GoogleはWebサービスからアプリ、プロダクトに至るまで、様々なものを世の中に送り出しています。その中でユーザーやチームメンバーの声を集約するのに一役買ってくれるサービスの1つがGoogleフォームです。

フォームHTMLの知識だけではなく、サーバー側の知識も必要になるため、初心者がフォームを作成するのは敷居の高いものでした。しかし、Googleフォームを使うことで、誰でも簡単に高度なフォームを作成することが可能です。

しかも、Googleフォームは非常に汎用性が高くカスタマイズできる余地が存分に残されているため、基本的な使い方だけでなく、応用テクニックを知っておくと便利な場面もすぐにやってくるはずです。

そこで今回は、Googleフォームが便利になる「知っておきたい」アドバンステクニック5選をご紹介します。どれも便利で、使い方を覚えれば簡単に操作できるものばかりです。ここで、仕事で差が付くアドバンステクニックを押さえておきましょう。
  

1. テストを作成する

Googleフォームはアンケート機能だけではなく、正解を設定してテストを作成することができます。授業や新人研修などを担当している場合には、Googleフォームを利用したテストを実施することで、学習者がどの程度内容を理解しているかを確認することが可能です。

それでは、手順を確認していきましょう。
  

Step1. 設定で「テストにする」を有効化

スライド01.png
Googleフォームで送信ボタンの左側にある歯車アイコンの「設定」をクリックし、「テスト」タブでテストにするを有効化します。
  

Step2. オプションを設定

スライド02.png
オプションには、成績の表示回答者が表示できる項目を設定可能です。成績の表示で「送信直後」を選択すると、テスト結果は自動的に問題作成者に送信されます。一方、「確認後に手動で表示する」を選択した場合は、テストの回答者が問題作成者に回答を送るかを選択できるようになります。

回答者が表示できる項目では、回答後に正解・不正解や全体の合計点数を表示するかどうか、決めることができます。
  

Step3. テストの問題を作成

スライド03.png
続いて、テストの問題文を作成します。テスト問題は、通常のGoogleフォームの利用方法と同じで、「記述式」「ラジオボタン」などのコンポーネントを決めて、選択式の場合には選択肢を用意します。
  

Step4. 正解を追加して点数を設定する

スライド04.png
Googleフォームのテスト機能をオンにしている場合は、各設問の下に解答集を作成というリンクが出てくるのでクリックします。記述式やチェックボックスの場合、複数の回答を設定することができますが、ラジオボタンの場合は正解を1つ選択します。

右上には点数を設定する欄があるので、正の整数で点数を入力します。
  

Step5. 回答へのフィードバックを追加

スライド05.png
この問題が「正解」だった場合と「不正解」だった場合に、それぞれ別のメッセージ(フィードバック)を表示することが可能です。フィードバックは正解の設定画面にある「回答に対するフィードバックを追加」のリンクをクリックすることで設定できます。
  

Step6. 送信

スライド06.png
上部の「送信」をクリックすることで、テストの作成を完了することができます。テストはメールやURLリンク形式で配布できるほか、HTMLWebサイトにコピーすることも可能です。
  

FAQ:テストの回答を確認するには?

フォームでテストを開き、上部の「回答」をクリックすると、全体の集計が確認できます。回答を個別で確認するには、「個別」をクリックします。