自社アプリを作ってみたものの、その "成長度合い" を図る上で重要な要素というのは何なのでしょうか。

 ・クリエイターが練るアプリのアイデアでしょうか?
 ・優秀な技術者のアイデアを形にする技術力でしょうか?
 ・敏腕セールスによる販売力でしょうか?

もちろん、これらは全て正解です。ただし、マーケティングという観点で考えると、もう1つ重要な要素があります。アプリを成長させる上で重要な指標を読み解き、市場開拓やグロースへに向けた一手を打てる「数字・指標を読み解く力」です。

そこで今回は、アプリマーケティングで極めて重要かつ頻出の指標「アクティブユーザー」と、関連する指標「アクティブ率」について解説します。

これからアプリを企画・開発する方も、現在アプリをお持ちの方も「●●指標の▲▲部分だけは押さえておきたい」というポイントをわかりやすくご紹介しますので、ぜひ一読ください。
  

アプリの実力はインストールだけではわからない?

アプリの本当の実力はどの指標で判断する?アプリマーケティングの重要指標を解説_001.jpg

アプリストアなどで「●●万ダウンロード(インストール)突破!」といった宣伝文句をよく目にします。

こちらは "アプリマーケティング" の視点でいうと、多くのユーザーがそのアプリを認知して利用しようと動いた=行動への橋渡しをしたという意味を持ち、意義がある数字です。

しかし、インストール(数)だけを追いかけているのでは、アプリの成長は見込めません。
  

インストール=アプリを使っているではない!

アプリの本当の実力はどの指標で判断する?アプリマーケティングの重要指標を解説_003.jpg

先述で触れたように、インストール(数)だけを気にしているようでは、成長ばかりか、アプリ人気が下火になっても気付かないかもしれません。それは一体なぜなのでしょうか。

売上拡大とインストール(数)が必ずしもイコールでつながらないのがアプリマーケテイングの世界です。

インストール数の増加には、あるカラクリがあります。例えば、アプリのTVCMの展開やダウンロードしたユーザーインセンティブのあるキャンペーンアプリの値段を半額にする、ゲームで使えるアイテムをプレゼントするなど)といった宣伝・広告費の投入で、インストールは大きく増やすことができます。

つまり、インストールはユーザーの本当の人気の実態を反映しているのではなく、人気に加え、広告や宣伝、PRなどにお金をかけることで、一定程度まで伸ばすことができるのです。

しかし、特にソーシャルゲームなどの課金型のビジネスモデルを採用するアプリの場合、いくらインストールを伸ばすことができたとしても、その後にアンインストールしたり、そのまま使われずに休眠するなどで利用が継続しなければ、アプリの成長は望めません。

そこで、アプリの実力を適切に把握しながら成長曲線を描くために重要になってくる指標が「アクティブユーザー」です。