毎日の業務の中で、単純作業の繰り返しは意外と多いものです。例えば、特定の差出人からのメールをGoogle Spreadsheetに転記する、メールに添付されたファイルをDropboxに格納する、Googleドライブにファイルをアップロードしたらメールで通知するなどのタスクを定期的に行っていませんか?

Zapierを使えば、750種類以上のサービスを組み合わせ、自分のオリジナルのアプリを作成できます。特定のトリガーに応じて発生するアクションを登録し、日々の作業を大幅に効率化できます。

目次

  1. Zapier(ザピエル)とは
    1. プラン
  2. 登録方法
  3. Zapier(ザピエル)の使い方
    1. Zapの作成
    2. トリガーの登録
    3. アクションの登録
    4. タスク履歴
  4. まとめ

Zapier(ザピエル)とは

Zapier_1TOP.png
https://zapier.com/

Zapierは、アメリカのタスク自動化ツールです。2012年のリリース時には25種類だった対象サービスは、2017年現在は750種類にまで拡大しています。

<Zapierの特徴>
・750種類以上のアプリを組み合わせ、自動化アプリを作成可能
・コードを記載する必要はなく、選択肢を選ぶだけで誰でも簡単に作成
・GmailやGoogle Spreadsheetなどの主要なWebサービスや、Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSを含む750種類以上のアプリ・ツール・サービスが対象
・基本は無料で、必要量に応じて選択できる豊富なプラン

Zapierを使えば、従来はエンジニアでなければできなかったような自動化設定を、誰でも簡単に作成できます。Google Apps・Twitter・Facebook・Dropbox・Slackなどを含む750種類以上のサービスが対象で、きっとお気に入りの組み合わせが見つかります。

プラン

プランごとに利用できる機能が異なります。アカウント登録後14日間はStarterプランを無料利用できます。

TEST Free Starter Professional Professional Plus Infrastructure
月額費用 $0 $20 $50 $125 $250
一度に保存可能なZap数 5 20 50 125 250
月間タスク数 100 1,000 3,000 10,000 50,000
プレミアムアプリ利用
マルチステップZap
オートリプレイタスク
Zap実行インターバル 15分ごと 15分ごと 5分ごと 5分ごと 5分ごと

登録方法

Zapier_2登録方法1.png
TOPページにて、氏名・メールアドレス・パスワードを入力し「Sign Up」ボタンをクリックします。

Zapier_2登録方法2.png
アカウントのログインが完了します。

Zapierの使い方

Zapの作成

Zapier_3使い方_1Zapの作成1.png
Zapierでは、サービス同士を組み合わせて作成したアプリを「Zap」と呼びます。ここでは例として、Gmailに届いたZapierからのメールをGoogle Speadsheetに転記するZapを作成します。新規Zapを作成するため「Zaps」をクリックします。

Zapier_3使い方_1Zapの作成2.png
ページ上部の「MAKE A ZAP!」ボタン、あるいはZap一覧の中の「Make a New Zap」ボタンをクリックします。

トリガーの登録

Zapier_3使い方_2トリガーの登録01.png
Zapは、トリガーとアクションで構成されます。トリガーが引き金となり、アクションが発生します。トリガーを先に登録します。検索窓に「gmail」と入力し、インスタント検索の選択肢として表示される「Gmail」を選択します。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録02.png
Zapierからのメールには、Gmail上であらかじめラベルを付けておきます。「New Labeled Email」を選択し「Save + Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録03.png
GmailアプリGoogleアカウントを紐付けるため「Connect an Account」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録04.png
Googleアカウントに登録済みのメールアドレスまたは電話番号を入力し「次へ」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録05.png
パスワードを入力し「次」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録06.png
「許可」ボタンをクリックし、Zapierのアクセスを許可します。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録07.png
「Close and continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録08.png
接続したGmailアカウントが表示されていることを確認し「Save + Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録09.png
プルダウンから任意のラベルを選択し「Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録10.png
設定した内容で取得テストを行うため「Fetch & Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_2トリガーの登録11.png
「Test Successful!」というメッセージが表示されれば成功です。「Continue」ボタンをクリックします。

アクションの登録

Zapier_3使い方_3アクションの登録01.png
次はアクションを登録します。検索窓に「google」と入力し、インスタント検索の選択肢として表示される「Google Sheets」を選択します。

Zapier_3使い方_3アクションの登録02.png
「Create Shreadsheet Row」を選択し「Save + Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録03.png
Google SpreadsheetアプリGoogleアカウントを紐付けるため「Connect an Account」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録04.png
「許可」ボタンをクリックし、Zapierのアクセスを許可します。

Zapier_3使い方_3アクションの登録05.png
「Close and continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録06.png
接続したGoogle Spreadsheetアカウントが表示されていることを確認し「Save + Continue」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録07.png
あらかじめ転記先のGoogle Spreadsheetを作成し、見出し行を入力します。転記したい列に文字が入力してあれば、見出し行の内容に指定はありません。

Zapier_3使い方_3アクションの登録08.png
プルダウンから任意のSpreadsheet名とWorksheet名を選択すると、記入済みの見出しの内容も転記されます。入力した内容が表示されていなければ「Refresh Fields」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録09.png
Spreadsheetの各列に転記したいGmailの項目を選択します。例として「Date」を選択します。

Zapier_3使い方_3アクションの登録10.png
全て入力し終わったら「Continue」をクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録11.png
トリガーとアクションのテスト内容が表示されます。「Create & Continue」をクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録12.png
「Test Successful!」というメッセージが表示されれば、成功です。

Zapier_3使い方_3アクションの登録13.png
シートの2行目に、正しく転記されていることを確認します。

Zapier_3使い方_3アクションの登録14.png
「Finish」ボタンをクリックします。

Zapier_3使い方_3アクションの登録15.png
Zapの名前を入力し、ボタンを切り替えてONにします。トライアル期間は5分おき、Freeプランでは15分おきにZapが実行されます。

Zapier_3使い方_3アクションの登録16.png
アクションの+(プラス)マークをクリックし、1つのトリガーによって発生するアクションを複数登録することも可能です。

タスク履歴

Zapier_3使い方_4タスク履歴1.png
「Task History」をクリックすると、実行されたタスクの一覧が表示されます。そのうちの1つをクリックします。

Zapier_3使い方_4タスク履歴2.png
タスクの詳細内容が表示されます。

まとめ

Zapierは、Google Apps・Twitter・Facebook・Dropbox・Slackなどの人気サービスを含む750種類以上のサービスを誰でも簡単に組み合わせられるタスク自動化ツールです。人気のZapとしては以下のような例があり、使い道は無数です。

・Gmailの添付ファイルをDropboxに自動アップロード
・Mailchimpの購読者をGoogle Spreadsheetに転記
・Google Spreadsheetの内容をTrelloに自動アップロード
・RSSの更新情報を、Facebook・Twitter・Instagramに投稿
・Googleフォームの投稿をSlackで通知

有料プランなら、Salesforce・AWS・各種データベースなどもZapとして利用可能な対象サービスに含まれ、さらに高度な自動化を実現できます。

アプリ開発に役立つツールを見てみる

アプリ作成ならこれ!誰でも手軽に使えるオススメの開発ツール6選

アプリ作成ならこれ!誰でも手軽に使えるオススメの開発ツール6選

今回は、プログラミングなどの専門知識いらずでも高性能なアプリ作成が可能な、アプリ開発ツール6選をご紹介します。 自社の業務形態に合わせたツールの選択に、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

アプリ開発で驚くほど簡単にモックアップが作成できるツール11選

アプリ開発で驚くほど簡単にモックアップが作成できるツール11選

デザイン設計で重要なモックアップは、ツールを使えばサクッと作ることができます。 今回は、数あるモックアップ作成ツールの中からモバイル向けに使える11個をピックアップしてご紹介します。