ホワイトペーパーは見込み客を引き付けるだけではなく、資料自体をダウンロードさせることによって、見込み客のプロフィール情報の入手に活用できます。

そして、ホワイトペーパーを活用する上で、ホワイトペーパータイトルが集客数もさることながら、ダウンロード時に入手した見込み顧客情報の質にも大きな影響を与えます。

本記事では、なぜタイトルがそこまで影響を与えるほど重要なのかを紐解き、"集客数"と"質"を引き上げるためのタイトルの考え方をご紹介します。
  

タイトルの重要性

7659_002.jpg

冒頭でも触れましたが、ホワイトペーパー施策における"タイトル"は、最重要項目といっても過言ではないほど大切です。それは、メールマガジンであれば件名、ブログ記事であれば記事タイトルといった部分で、まず初めにユーザーの目に留まる部分でもあります。

タイトルの役目は、読者の目線、興味・関心を引き、中身を読みたいと思わせることです。メールマガジンであれ、記事であれ、どんなに本文内容がユーザーの興味分野だったとしても、タイトルが興味を引かない限り、そのユーザーが内容にたどり着ける確率は極めて低くなります。

それはホワイトペーパーも例外ではありません。
展開するホワイトペーパータイトルユーザーの目に留まった瞬間に興味を持ってもらえなければ、ダウンロードにありつくことは皆無です。
  

ホワイトペーパー施策におけるタイトルの役割

7659_003.jpg

メールマガジンや記事と異なる点として、新しい内容の発信頻度がホワイトペーパーの場合、低いことです。メールマガジンやブログ記事であれば、週に数本というペースで新しいコンテンツが作られることが多いですが、それに比べてホワイトペーパーは1本あたりに含まれる文字やページ数が多く、新コンテンツの発信は、多くて月に数本程度が一般的です。

それ故に、1本あたりに求める効果は大きくなります。そして、おのずとPDCAサイクルもメールマガジン等と比較すると長くなります。その分、1つひとつの要素が大きな影響を与える大きなインパクトを持ち、特に“タイトル”部分はユーザーの興味・関心を引き付ける意味で最も重要な役割を担っています。

ホワイトペーパーは性質上、平均15~25ページの資料でありながら、その中身はダウンロードして初めて読むことができます。ただ、それを実際に目にできるまでには、一定の労力を要求されます。サイト上でその概要を読み、ダウンロードしたいかを判断した上で、Webフォームに必要事項を入力し、ダウンロードボタンを押して……という一連の作業が必要になります。

おそらく、誰もが資料をダウンロードするまでに、記事を読んで、お問い合わせ(入力)フォームに必要事項を入力して、という対応が発生することはご存知だと思いますが「そこまでしてもそのホワイトペーパーが欲しい」というのを思わせなければなりません。だからこそ、まず初めに目に留まるであろうタイトル部分が重要となるわけです。

もちろん、ホワイトペーパーユーザーにダウンロードしてもらう側としては、その数を1つでも増やしたいはずです。なぜなら、冒頭で述べているとおり、ホワイトペーパーを展開する大の目的は、ページビュー数などではなく、リード情報の入手だからです。