ホームページの運営者であれば、できるだけ多くのユーザーにホームページを訪れ、コンテンツを閲覧してもらいたいものです。

せっかく良いコンテンツを用意しても、しっかりとインデックスできていなければ検索結果に表示されず、ユーザーがホームページを見付けることが困難になります。

そんな問題を解決するためにもサイトマップは重要です。HTMLサイトマップ、XMLサイトマップは、いずれもホームページの目次という役割を担います。特に、SEO面を考えると設置しておきたいのがXMLサイトマップです。

今回は、サイトマップの基礎知識と役割について詳しくご紹介します。

ホームページを担当する方であれば誰でも聞いたことがあるサイトマップという言葉ですが、「どのような役割を持っているの?」「HTMLサイトマップ、XMLサイトマップの違いとは?」という方も少なくないはずです。サイトマップについて知りたい方は、本記事を参考にしてみてください。
  

サイトマップとは?役割と、得られる効果

サイトマップとは?役割と、得られる効果.jpg
※画像引用元:pixabay.com

サイトマップには、HTMLサイトマップ、XMLサイトマップの2種類があります。どちらも”ホームページの構成を示した目次”の役目を果たしますが、それぞれ役割が異なります。

・ HTMLサイトマップ:ユーザー用
・ XMLサイトマップ:検索エンジン用

それでは、2種類のサイトマップの役割を詳しく説明します。
  

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、ユーザビリティ向上を目的として設置するものです。ホームページを訪れたユーザーが探しているコンテンツを見付けやすいように、コンテンツをリスト形式などで整理して表示します。

一般的には、カテゴリごとにリストわけして一覧表示し、各項目をクリックするとページリンクできるようになっています。そのため、ホームページで目的のページを探すことができなかったユーザーは、HTMLサイトマップの一覧からリンクをクリックすることでページへ移動することが可能です。

HTMLサイトマップがあることにより、ホームページの利便性を高めることができます。
  

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、検索エンジンGoogle、Yahoo!)に向けて設置するサイトマップです。ホームページ上のコンテンツに関する詳細情報を検索エンジンに知らせ、検索エンジンがホームページ内をクロールするのを助け・インデックスを早めます。

ホームページ検索エンジンに掲載してもらうには、クローラー(巡回ロボット)に各ページを巡回してもらい、インデックスしてもらわなければいけません。この時、リンクを辿って各ページを巡回しますが、新しくできたばかりで外部からのリンクがあまりないホームページや階層が複雑なホームページ、規模が大きく巡回が困難なホームページの場合クロールするのに時間がかかることがあります。

しかし、XMLサイトマップを提供することにより、素早く効率的にクロールしてもらい、検索結果への表示も早めることができます。