からの反応を確認することができます。

効果測定で重要な5つの指標

YouTube広告では、効果測定を行う際の指標として、次の5つを採用します。

  • クリック率
  • 視聴回数
  • 再生時間
  • 視聴完了率
  • CPV広告視聴単価

クリック率

クリック率は、視聴者が興味を持ってくれた割合が分かる数値です。YouTube広告におけるクリック率は、以下のように算出します。

クリック率 = クリック数 ÷ 視聴回数 (×100)

クリック率が低い場合は、視聴者の興味を引けず、有益な情報が提供できていないということが分かります。そのような場合は、自社の商品・サービスの内容とターゲット層が合っていないことも考えられます。ターゲティングや広告内容の見直しをすることが求められます。

視聴回数

YouTube広告では、「視聴回数」が人気の広告と位置づけられる指標となります。次の条件をクリアすると「視聴回数」がカウントされます。

  • 動画広告をクリック
  • 30秒以上の動画広告再生
  • 最後まで動画広告を再生(広告時間30秒以下の場合)

また、YouTube広告におけるクリック回数は、広告の視聴回数に影響します。視聴回数は効果測定では必ず必要となるため、クリック率も把握しておきます。

再生時間

動画広告が視聴者によって再生された時間の合計を「再生時間」として測定対象とします。

再生時間が短い場合は、広告内容がターゲット層と合っていない、あるいは動画自体の質が低いことが考えられます。広告内容やターゲティングを見直し、改善を図りましょう。

視聴完了率

視聴完了率は、動画広告が最後まで見られた割合を指します。コンバージョンを向上させるために重要な指標です。YouTube広告での視聴完了率は、次のように算出します。

視聴完了数 ÷ 動画冒頭のインプレッション数 = 視聴完了率

視聴完了率が低い場合は、最後まで動画広告が視聴されていないため広告内容が全て伝わっていないことが分かります。視聴者の様々な環境で、最後まで視聴できない場合もあるので、一番伝えたいこと、重要なメッセージは、冒頭部分で表現する工夫も大事になります。

また、コンバージョンを向上させるには、「動画冒頭のインプレッション数」だけ多くても結果に結び付かない場合もあります。「視聴完了率」もチェックし、コンバージョン数とのバランスを確認しましょう。

CPV(広告視聴単価)

CPV(Cost Per View)は、広告視聴1回あたりの単価を指す指標です。YouTube広告ではSNS広告と同じように、オークションで広告視聴単価が決定されますが、広告フォーマットにより費用が異なり、インストリーム広告では、動画が30秒以上再生されると初めて課金が成立するCPCV完全視聴単価)が採用されています。

広告フォーマットの採用を検討する際には、CPVについても考慮することでコストを抑えることができます。

YouTube(ユーチューブ)広告を戦略的に活用して、商品・サービスの認知度を高めよう

日本国内のアクティブユーザーが6,500万人超というYouTube。多くの潜在ユーザーに対しターゲットを絞り、多数の企業が動画広告で結果を出しています。YouTube広告は費用対効果も高く、小規模企業も取り組みやすいのが特徴です。

またYouTube広告は、動画マーケティングが拡大する中で、販路拡大に繋がる施策としておすすめの手法です。ターゲティングや広告配信の流れ、効果測定まで一連の戦略を綿密に策定し、自社の商品・サービスの認知度を広げていきましょう。

▼YouTube広告で成果を出したい方はこちら

Youtube広告の活用戦略

Youtube広告の活用戦略

商品やサービスの認知拡大にピッタリ!YouTube広告の活用戦略について解説致します。