皆さんは、「ユーザーの生の声を聞きたい」と感じたことがありませんか。

ユーザーに直接聞ける場合は良いですが、そうでない場合はWebアンケートが有効です。しかし、アンケートを作っていくのは意外と骨が折れるものです。
そこで今回ご紹介するのは、Webに関する深い知識・スキルがなくても簡単に本格的なアンケートページが作成できるサービス、「Questant(クエスタント)」です。

Web担当者の方ならびにマーケティング担当者の方にオススメのサービスですので、ぜひ一読ください。
  

目次

  1. Questantとは
  2. Questantのプラン
  3. Questantでアンケートを作成する
    1. 会員登録
    2. 基本情報入力
    3. アンケートを作成する
    4. アンケートの項目を編集する
    5. 公開
  4. アンケートの回答を増やす方法
    1. 回答者を自分で集める
    2. 回答者をQuestantが集める
  5. アンケート結果を確認する
    1. アンケート結果画面へアクセス
    2. グラフの表示を変更する

Questantとは

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Questant_001.png
https://questant.jp/

Questant(クエスタント)は、株式会社マクロミルが運営するクラウド型アンケート作成ツールです。

マクロミルは年間20,000件以上の調査実績数を持つ国内トップクラスのネットリサーチ企業で、Questantにも豊富なノウハウが活かされています。

ドラッグ&ドロップで直感的に操作し、デザイン性の高いアンケートを簡単に作成できます。作成できるアンケートは、PC・タブレット・スマートフォンのいずれにも対応したレスポンシブデザインです。アンケートの告知、集計結果分析機能も備えています。

個人が気軽に試せる無料プランから、大規模なアンケート調査に対応した法人向けプランまで、幅広くカバーしています。

Questantのプラン

料金プランは、無料プラン1種類と有料プラン4種類の計5種類で、プランによって使用できる機能が異なります。

アドホック以外のプランでは回答数は無制限に集められますが、結果の閲覧数にそれぞれ制限があります。

plan.png
引用:無料セルフアンケートASP『Questant(クエスタント)』 -MACROMILL-
  

Questantでアンケートを作成する

会員登録

7951_002.png
Questantにて、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、会員登録ボタンをクリックします。FacebookやGoogle+を使ったソーシャルログインでも登録できます。

入力されたメールアドレスに仮登録完了のお知らせが届きますので、リンクをクリックして本登録に進みます。

スクリーンショット_2018-05-22_午後12.14.37_午後.png
プランの選択画面が表示されます。ここでは無料プランを選択します。

基本情報入力

7951_004.png
会社名や業種などの基本情報を入力し、アンケートに回答します。これで会員登録は完了です。

アンケートを作成する

7951_005.png
マイアンケート内の「新しいアンケートを作成する」ボタンをクリックします。
アンケートを作成する方法は3種類あります。

新しいアンケートを作成する
7951_006.png
新しいアンケートを作成するには、アンケートのタイトルを入力し「作成する」ボタンをクリックします。ここで入力したタイトルは、この次の編集画面にて変更可能です。

Questantのアンケートテンプレートを使う
7951_007.png
「Questantのアンケートテンプレートを使う」をクリックすると、用途別のテンプレート一覧が表示されます。豊富なアンケートテンプレートを活用して効率的にアンケートを作成できます。

「ウェブサイトに対する評価アンケート」をクリックすると、あらかじめ設定された回答項目が右側に表示されます。これをベースにアンケートを作成する場合は「作成する」ボタンをクリックします。

7951_008.png
「プレビュー」ボタンから、実際のアンケート画面を確認することもできます。

過去のアンケートをコピーする
7951_009.png
すでに1つ以上のアンケートを作成済みの場合、「過去のアンケートをコピーする」から再利用できます。テンプレートと同様に、設定された質問項目とプレビューを確認できます。

アンケートの項目を編集する

Questantのアンケートテンプレート内の「ウェブサイトに対する評価アンケート」を編集しながら、基本的な使い方をご説明します。

アンケートのタイトルとメッセージ入力
7951_010.png
ペンのマークをクリックすると、それぞれタイトルとメッセージを編集できます。

質問の追加・移動・削除
7951_011.png
「質問を追加」ボタンで、クリックした箇所に新しく質問を追加します。右上のゴミ箱のボタンで、追加済みの質問を削除します。左側の上下の矢印からは、追加済みの質問の順番を変更できます。

質問の編集
7951_012.png
最初に質問タイプを選択します。これにより、選択肢の形式が決まります。

7951_013.png
質問文と選択肢を入力し、必須回答や選択肢のランダム表示などのオプションを選択して、「保存する」ボタンをクリックします。

基本情報の表示/非表示
7951_014.png
全ての質問の編集が完了したら、アンケートでユーザーに質問する基本情報の表示/非表示を切り替えます。右側の「表示」をクリックすると非表示に切り替わり、アンケートには表示されません。

終了ページのメッセージ編集
7951_015.png
ペンのマークをクリックすると、終了のメッセージを編集できます。完成後、右下の「アンケート完成」ボタンをクリックします。

公開

7951_016.png
「アンケート完成」ボタンをクリックすると、次の画面で作成したアンケートのURLが発行されます。このURLをメールやSNSで通知したり、Webページにアンケートを埋め込んだりして告知しましょう。

アンケートの回答を増やす方法

7951_017.png
回答者を集めるには、自分で集める方法と、Questantが集める方法があります。

回答者を自分で集める

回答者を自分で集めるいくつかの方法をご紹介します。

メール
7951_018.png
Questantのメール配信機能では、メールアドレスのリストを入力することで、アンケート依頼メールを一斉送信できます。テキストウィンドウにメールアドレスを1行1つずつ入力します。タブ区切りもしくはカンマ区切りでメールアドレス、姓、名、そのほかを入力すると、メールに文字列を差し込めます。

QRコード
7951_019.png
QRコードが画像として発行されます。メールやWebサイトで周知したり、レシートやお店に置いてあるカードに印字したり、チラシやポスターに印刷したりできます。

SNS
7951_020.png
Questantから、FacebookやTwitterを通じて簡単に投稿できます。

Webページ
7951_021.png
Webページへのアンケート埋め込み、リンク設置、ポップアップのためのHTMLが発行されます。1ページに設置できるHTMLコードは1つです。

回答者をQuestantが集める

回答者をQuestantが集めるサービスは、通常プラン(年払い)以上のプランで利用でき、利用するにあたり事前審査があります。追加のサービス利用料金は、アンケートのサンプル数と質問数によって決まります。

提携サイト
7951_022.png
提携サイト(Yahoo!ニュース 意識調査)にバナーとしてアンケートを掲載し、回答者を集められます。

調査会社モニタ
7951_023.png
調査会社モニタ(GMOリサーチが運営する「Japan Cloud Panel」)に対してアンケートを配信・回収できるサービスです。

アンケート結果を確認する

アンケート結果画面へアクセス

7951_024.png
マイアンケートのアンケート一覧にて、「結果」列のグラフのアイコンをクリックします。

7951_025.png
右上のタブにて、全体回答と個人回答を切り替えられます。そのすぐ下のアイコンでは、通常表示の他、タイル表示と質問項目ごとのスライド表示に切り替えられます。

グラフの表示を変更する

7951_026.png
各グラフの上にマウスオーバーすると、左上に4つのアイコンが表示され、ここからグラフの表示を変更できます。左から、グラフの種類、並び替え、選択肢の表示/非表示、表示設定です。

グラフの種類では、横棒グラフ、縦棒グラフ、ドーナツグラフ、円グラフ、横帯グラフ、ヒト型グラフ、キューブ型グラフを選択できます。

並び替えでは、回答数の昇順・降順、選択肢の表示順を選択できます。

選択肢の表示/非表示では、特定の選択肢だけ隠すことができます。

表示設定では、グラフ、元データ、凡例の表示/非表示と、データラベルを%(パーセンテージ)にするか実数にするか選べます。

7951_027.png
グラフ内のデータをクリックすると、色も変更できます。

まとめ

Webマーケティングにおいて、ユーザーの声を知ることは非常に重要です。ペルソナ設計のような事前フェーズから、サービス提供後の改善フェーズまでユーザーの声から得られるものはとても多いものです。

ぜひ皆さんもアンケート作成をして、ユーザーの生の声を集めてWebマーケティングに活かしていきましょう。