外回りの多いセールス職の方であれば、空き時間にカフェなどでPCを使って資料作りなど仕事をしている方もいるのではないでしょうか。その際、自分のポケットWi-Fiを利用せず、施設内の公衆フリーWi-Fiを利用してインターネット接続をしていませんか?

パスワード設定で利用できたり、接続が暗号化されていないことも多く、セキュリティの観点から機密情報や個人情報の取り扱いに注意を払うこ必要があります。一般開放されている公衆フリーWi-Fiであれば、第三者による通信傍受の危険性もあります。

今回は、外出先でフリーWi-Fiを利用する上で知っておくべき危険性と、利用する上で気をつけるべきポイントをご紹介します。

街中や施設で利用できる公衆フリーWi-Fiに潜む危険性とは

街中や特定の施設など公の場でフリーWi-Fiを利用できる機会が増えました。PCやスマートフォンからWi-Fi設定を開くと、必ずと言っていいほど複数のSSIDが表示されます。これらの公衆フリーWi-Fiを利用には、どのような危険性があるのかご紹介します。

通信内容を傍受される可能性

公衆フリーWi-Fiの多くは、「気軽にアクセスできる」ことを目的として、接続パスワードを設けていない場合があります。また、提供している場所によっては、接続時に暗号化されていないこともあるでしょう。

つまり、誰でも同一のフリーWi-Fiにアクセスすることができ、悪意のあるユーザーが居れば接続した情報を傍受される可能性があります。もし、機密性の高い情報をインターネット上で参照している場合、情報漏洩の危険性も考えられます。

Webサービスへのログインアカウントのなりすまし

パスワード不要かつ非暗号化のフリーWi-Fiに接続中に、メールやネットバンキング、ネットショップなど各種Webサービスへログインを行うことは非常に危険です。

上述の通り、専門知識を持った悪意のある者によってログイン情報を傍受される危険性があり、最悪の場合、なりすましのログインが行われる可能性があります。

有名なフリーWi-FiのSSID名を装ったWi-Fiの可能性

通信会社が提供するアカウント登録やパスワードが必要なフリーWi-Fiサービスは、数ある公衆フリーWi-Fiの中でも比較的安全と言われています。セキュリティ意識の高い方であれば、こういった認知度の高いフリーWi-Fiを利用しているという方もいるでしょう。

しかし、油断は禁物です。認知度の高い公衆フリーWi-FiのSSIDを装った悪意のあるフリーWi-Fiが設定されている可能性があります。同一SSIDのフリーWi-Fiを利用したことがある端末であれば、自動的に接続してしまう可能性も考えられるでしょう。また、利用者自身が気付かずに接続し続けてしまうという恐れもあります。

参考:
フリーWi-Fi利用の危険性と注意点 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
フリーWi-Fi接続時にすると危険な行動とは? 日本のユーザーの7割が実行 -INTERNET Watch

フリーWi-Fiを利用する場合に知っておきたいポイント

以上の危険性から、出来る限り公衆フリーWi-Fiを利用しないというのが最も確実な対処法と言えます。とはいえ、モバイルWi-Fiを忘れてしまったり、出先で緊急対応を行う場合など避けられないシーンもあるでしょう。

そこで、公衆フリーWi-Fiの危険性を踏まえた上で、リスクを抑えるために知っておきたいポイントをご紹介します。

機密情報や個人情報を取り扱うWebサービスを利用しない

最も簡単にできる対応策として挙げられるのが、機密情報や個人情報を取り扱うWebサービスを利用しないことです。これは、上述の「情報の傍受」や「アカウントのなりすまし」を防ぐために行います。

検索エンジンを利用したブラウジングなど、閲覧する上でのリスクが低いものだけの利用にとどめておきましょう。

パスワード不要のフリーWi-Fiを利用しない

パスワード不要で利用できるフリーWi-Fiを利用しないことも大切です。最も簡単にアクセスできる環境ゆえに、危険性が高いと考えましょう。

必ずしもパスワードを利用すれば安心というわけではありませんが、誰でもアクセスできるフリーWi-Fiと比べて、不正利用のリスクは低いと考えられます。

Wi-Fiを常時ONにしない

ご自身が利用しているPCやスマートフォンのWi-Fi設定が常にONになっていないかを確認してください。

これは、上述のパスワード不要のフリーWi-Fiと関連して非常に重要なポイントになります。利用している端末のWi-Fi設定がONになっていることで、接続する意図がないフリーWi-Fiに対して自動的に接続してしまうためです。

社内や自宅から外出する際、Wi-Fi設定をOFFにする習慣を作ってみましょう。

セキュリティ対策ソフトを利用する

また、既に利用している方も多いかもしれませんが、PCやスマートフォン用のセキュリティ対策ソフトを利用することもリスクを抑える手段となります。

ウイルス対策に特化したソフトは、一見すると情報の傍受や不正ログインとは無関係のようにも思えますが、暗号化されていないWi-Fi接続や、ホームページに対するアラート通知を受け取れるソフトがあります。接続する前に「気づく」ためにも活用することをオススメします。

フリーWi-Fiを利用する際はVPN接続を行う

「VPN」とは、「Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)」の略称で、仮想的にネットワークを利用して接続することで第三者が介入できない接続方法です。VPNソフト、アプリを利用して接続を行います。

万が一、会社の機密情報などにアクセスする必要がある場合に知っておくべき接続方法です。

参考:
無防備な無料のWi-Fiに迫るセキュリティの脅威 - マカフィーセキュリティニュース

まとめ

街中や飲食店、ホテル、公共施設などでフリーWi-Fiを利用できる機会が増えました。パスワード不要で利用できるフリーWi-Fiなど、その気軽さから何気なく利用してしまうことがあるでしょう。

しかし、通信傍受やWebサービスのアカウントへのなりすまりなど、様々な危険性があります。可能な限り、自身のモバイルWi-Fiを利用するなど、利用を控えることをオススメします。

また、万が一利用する場合、暗号化されていないホームページを閲覧しないようにし、機密情報や個人情報を取り扱うWebサービスへログインしないなどルールを設けます。手間こそかかりますが、VPN接続やセキュリティソフトを導入するなど、万全に対策をした上で利用しましょう。