2017年には世界の広告費に占めるインターネット広告の割合が、テレビ広告を抜いて一位になると予測されています。

今後、マーケティングにおいても、アナログだけでなくデジタルマーケティングの知識やスキルが必要となってくるでしょう。

デジタルマーケティングでは、メールやSNS、ネット広告などの数多くの手法から自社にとって最適な手法を選びとる力が求められます。そのため1つの手法に偏ることなく、体系的にマーケティング全般の知識を学ぶべきでしょう。

今回は、フュージョン株式会社が米国DMAと共同開発した、デジタルマーケティングを体系的に学ぶことができるDMA公認ファンダメンタルマーケター資格を受講するメリットと実際に受講してみた感想をお届けします。
(本記事はフュージョン株式会社の監修でお届けします)

テレビ広告費をインターネット広告費が上回る時代に

マーケティングにおける手法の1つとして重要な「広告」に関して、2017年6月、興味深いデータが発表されました。

2017年、ネット広告への広告費が初めてテレビ広告費を上回るというデータです。

イギリスの調査会社Zenithが発表したデータでは、ネット広告は2017年に2050億ドルに達し、1920億ドルのテレビ広告費を上回ると予測されています。
また、ソーシャルメディアにおける広告費予測は550億ドルにのぼり、新聞広告の505億ドルを上回るとしました。

このように広告において、アナログからデジタルへの転換が進んでいます。広告主やマーケティング担当者にとって、マーケティング手法でデジタルを取り入れることは、ますます重要視すべきポイントとなるでしょう。

100年の歴史から誕生したファンダメンタルマーケター資格とは

DMA公認ファンダメンタルマーケター資格のご案内.png
DMA公認ファンダメンタルマーケター資格のご案内

「ファンダメンタルマーケター資格」とは、1917年に設立され、アメリカの1,600以上の企業が会員となっているDMA(Data & Marketing Association:米国データ&マーケティング協会)公認の資格取得制度です。

メールマーケティングやデータ分析、SEOといった10のモジュールで構成され、eラーニングによりマーケティング全般の知識を学び、認定試験に合格することで「ファンダメンタルマーケター資格」を取得できます。

アメリカ国内では、GoogleやAdobe Systems、American Expressといった企業を中心に毎年2,000人程度の方が受講しています。コンサルタントやマーケターとして活躍してきた講師陣から、実践的な知識を学べるのがこのマーケティング教材ならではの特徴でしょう。

ファンダメンタルマーケター資格のミッションは、世界基準のマーケターを日本から輩出すること

DMAが提供する「ファンダメンタルマーケター資格」のeラーニングシステムが英語以外の言語で受講ができるのは日本語が初めてとなります。

では、なぜDMAは日本に向けてサービスを開始したのでしょうか。

米国DMAと共同開発を行い、日本国内でファンダメンタルマーケター資格制度の運用を行っているフュージョン株式会社の花井優樹氏と谷田貝正人氏に、話をお伺いしました。

DSC_0208.jpg

 フュージョン株式会社 プランニング/ダイレクトプロモーショングループ 花井優樹氏(左)谷田貝正人氏(右)

ferret:
ファンダメンタルマーケター資格の日本語版をフュージョン株式会社が取り扱うこととなったのは、どういった経緯があるんでしょうか?

谷田貝氏:
フュージョン株式会社の創業者はアメリカでマーケティングを学び、DMAの存在を早くから知っていました。
私自身も講義を受けた際に、この内容を日本国内にも広めたいと感じたことがきっかけです。そこから、DMAに双方のメリットを伝え、交渉の結果、日本語版の提供に至りました。

ferret:
DMAの講義を聞いた際に、日本国内に広めたいと考えたのは何故でしょうか。

谷田貝氏:
50年ほど前に「ダイレクトマーケティングの父」と称されるレスター・ワンダーマン氏がマサチューセッツ工科大学で講義した際に初めて「ダイレクトマーケティング」という表現を使いました。
当時からレスポンスを得るためのコピーライティングなどマーケティングに関わるテクニックはあったのですが、直接的に顧客から反応を得て、測定ができるマーケティングを「ダイレクトマーケティング」と言語化したことは、当時は驚きでした。
彼の講義や書籍を読むうちに、売上をつくることだけがマーケティングのゴールではないということに気づき、目から鱗が落ちたような気がしたんです。

特に日本では、クリエイティブだけにこだわっていたり、一部の最適化だけをはかっていたりといった傾向が見受けられます。そのため「成果につながるマーケティング」というコンセプトを日本国内に広めることで、この状況から早く脱却できればと感じました。

実際、調査データからも、幅広いマーケティングの知識を得る重要性が証明されています。

ガートナージャパンがマーケターを中心に行った調査によるとマーケティング業務において必要とされるスキルとしてマーケティング全般の理論/知識」を挙げた人は全体の54.7%を占め、デジタルだけに偏ることなく幅広い知識が求められていることがわかりました。

スクリーンショット_2017-07-01_17.25.23.png

特に複数の手法のなかから、自社に最適なものを組み合わせて戦略を立てなければいけない責任者は、マーケティング全般の知識を得る必要があります。

それだけでなく、マーケティングの知識を持ち合わせていないことで、消費者と良いコミュニケーションも取れなくなってしまうかもしれません。
ファンダメンタルマーケター資格はまさに日本のマーケターたちが求めている内容ではないかと思いました。

ferret:
ファンダメンタルマーケター資格を受けて欲しい方のイメージにはどういったものがありますか。

花井氏:
広告主となる企業の方でしょうか。

谷田貝氏:
また、ネットショップを運営している方にも役立つと思っています。ネットショップでは、ウェブサイトの作り方やキーワードの置き方など総合的な知識が必要となります。そのため、マーケティング全般を学べるファンダメンタルマーケター資格が役立つと感じます。

ferret:
資格が広まることで、どういった展望を見込んでいますか?

谷田貝氏:
日本のマーケティング力が底上げされ、グローバルに発信していく機会になると思っています。欧米から5年遅れていると言われている日本のマーケティングが世界に追いつくのが理想ですね。

花井氏:
日本のマーケット自体が世界とは大きく異なるので、海外の方は日本の中でどういったマーケティングが行われているのか気になるようです。でも、まだまだ日本のマーケターの発信力は低く、世界に日本国内のマーケティング事例を発信できていません。
この資格が広まっていくことにより、日本からアジアなどの海外へ発信できるマーケターが生まれて欲しいですね。

ファンダメンタルマーケター資格をferretメンバーが実際に受講してみた

資格自体が著名なだけでなく、その資格で得られる知識が本当に有用なものでなければ業務には活かせません。

では、ファンダメンタルマーケター資格の10のモジュールでは、一体どのようなことが学べるのでしょうか。

実際にferretでSNS運営を担当している私、栗木が「ソーシャルメディアマーケティング」のモジュールを受講した感想をお届けします。

1.ログイン

DMAトップ.png

受講にあたって、まずはDMAホームページよりログインします。
eラーニングはブラウザ上で利用でき、他のページを開きながらでも操作可能です。

2.モジュールの選択

Course__JPN___DMA公認ファンダメンタルマーケター_DCFM_.png

ログインすると上記のように受講できるモジュールが表示されます。

【受講できるモジュール】
eメールマーケティング
ソーシャルメディアマーケティング
コンテンツマーケティング
オファーと行動喚起
クリエイティブコピーライティング
データベースマーケティング
データ分析とテスト
 効果測定 基本編
Webとサーチエンジンマーケティング
ダイレクトメールキャンペーン

上記10モジュールの中から自由な順番で学習を始められるので、まずは普段の業務に近い分野から学ぶという方法もあるでしょう。

3.講義ビデオによる受講

講義ビデオではソーシャルメディアの定義から目標のたてかた、手法まで包括的に学びます。なかでも私自身の気づきになった部分をピックアップして紹介しましょう。

"計画は、施策から考えるのではなくミッションから考える"

戦略.png

戦略計画の立て方では、施策からではなく、企業のミッションから落とし込んで設定する必要性を図でわかりやすく学べます。

私自身もSNSの施策を考える際には、つい「Facebookのいいね!数を得るための施策を考えないと」と1つのツールに集中して考えてしまうことがあるので、大きな目標から考えるのは驚きでした。

また、ここで掲げられるSMARTゴールと呼ばれる目標設定の方法では「具体的であること」「測定可能であること」「達成できること」を期限付きで設定すること重要であると説明されます。
明確な例もあるので、普段から業務に利用する目標管理シートに落とし込めました。

"ツール名が紹介されるので、業務で使うツールを探す手間が省ける"

管理ツール.png

戦略や施策だけでなく、上記のように具体的なツールの名前や使い方まで解説されます。

紹介されるのはGoogleカレンダーやTweetDeckのような無料のツールが中心なので、これからSNS運用を始めようと考えている方にとっても参考になるでしょう。

特に海外ツールは英語が読めないため「何にも使えないツールだったらどうしよう」と思って、運用を諦めてしまうことも数多くありました。
ファンダメンタルマーケター資格のeラーニングでは、行いたい手法ごとにツールが紹介されるので、安心感を持って導入できます。

"動画で紹介される事例からキャンペーンの効果を実感"

事例.png

施策に向けた発想法や枠組みは理解できても、最初から自社のキャンペーンまで落とし込むのは難しいかもしれません。その際に参考になるのが他社の事例です。

ソーシャルメディアマーケティングでは、学ぶ内容ごとにAirAsia やリプトンなど企業が実際に行ったキャンペーンが紹介されます。動画で紹介されるので、キャンペーンの内容や取り組みの優れている部分を実感しやすいです。

特に、クッキー菓子のオレオがスーパーボウル中に起きた停電に合わせて「暗闇の中でもコーヒーなどのドリンクに浸すことはできる」と画像を投稿した事例では、ツイートに対するコメントも動画内で紹介され、取り組みの反響を肌で感じられました。

自分一人ではなかなか思いつかないキャンペーンも他社を参考にして思いつくかもしれません。かといって自分で事例を調べても、書かれている単語がわからずに、取り組みの何か重要だったのか掴めないことも多くあります。eラーニングでは、わかりやすい単語で説明されるので、内容が理解できない事例はありませんでした。

"記事の内容によってシェアされやすい月は変わる"

調査事例.png

なお、事例では、具体的な数値も紹介されます。
上記のグラフは、年間を通して企業から発信される記事のシェア数を調査したもので、記事の内容ごとに反応の良い時期が明らかになっています。

私自身、投稿したい内容に対してどの程度「いいね!」がつくのか、シェアはどの程度くるのかといった予測を立てられずに悩んでしまうことがよくあります。
そういった際に、こういった調査データは目標作成の参考になると感じました。

4.テスト

テスト.png

およそ1時間の講義が終わると、上記のように10問のテストが出題されます。
正誤問題や選択問題など、問題のパターンは多岐に渡るので受講内容を正しく理解していなければ合格できません。

JPN___ソーシャルメディアマーケティング___Social_Media_Marketing_Module.png

テストの結果は上記のように表示されます。
「クイズのレビュー」で正解を確認できるので、自分の間違えた部分は改めて学びなおしましょう。

すべてのモジュールを学び終えた後に受験する修了テストでは100問の問題が出題されます。1つ1つのモジュールの内容を確実に学んだ上で受験してください。

デジタルマーケティングのすべてを学びたい方に最適なファンダメンタルマーケター資格

デジタルマーケティングでは、1つのチャネルに偏ることなく複数のチャネルを活用し、自社にとって最適な施策を考え出す必要があります。

テレビや新聞などのマスメディアだけでなく、SNSやネット動画配信サービスなどメディアの多様化が進む中、担当者としてもマーケティング全般の知識が求められるでしょう。

ファンダメンタルマーケター資格は、そのようなマーケティング全般の知識を学べる数少ない教材の1つです。

大学などの教育機関におけるマーケティング関連講義 マーケティング関連書籍 ファンダメンタルマーケター資格(eラーニング)
体系的な知識 ×(施策ごとのノウハウは学べる)
実践的な知識 ×(企業で実際にマーケティングに関わったことのある講師は少ない)

上記のように実践的な知識を体系的に学べるのが、ファンダメンタルマーケター資格の特徴です。
eラーニングの講義は、実際に企業でマーケティング関連業務にあたっていた業界の第一人者によって行われます。

資格として優れているだけでなく、戦略の立て方など実践的な知識・スキルを得ることができるので、マーケティング部門を管轄する立場にある人にとっても活用できるでしょう。

受講の流れ

ファンダメンタルマーケター資格の受講はWebまたは、書面での申込が可能です。
学びたい分野が限られている方は自分の興味のあるモジュールのみを1モジュールから受講することもできます。

スクリーンショット_2017-07-02_12.53.58.png

受講料金:10モジュール 20万円(税抜き) 1モジュールごと 24,000円(税抜)

支払い後は、DMAからアカウントとパスワードが発行されメールにて送信されます。
アカウントでログインして以降、180日間が受講期間となります。修了テストは料金内で2回まで受けられます。3回目以降は別途20,000円(税抜)の再受験料がかかるので注意してください。

修了テストに合格すると、DMAから資格証明書が送信されます。資格自体の有効期間は2年間です。

ファンダメンタルマーケター資格についてさらに詳しい情報は以下のページからご覧になれます。資格取得に興味がある方は、ぜひ下記のページからお問い合わせください。

参考:
ガートナー | プレス・リリース |ガートナー、マーケティング業務の変化に関する調査結果を発表
[Internet advertising expenditure to exceed US$200bn this year |Zenith] (https://www.zenithmedia.com/internet-advertising-expenditure-to-exceed-us200bn-this-year/)