この記事は2016年9月1日に更新しました。

突然ですが、皆さんはインフォグラフィックという言葉を聞いたことはありますか?
インフォグラフィックとは情報を視覚的に表現した資料を指し、ここ数年、多用する企業が増えています。

インフォグラフィックが多用される背景には、世の中に流通している情報量が多くなり、ひと目で言いたいことが分かるように工夫された「インフォグラフィック」に対する需要が高まったことがあるでしょう。インフォグラフィックは基本的にイラストや図形と数字から成り立っているものがほとんどです。

言語がわからなくてもある程度意味を理解できるのでクオリティの高いものは世界的に広がりやすい傾向にあります。

今回は、インフォグラフィックの基礎知識から、実際に自分で作るときに使える無料の作成ツールの紹介、そして実際に大手企業などの事例を紹介します。
プレゼン資料作成やホームページ掲載用の画像作成などの参考にしてみましょう。

インフォグラフィックとは

インフォグラフィックとは、データや情報を視覚的に整理し、誰もが素早く情報を理解できるように作成したものを指します。

文字で情報を伝えようとしても、情報量が多く冗長的になりがちです。そこで用いられるのがグラフですが、そのグラフをより進化させ、グラフだけで伝えたい事が分かるようにしたものをインフォグラフィックになります。

info01.jpeg

インフォグラフィックのメリットは、視覚で直感的に理解出来ること。伝えたい事が伝わりやすいということです。上の画像は、アメリカのインターネット企業の売上推移です。2015年Googleの売上は◯◯◯で、Yahooの売上は◯◯◯、2014年は〜と説明されるより、グラフを見れば推移が一目瞭然なことがわかります。これがインフォグラフィックの力なのです。

また、インフォグラフィックと似たような意味を持つ言葉に「データ・ビジュアライゼーション」があります。データビジュアライゼーションは、雑多な状態のデータをコンピューターが整理しビジュアル化して見やすくした状態のものを指します。

実際にインフォグラフィックを作ってみましょう。無料で作成出来るツールが多く公開されていますので利用してみるのが良いでしょう。

実際にインフォグラフィックを自分で作ってみよう。無料作成ツール10選

1. 日本語対応&オペレーションが丁寧な「Eegraph」

1624_01.jpeg
https://eegraph.com/report

渋谷でインターネットサービス事業を行うシーグ株式会社が提供する国産のインフォグラフィック作成ツールです。
全編日本語対応しているうえ、データ入力の手順案内が非常にわかりやすく、数字を扱うのが苦手な方でも簡単にインフォグラフィックを作成することができます。

1624_01a.jpeg
図表の作成画面。日本語の丁寧な案内文があるため作成手順がわかりやすい。

参考:
Eegraphとは?一瞬で美しいグラフが作れる簡単ツールの使い方

2. Googlドライブと連携可能&インタラクティブなデータが作成できる「infoactive」

1624_02.jpeg

Googleドライブとの連携が非常のにスムーズなため、スプレッドシートのURLを入力して少し設定するだけでインフォグラフィックが完成します。
更に特徴的なのは、完成したインフォグラフィックのデータに対し、閲覧ユーザーが図の上にマウスポインタを置くと表示されるデータが変わるというインタラクティブ性です。

1624_02a.jpeg
Googleドライブとの連携も簡単に行える。

3.Googleドライブと連携可能で高品質なテンプレート・素材が豊富な「piktochart」

1624_03.jpeg
http://piktochart.com/

インフォグラフィック作成ツールのなかでは定番となりつつあるツールです。
こちらもGoogleドライブとの連携が可能で、無料アカウントでも高品質なテンプレートやデザインを多数利用することができます。
SurveyMonkeyというオンラインアンケートツールとも連携可能なため、SurveyMonkeyをご利用の方はより便利に使えるでしょう。

4.日本語対応で操作性抜群の「Cacoo」

1624_04.jpeg
https://cacoo.com

オンライン版PowerPointとして認知されてきているCacooですが、シンプルなアイコンやチャート図等のテンプレートも豊富なため、インフォグラフィック作成にも活用できます。また、複数名で図を共有できるため、オンライン上で同時編集することも可能です。

1624_04a.jpeg
シンプルで使いやすい図形が豊富。ほとんどの操作をドラッグ&ドロップで行える。

5.図表の数字の微調整が簡単な「creately」

1624_05a.jpeg

様々な図表に対応しており、テンプレートも豊富なので非常に扱いやすいツールです。
出来上がった図表をクリックすると中の数字を変更できるので、後からの修正も非常に簡単に行うことができます。

1624_05b.jpeg
作成した図表をクリック。

1624_05c.jpeg
図表の数字が表示される。数字を変更し「Tab」キーを押せば修正完了。

6.シンプルでデザイン性の高い素材が豊富な「venngage」

1624_06a.jpeg

こちらのツールもGoogleドライブとの連携が可能です。
図の立体感や太さなどの微調整が可能なうえ、フラットデザインに適したデザイン性の高いアイコンも豊富に揃っているので、簡単な操作でクオリティの高いインフォグラフィックを作成できます。

1624_06b.jpeg
入れ込んだ図をダブルクリックすると、右側に設定画面が調整される。ここで数字データの入力やGoogleドライブとの連携、図形の微調整などが可能。

7.テンプレ豊富&デザインの自由度も高い「easel.ly」

1624_07a.jpeg
http://www.easel.ly/

様々なパターンのテンプレートが用意されており、アイコン素材も豊富です。
比較的デザインの自由度が高く、0からインフォグラフィックを作りたい方にもオススメです。

1624_07b.jpeg
テンプレを選択しない完全新規での作成画面でも、インフォグラフィック作成のヒントが記載されている。

8.ログイン不要。チャートやサイトマップが簡単に作成できる「gliffy」

1624_08a.jpeg
https://www.gliffy.com/

こちらの特徴はログインなしですぐにサービスを利用開始できる点にあります。
インフォグラフィックというよりは、Cacoo同様フローチャートやマインドマップ、サイトマップの作成に向いています。

9. 作成した図を複数名で共有できる「infogr.am」

1624_09a.jpeg
https://infogr.am

洗練された操作感に加え、YouTubeやSlideShareなどの外部サービスとも簡単に連携させることができます。
また、有料版では複数人で図を管理することができます。

10.自身の経歴をインフォグラフィック化できる「vizualize.me」

1624_10a.jpeg
http://vizualize.me/

自身のこれまでの学歴や職歴をインフォグラフィックに落とし込めるツールです。
LinkedInと連携しており、転職の際のアピールツールとして活用できます。

1624_10b.jpeg
プロフィール項目に学歴や職歴を入力し、形式を選択するだけでインフォグラフィックを作成できる。

インフォグラフィックを実際に利用して成果を上げている企業の事例を18個選んでみました。
是非参考にしてみてください。

思わず唸る!企業事例を17個紹介!

1.Yahoo!JAPAN「マルチスクリーン時代 デバイスのいま」

***
http://yahoojp-marketing.tumblr.com/post/109564662638

Yahoo!JAPANによる国内のデバイス理優状況を表現したインフォグラフィックです。
アニメーション形式のインフォグラフィックで、数字とイラストのみで構成されています。デバイス毎の具体的な利用シチュエーションをわかりやすく表現しています。
Yahoo!はこの他にも、2014年に820の日(ヤフーの日)特別企画としてインターネット広告の未来を描いたインフォグラフィックを公開しています。こちらも動的なコンテンツで流れが非常にわかりやすくなっています。

インターネット広告をもっと楽しめるコンテンツに

2.NewsPicks「ビジュアルレポートで見るApple最新決算」

***
https://newspicks.com/news/803525/body/

経済に特化したキュレーションメディア「NewsPicks」の編集部によるAppleの2015年第1四半期の決算をまとめたインフォグラフィックです。
グラフと数字で構成された非常にシンプルなグラフィックで、何が好調で何が不調なのかが流し読みしても理解することができます。
NewsPicks編集部は連載企画として、国内外の大手企業の決算資料をビジュアルデータに落としこんでわかりやすく解説した記事を定期的にあげています。

ビジュアルレポートで見る東芝最新決算
ビジュアルレポートで見るリンクトイン最新決算

3.メルカリ「1,000万ダウンロード記念 インフォグラフィック 「数字で見るメルカリ」」

***
http://www.mercariapp.com/jp/info/20150202_infographics/

昨年、10億円を超える大型資金調達を2度も行ったフリマアプリ「メルカリ」。テレビCMの効果もあり1,000万ダウンロードを達成しました。
1,000万ダウンロード記念として、メルカリのダウンロード数の推移や流通総額、過去最大出品数などのデータをインフォグラフィックでわかりやすく説明した資料が公開されています。

4.エコンテ「600名に聞いたコンテンツマーケティング調査レポート2015年度版」

***
http://econte.co.jp/resource/item/cmig2015/

株式会社アイオイクスの子会社であるコンテンツマーケティング事業専門の株式会社エコンテが制作したコンテンツマーケティングに関する調査結果を示すインフォグラフィックです。
適度な情報量や見やすい配色、図形の使い分けなどが秀逸でインフォグラフィックのお手本にしたくなるような資料です。

5.シスコシステムズ「世界のモバイルデータ量は5年で10倍に増加、シスコがインフォグラフィックで発表」

***
http://www.sbbit.jp/article/cont1/29248

シスコシステムズが今年2月に発表した、2014年から2019年へのモバイルデータ量の変化予測を表したインフォグラフィックです。
シスコはこの5年間でモバイルデータ通信量は10倍増加すると予測しており、図と英語の簡単な説明だけで、世界的にモバイルシフトが更に進むであろうと主張していることがわかります。

6.Coiney「数字でみるCoineyの1年」

***
「数字でみるCoineyの1年」を公開
http://coiney.com/news/releases/2014/2014-05-09.html

スマートデバイスに接続するとクレジット決済が可能になる決済サービス「Coiny」が、サービスを設立した2013年4月10日から、2014年4月10日の1年間のサービスの推移をインフォグラフィックを用いて発表しました。
どこで、誰に、どのように利用されているのか、従来の決済サービスとの差別化ポイントは何なのかということが、たった6枚のシンプルな資料のなかで表現されています。

7.予約ラボ「みんなの予約事情」

***
http://yoyakulab.net/report/report02.php

予約マーケティング研究所が作成した予約に関するデータをまとめたインフォグラフィックです。
20~60代の男女600人を対象にして行われたこちらの調査によると、予約して利用するのは主に飲食店や美容室で、ネットで知って友人からの口コミを聞いた上で予約するかどうかを決めるという結果が出ています。
実店舗を持たれている企業様には非常に参考になるデータです。

8.Movehub「「生活費が高い国」トップ20に日本もアメリカも入っていない 1位は?(インフォグラフィック)」

***
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/22/most-expensive-countries-to-live-in_n_6528630.html

イギリスのメディアである「movehub」が、各国での消費財の平均価格に基づいて「生活費が高い順」に色分けしたインフォグラフィックを公開しています。
数値を一切記載せず、色だけで表現しており、余計な情報が一切ないシンプルで斬新なインフォグラフィックです。
細かなデータはわかりませんがこの資料が最も伝えたいであろう「生活費が高い国」と「安い国」はどこなのか、ということが一目でわかります。

9.NHK「さわってわかる日銀地域経済報告」

***
http://www3.nhk.or.jp/news/business_infographics/sakura.html#!?m=201304

NHKが運営している、国内地域ごとの景気を「体温」に見立てて表現しているインフォグラフィックサイトです。
日銀が3か月ごとに発表する地域経済報告を元に、地域ごとの景気判断が前回と比べて「上向き」になったのか、「下向き」となったのかを「景気体温計」と例えて表現しています。

10.KADOKAWA「コミックマーケットはやっぱりすごい!」

***
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000881.000007006.html

世界最大規模の同人誌即売会である「コミックマーケット」の来場者についてのデータを、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング株式会社と角川アスキー総合研究所が共同で集計し、インフォグラフィックにまとめたものが公開されています。
一枚目には、コミックマーケット開催日、都内で最も人口が集まるのが東京ビッグサイト(コミックマーケット会場)で、人混みの多いイメージのある新宿や丸の内と比較しても異常な人数が集まっているということがすぐに理解できます。

11.JAF「後席シートベルト 3人に1人の低い着用率」

***
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/rearseat/
JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)による、シートベルトの着用率に関するデータをまとめたインフォグラフィックです。
車の後部座席でのシートベルト未着用の場合の「致死率4.5倍」というデータがインパクトあるイラストとともに提示されており、シートベルト着用の重要性を視覚的に訴求しています。

12.トリップアドバイザー「How to Enjoy ONSEN (温泉の正しい入り方)」

***
http://tg.tripadvisor.jp/enjoy-onsen/
世界各国のホテル・レストラン・観光地の口コミを掲載するメディア「トリップアドバイザー」が公開している「温泉の正しい入り方」を表したインフォグラフィックです。
インフォグラフィックは膨大なデータだけでなく、ハウツー系の情報もわかりやすく提示することができます。

トリップアドバイザーは他にもユニークなインフォグラフィックを公開しています。
http://tg.tripadvisor.jp/

13.LivinGraphics「「東京は世界5位! 世界の家賃相場比較」インフォグラフィックを公開しました。」

***
http://acskk.com/?page_id=14696

アート・クラフト・サイエンス株式会社が制作した世界19カ国の家賃相場比較を表したインフォグラフィックです。
家賃が高くなるに連れてデータを表す家のイラストも高くなっていくという小学生が見てもすぐに理解できるような表現を用いています。

14.JACCS「クレジットカードの歴史」

***
http://www.jaccs.co.jp/research/creditcard/index.html

クレジットカード会社であるジャックスが、設立60周年を記念して作成した、クレジットカードの歴史を表現したインフォグラフィックです。
一本の道を歩むようにクレジットカードの歴史がわかりやすく表現されています。
さりげなく、メソポタミア文明時代から歴史を辿っており、近代の産物というイメージの強いクレジットカードに意外な一面も表現しています。

15.みんなの家計はどうなった?消費税増税後のお財布事情2014

***
http://www.insweb.co.jp/research/report/zouzei-infographic.html

「保険の窓口」を運営するSBIホールディングス株式会社による、消費税増税前と増税後の家庭の経済事情を表したインフォグラフィックです。
消費税増税に伴って夫の小遣いを減らすかどうか、増税後に実際に減らしたかどうかというデータを、大きく配置された主婦らしい女性のイラストと、夫を表現していると思われる無数の人型ピクトグラムでユ―モアたっぷりに表現しています。

16.保険の窓口「消費税増税後のおさいふ事情」

***
http://hatagra.tumblr.com/

リクルートによる、働くことに関するあらゆるデータをまとめたインフォグラフィックスです。
働く女性の都内主要エリア別の平均データやオフィスの人気おやつランキングから、会議中の内職(会議に関係のない仕事をすること)や都道府県別の平均残業時間など、普段はなかなか目に触れない、人に聞けないユニークなデータをそれぞれのテイストに合わせたイラストで見やすく表現しています。

17.フジヤマNAVI「記録で見る富士山」

***
http://www.fujiyama-navi.jp/infographics/record/

富士山エリアの総合ナビ「フジヤマNAVI」が公開した富士山に関する記録をまとめたインフォグラフィックです。
最高年齢登頂記録が101歳、過去最低気温が-38度と、知っているようで知らなかった富士山の記録が満載です。昨年世界遺産にも登録された日本の象徴である富士山についての知識を深めることができる一枚です。

まとめ

自社が持っている情報をいかに簡潔に伝えていけるかというのは、今後更に情報量が増していく世の中では必須のテクニックになっていくでしょう。
膨大な情報の中から自社サービスを選んでいただくためには、ユーザーの関心を素早く取り込む必要があります。ユーザーは、複雑でわかりづらいものからはすぐに離れていきます。
上記で紹介したユニークで良質なインフォグラフィックを参考に、自社サービスの訴求方法を改めて考えてみてはいかがでしょうか。