「仕事内容に関しての知識は豊富だけど、会社経営の知識はちょっと…」
「急きょ、親から経営を引き継ぐことになってしまい、どのように事業を成長させていけばいいのかわからない」

このような悩みを持つ若手経営者のみなさんにとって、経営の指針となるのが経営計画です。
競合分析や自社分析を行い、将来の経営状況の見通しを立てる経営計画を作成することで、中長期的な指針となるだけでなく、大局的な施策を行えるようになるでしょう。
ですが、いざ経営計画を作成するとなると、どのようなステップで作成すればいいのかわからず、戸惑ってしまう方もいるかもしれません。
そんな時は、ステップごとに情報を入力するだけで経営計画が作れるWebツールを利用するのもいいでしょう。

今回は、経営計画を作成できる無料ツール「経営計画つくるくん」の使い方を解説します。
「経営計画つくるくん」は独立行政法人中小機構が提供しているWebツールであり、スムーズに入力していけば30分で簡単な経営計画が作成できます。
事業を成長していくために何から手をつけたらいいのかわからない方は、まずは経営計画を作成するところから始めてみましょう。

「経営計画つくるくん」とは

経営計画つくるくん 公式サイト.png
http://tsukurukun.smrj.go.jp/

「経営計画つくるくん」とは、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が提供している経営計画作成アプリです。

中小機構は中小企業・小規模事業者向けに支援事業を行っている組織であり、経営系計画つくるくんもその一環として無料で提供されています。

経営計画つくるくんでは、経営計画を作成できるだけでなく、クイズ形式で経営に関する知識を学べます。作成した経営計画書はExcelファイルとしてダウンロードできるので、社内資料としても利用しやすいでしょう。

Windowsのパソコンのほか、iPad及びAndroidタブレットAndroidスマートフォンで操作できます。

経営計画とは

そもそも経営計画とは一体どのようなものを指すのでしょうか。
経営計画とは、どのように会社を経営していくのかをまとめた中長期的な事業計画です。

経営計画は法律上で提出が求められるものではないので、決まったフォーマットはありません。
株主や従業員、取引先、銀行といった関係者に自社の今後の方針を説明する際の資料や経営者自身の指針として作成します。

具体的には下記のような項目をまとめるのが一般的でしょう。

【過去から現在までの分析】
・経営理念の見直し
・実績の取りまとめ
・過去の経営課題解決への振り返り
・現状の経営課題
【今後の計画】
・現状の経営課題の解決方法、今後の取り組みのまとめ
・取り組みの工程表作成
・予想損益、予想キャッシュフロー、予想貸借対照表の作成
・将来のビジョンの作成

参考:
[経営計画をつくる意味はあるの?|J-Net21]
(http://j-net21.smrj.go.jp/well/zeikin/cat2/cat2-4/cat2-4-1/20130902_01.html)

「経営計画つくるくん」の使い方

1.インストールする

経営計画つくるくん 公式サイトインストール.pnghttp://tsukurukun.smrj.go.jp/

経営計画つくるくんのホームページから、利用したい端末に合わせてインストールページをクリックします。

経営計画つくるくん_を購入_-_Microsoft_ストア_日本.png
https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%82%93/9nblgggzmf9x

Windowsの場合、上記のようにストアの情報が表示されるので「アプリをゲット」を選択しましょう。

2.登録を行う

topp.PNG

アプリを起動させると上記のようなトップページが表示されます。
「登録画面へ移動」をクリックして、メールアドレスの入力フォームにアドレスを入力してください。

メールアドレスを入力すると、入力したメールアドレス宛に仮パスワードが送信されます。

送信されてきたメールアドレスに記載されている仮パスワードとメールアドレス、設定したいパスワードを入力してログインしましょう。

touroku2.PNG

3.経営計画書を作成する

とっぷ.PNG

ログインすると上記のようなメニューページが表示されます。

「経営計画書をつくろう!」をクリックすると、経営計画書の作成画面へと切り替わります。会社名(屋号)を入力してチュートリアルへと進みましょう。
チュートリアルでは、経営計画書作成の流れを確認できます。

企業概要.PNG

現在どの項目を入力しているかは、左横に表示される大項目と画面上に表示される小項目で確認できます。
項目を入力したら「すすむ」を選択して、次の項目へと進みましょう。

それぞれの項目は選択肢から選択するものがほとんどです。
間違えてしまった場合は項目をクリックするか、「もどる」から前の操作に戻れます。

4.作成途中で中断したい場合

中断.PNG

作成途中に急に別の仕事が発生してしまい、編集途中で中断したいこともあるでしょう。画面右上にある「中断する」をクリックすれば、データを保存できます。

つづきから.PNG

次にログインした際に「つづきから」をクリックすれば、下記のように保存したデータが一覧で表示されます。

保存データ.PNG

再度編集したいデータをクリックして「編集」を選択すれば、続きから作成できます。

5.完成した経営計画書を保存する

完成.PNG

最後の項目まで入力すると、上記のように完成した経営計画書が表示されます。
「経営計画書のメール送信」をクリックすると、登録したメールアドレス宛に作成した経営計画書のExcelファイルが送信されます。

また、「データ保存」をクリックすると、経営計画つくるくん上でのデータ保存が可能です。

6.経営について勉強する

経営計画つくるくんでは、経営計画書の作成だけでなく、クイズ形式で経営に関する知識を学べます。

とっぷ.PNG

メニューページから「経営計画を勉強しよう!」を選択すると、下記のようなストーリー一覧が表示されます。

勉強.PNG

ストーリーを選択すると、両親が経営していたパン屋を継ぐことになったつくるくんが、経営指導員の伝さんに経営計画書作りをクイズで教わる物語が始まります。

勉強2.PNG

クイズは基本的に四択で出題され、問題を解いていくことで経営について学べます。

勉強結果.PNG

クイズを終えると、上記のように結果を確認できます。
クイズ中に経営に関しての豆知識やアドバイスも案内されるので、チェックしながらクイズを進めましょう。

まとめ

「経営計画つくるくん」では、以下の項目ごとに情報を入力していくだけで経営計画を作成できます。

・企業概要
・事業コンセプト
・市場分析
・競合分析
・自社分析
・3年後の目標
・目標を目指す方法

特に市場分析・競合分析・自社分析の3つの分析は、3C分析とも呼ばれ、マーケティングに役立てられる分析方法です。
3C分析を行うことで、自社の強みや弱みを的確に把握し、市場全体の中でどのように事業を成長させていくかを明確に描くことができるでしょう。

参照記事:
[3C分析とは〜マーケティングの基礎を覚えて競合と市場を分析しよう]
(https://ferret-plus.com/66)

こちらの記事では3C分析の方法について詳しく説明しています。経営計画を作成する際に合わせて参考にしてみましょう。