社内Wikiや非公開の日記など、ローカル環境でWordPressを使いたい、という場合があるでしょう。
そんなとき、XAMPPMAMPといった、ローカル環境でPHPが使える環境を構築し、そこにWordPressをインストールするというのが一般的です。
しかし、もっと簡単に、WordPressのローカル環境を構築できるとしたらどうでしょうか。

たった一度のインストールで複数のローカル環境を構築でき、PHPやSQLのバージョンも簡単に切り替えられるツールがあります。
それが、今回ご紹介する「Local」です。

Localを使えば、サーバーの知識があまりなくても簡単に利用し始めることができ、あっという間にWordPressのローカル環境が完成してしまいます。
今回は、WordPressのローカル環境を簡単に構築できる「Local」の概要や使い方をご紹介していきます。

ローカル環境とは?

computer.jpeg
画像引用元:pexels.com

ローカル環境とは、インターネットなどのネットワークで接続されていない、独立した環境という意味です。
よりシンプルに言ってしまえば、個人のコンピュータの内部は基本的にはローカルな環境ということになります。
つまり、あなたがコンピュータ上でワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトウェアを使ってファイルを操作するときは、ローカルで作業をしていることになります。

ローカル環境は、社内Wikiや非公開日記など、外部ネットワークからは閲覧できないような状態で閲覧・編集できるシステムを作るのにも便利ですし、開発者がサーバーにアップロードする前のテスト環境を構築するためにも使われます。

virtual.jpeg
画像引用元:pexels.com

WebサイトやSNSなどのWebアプリケーション・Webサービスを立ち上げる場合、いきなりサーバーにアップロードして、ブラウザ経由で誰もがアクセスできる前に、うまく作動するかどうかをテストしなければなりません。
個人用のコンピュータの多くはWindowsやmacOSが使われますが、サーバーの多くはLinuxというOSで作動しています。
そのため、Webの管理者はLinuxでのローカル開発環境を準備し、サーバーにアップロードするためのテストをWindowsやmacOSでも行えるようにする必要があるのです。

ここで登場するのが、XAMPPMAMPVirtualBoxVagrantといった仮想マシン作成ソフトです。
こうしたソフトウェアを利用することで、コンピュータに仮想マシンを作成でき、WindowsやmacOSを利用しているひとでも、同一コンピュータ内にLinuxで作動するコンピュータを持つことができるのです。
今回ご紹介するLocalは、その仮想マシン作成ソフトのひとつです。