特に営業などで外出の機会が多く、業務の大半をスマートフォン上で行わなければならない、という方は多いのでは。
軽量型のパソコンやタブレットなどもありますが、荷物がかさばってしまうため、実際はスマートフォンしか持ち歩けないケースもよくあります。
スマートフォン上で作業をする、となると、小さな画面で行わなければならず、パソコンのようにマウス操作でさまざまな作業ができるわけではないので不便に感じることも多いでしょう。

今回は、特にiPhoneをご利用の方に向けて、iPhone上での作業を少しでも効率化してくれるアプリ「Workflow」の基本的な操作方法とオススメのレシピ5選をご紹介します。

Workflowはすべて英語表記のツールのため、特に英語が苦手な方は「便利らしいのは分かっているけれど使いこなせない」と感じることがあるのではないでしょうか。
本記事では操作方法をひとつひとつ画像を使用してご紹介していますので、ぜひ参考に、アプリを活用してみましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Workflowとは

1.png
App Store

Workflowとは、2017年3月にAppleが買収して無料アプリとして配信されている、作業効率化アプリです。
複数のアプリを使用して横断的に行う作業を自動化させることができるアプリで、iPhone上での作業の短縮化を実現することができます。

基本的に、iPhone上で使用できるアプリはほとんどWorkflowに対応していています。

例えば、現在表示しているWebページをPDFファイル化して保存をする、という作業を行うとします。
これをパソコン上で行う場合にはデスクトップ上のメニューで「PDF保存」を選択すれば簡単に保存できますが、iPhone上で行う場合には「PDFに変換するアプリを使用してページをPDF化」して「PDF化した画像を保存するアプリで画像を保存」という手間がかかります。
この作業を1年に1度か2度しか行わない、という場合にはそれほど不便に感じるものではなありませんが、頻繁に行う方にとっては意外に面倒に感じるもの。

Workflowを使用すれば、このような面倒な作業を、ボタンをひとつタップするだけで行うことができるようになります。
一連の作業のことを、Workflowでは「レシピ」と呼びます。
このレシピをあらかじめ設定しておくことで、移行の作業が格段に便利になります。

Workflowの基本的な使用方法

step1.

2.png
アプリを起動します。はじめにチュートリアルが表示されますので、画面右下に矢印のアイコンが表示されていますので、タップしてください。

step2.

3.png
矢印アイコンをタップしていくと、上画像の画面が表示されます。
この画面では、Workflowを使用するにあたってまずはじめにセットする「レシピ」を選択することができます。

初めてアプリを使用する場合は、まずこの画面上に表示されているレシピをいずれかひとつ選択してください。
英語表記のため英語が苦手な方は内容を把握しにくい場合がありますが、その場合は以下で使用例としてご紹介する「Last Photo To Instagram」をタップしてください。

タップして緑色のチェックアイコンが表示されたら、画面右下の矢印アイコンをタップして次に進みます。

step3.

4.png
次の画面は、選択したレシピをiPhoneのウィジェットに追加する画面です。
「Add Widget」をタップして追加してください。

step4.

5.png
続いて、アプリをウィジェットへ移動させるチュートリアルが表示されます。
ここではチュートリアルですので「Skip」をタップして構いません。

「Skip」をタップするとメッセージが表示されますので、ここでも再度「Skip」をタップしてください。

step5.

6.png
次の画面から、レシピを作成できるようになります。
「Go To My Workflow」をタップして進んでください。

step6.

7.png
step2で選択した「Last Photo To Instagram」が「My Workflows」の一覧に表示されています。
このように、作成したレシピは「My Workflows」で確認することができます。

step7.

8.png
「Gallery」をタップすると、すでにアプリ上で公開されているさまざまなレシピを見ることができます。
この中で使用しやすいレシピがあれば、タップして追加しましょう。

step8.

9.png
レシピを選択するとポップアップで詳細が表示されますので「Get Workflow」をタップすれば追加完了です。

step9.

10.png
「My Workflows」に追加したレシピの中で削除したいものがあれば、アイコンを長押しします。
するとアイコンが小刻みに左右に揺れ、画面右上にゴミ箱アイコンが表示されますので、タップして削除してください。

Workflowでのレシピ作成方法

基本的な操作方法を理解したら、ギャラリーにで提供されているレシピだけではなく自分が作業しやすいようなレシピ作成を行うと、より便利に使用できるようになります。
ここでは「iPhoneで撮影した写真のサイズを変更してカメラロールへ保存する」というレシピを作成するものとします。

step1.

11.png
まずアプリを起動して上画面が表示されたら、画面右上のプラスアイコンまたは「Create Workflow」をタップしてください。

step2.

12.png
「Untitled Workflow」という画面が表示され、自分でレシピを作成することができます。
この画面の左下に表示されている「Actions」をタップしてください。

step3.

13.png
「Suggested」画面が表示されます。
ここで、レシピの起点となるアクション「Select Photos」を選択し、軽く指で長押ししながら画面向かって右へ指を動かします。

step4.

14.png
すると次画面にアクションが移動します。今回作成するレシピは、WorkflowがiPhoneのカメラロールへアクセスする必要がありますので、許可を問うメッセージが表示されたら「OK」をタップします。

step5.

15.png
これで「Select Photos」のアクションの設定が完了しました。
ここで「Select Multiple」をオンにすると、サイズ変更したい写真を選択する際に複数枚を一度に選択できます。

step6.

16.png
続いて、2つ目の作業である「サイズを変更する」というアクションを追加します。
そのまま画面左下の「Actions」をタップして、step3で行った操作と同様に「Resize Image」を追加して、変更後のサイズを指定します。

step7.

17.png
最後に、3つ目の作業である「カメラロールへ保存」のアクションを、同様に追加します。
今回はカメラロールへ保存するため、保存先が「Camera Roll」と設定していますが、ここをタップするとさまざまな保存先が表示されますので任意の場所へ保存することも可能です。

これで「iPhoneで撮影した写真のサイズを変更してカメラロールへ保存する」というレシピの作成が完了です。

step8.

18.png
最後に、このレシピをすぐに発動できるようにiPhoneのホーム画面に表示します。
画面右上の歯車アイコンをタップしてください。

step9.

19.png
「Settings」画面が表示されますので、レシピ名(Name)を任意で入力し、アイコン(Icon)をタップして色やマークなどを好みのものにセットしてください。
最後に「Add to Home Screen」をタップすれば、ホーム画面上に作成したレシピが表示されるようになります。

オススメのレシピ5選

1.Read QR code

20.png
https://workflow.is/workflows/cef2bd1bcfc140579c7e83c40e039133

こちらは、QRコードを読み取って表示されたURLをSafariを起動して表示してくれるレシです。
通常であればQRコードを読み取って表示されたURLをコピーし、Safari上にペーストしてページを表示する必要があります。
しかしこのレシピを使用すれば、レシピを起動してQRコードを読み取りさえすればすぐにページが表示されるため、作業効率短縮化に役立ちます。

2.add Photo for Twitter

21.png
https://workflow.is/workflows/cacdff1a289341d0829c667e8bbb7bc6

こちらは、写真をTwitterへそのまま投稿することができるレシピです。
複数枚の写真にも対応しており、写真を投稿する際にツイート画面を起動してカメラロールから写真を選択する、という手間を省くことができます。

3.Cross-Post

22.png
https://workflow.is/workflows/2635889c36f14417b9c0abd1fd05bae9

こちらは、FacebookやTwitterなどのSNSに、横断的に投稿ができるレシピです。
各SNSごとに文章を作成して画像を添付する、というのは、意外に面倒な作業。
しかしこのレシピを使用すれば、テキスト・画像などを含む投稿を1つ作成すれば、各種SNSへ自動で投稿されるようになります。

4.Shorten URL

23.png
https://workflow.is/workflows/c09aaaab61be4d66a905702c64b07759

こちらは、長い文字列になりがちなURLを短縮してコピーしてくれるレシピです。
通常であれば、元のURLをコピーして短縮ツールで短縮URLを生成、その後再度コピー、という面倒な手順を踏まなければなりません。
しかしこのレシピを使用すれば、現在開いているWebページURLを短縮、クリップボードにコピーまでを行ってくれます。

5.写真をDropboxに保存

24.png
https://workflow.is/workflows/8a5765b33f5649678d84554656531b37

こちらは、撮影した写真をカメラロールに保存するのではなく、あらかじめ指定しておいたDropboxへ保存することができるレシピです。
Dropbox上に保存するため、iPhoneの容量を圧迫する心配がありません。
レシピを起動するとすぐにカメラロールが表示されますので、Dropboxへ保存したい写真を選択します。
アップロードが完了すると、カメラロールの写真を削除するかどうか問われますので、ここで「削除」すれば、iPhoneの容量を圧迫せずに写真を保存することができます。

まとめ

筆者もWorkflowの愛用者ですが、このアプリを使用するようになってから細かい作業を効率よく進められるようになりました。
特に外出中にiPhoneで作業をしなければならない際に、この便利さを身にしみて感じます。
今回ご紹介したレシピのほかにも便利なものは多々ありますし、使い慣れてくれば自分の作業にあわせたレシピを簡単に作成できるようになります。
普段どのような作業をiPhone上で行っているのか振り返りつつ、Workflowを使用して短縮できる作業は少しでも効率化してみてはいかがでしょうか。