IllustratorやPhotoshopなどのAdobe製品は、プロのデザイナーが標準的な画像加工ソフトとして活用するほど一般的です。しかし、たくさんの機能があるので、初心者の方がAdobe製品を開くと、何から手をつけていいのか分からなくなってしまいます。

そこで活用できるのが、「Udemy」というプラットフォームです。Udemyを使えば、週末や仕事のあとなど、空き時間を有効活用しながらスキルアップを目指すことができます

今回は、さまざまな講座の中から、Adobe製品でデザインを学びたい人のためのUdemyおすすめ講座8選を紹介します。数時間で初心者から中級・上級まで一気にステップアップできるので、自分の難易度に合わせたぴったりの講座を見つけてみましょう。

Adobe製品でデザインを学びたい人のためのUdemyおすすめ講座8選

1. Photoshopマスターコース

1.png

Photoshopマスターコースは、13のセクション・98本のビデオレクチャーでAdobe Photoshop CCを隅から隅まで使いこなせるようになる講座です。

練習用のPhotoshopのpsdファイルが配布されており、選択範囲を正確に囲ったり、レイヤー機能を駆使して合成の練習ができます。

Photoshop関連の本はたくさん販売されていますが、実際にやり方をビデオで学ぶ方があっという間に学べます。マスクや複雑なレイヤー操作なども、なぜこのような操作をするのか丁寧に解説されており、初心者でも十分上級レベルまで到達することができるでしょう。

2. Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてを学べる講座

2.png

Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてを学べる講座は、Adobe Illustrator CCを基礎から学べるコースです。
IllustratorはWebやDTP(デスクトップパブリッシング)など、さまざまなデザイン現場で活用されていますが、我流で学び続けるといつまでも初心者レベルを抜け出すことができません。

このコースでは、さまざまな作品を実際に作りながらIllustratorのテクニックを基本から学ぶことができます。14本のビデオを合計13時間のビデオで解説しており、視聴後は単なるイラスト描画ツールではなく、非常にパワフルな表現ができる本格的なデザインツールとして活用することができるでしょう。

3. 【1日完結】Adobe Muse入門

3.png

【1日完結】Adobe Muse入門は、HTMLCSSなどのコーディングの知識がなくても気軽にホームページを作ることができるAdobe Muse CCの操作を学ぶことができるコースです。

Adobe Muse CCを使えば、まるでPowerPointを操作するように、簡単にホームページレイアウトを作成することができます。GoogleマップやYouTube動画、SNSボタンの埋め込みなども解説されているので、タイトルにあるように1日でクールなホームページが作れるようになります。

お店や趣味のWebサイトを作りたい、副業や起業でホームページが欲しい、という方にオススメです。

4. 誰でもわかる!これから始める Adobe Dreamweaver CC

4.png

誰でもわかる!これから始める Adobe Dreamweaver CCは、HTMLCSSを自由に操作しながら、ビジュアルを確認してデザインできるWeb制作用ソフトAdobe Dreamweaver CCを基本からマスターできる講座です。

基本的なマークアップの方法から、画像やリンクの設定方法まで、さまざまなことが学習できます。また、昨今の環境に合わせて、様々な大きさの端末に対応したレスポンシブなデザインにも対応しています。

講義で扱ったものと同じファイルをダウンロードできるので、自分のパソコンで復習できます。

5. Adobe Premiere Pro CC の使い方 & 動画編集・完全ガイド

5.png

Adobe Premiere Pro CC の使い方 & 動画編集・完全ガイドは、Adobeの本格派画像編集ソフトAdobe Premiere Pro CCを使って、動画編集のポイントを学ぶことができます。

Premiere ProはAdobe製品の中でも、機能が多くて難しいソフトウェアだと思われがちです。しかし、基本的な操作方法を学ぶことができれば、クリエイティブな作品を作ることもできます。ソースモニターの使い方を、達人の動画編集プロセスを真似ながら学習することができます。

また、Adobe Media EncoderやAdobe Dynamic Linkといった他の便利ツールとの連携で、複数の動画を同時に書き出したり、ノイズリダクションを行ったりするテクニックも学べます。講義は次々と追加されていくので、YouTube動画を作りたい方、企業研修用に動画を作りたい方など、動画編集に興味のある方は必見です。

6. 出版業界へのパスポート Adobe InDesign を使いこなそう

6.png

出版業界へのパスポート Adobe InDesign を使いこなそうは、Adobe InDesignを初めから丁寧に学び、プロのようなハイクオリティのページ編集ができるようになる講座です。AmazonのKindleやiPadなどの電子書籍を自分で作りたい人にもおすすめの講座です。

小説や文庫本のような縦組みの書籍、雑誌のような横組みで写真を豊富に使ったデザインページまで、さまざまな印刷物を実際に手を動かしながら作成していきます。InDesignはもともと出版業界での使用が中心となって作られたソフトですが、一般の方でも理解できるように専門用語も解説されています。

7. Adobe Character Animator ビギナークラス

7.png

Adobe Character Animator ビギナークラスは、自分だけのキャラクターアニメーションを作ることができるコースです。

Adobe Character AnimatorはAdobe製品の中でも使用している人は多くはありませんが、非常に画期的なソフトウェアです。PCカメラに向かって演技をつけることで、目の前のアバターが高度な動きを再現してくれます。YouTubeでも、顔出しせずにアバターを登場させることもできます。

アメリカが生んだ世界的アニメーション「シンプソンズ」も、Character Animatorで作成されました。Illustratorの知識があればなおよいですが、初心者でも理解できるような講義構成になっています。

8. 誰でもかんたんに学べるAdobe XD入門講座

8.png

誰でもかんたんに学べるAdobe XD入門講座は、正式版としてリリースされ注目を集めているAdobe XD (Experience Design)を使って、デザインのプロトタイピングを気軽に行うことができるコースです。

昨今、UX/UIデザインの重要性が高まっていますが、快適なUX/UI設計を行うためには、なるべくリアルな動きで確認する必要があります。Adobe XDでは、アプリケーションの動的なデザインを行えるツールとして、注目を集めています。

この講座では、ケーススタディが収録されており、実例を通じて使い方を学ぶこともできます。ワイヤーフレーム・デザインカンプなど、専門用語も解説されているので、デザイナーの方はぜひこの講座を使って学んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

書籍を見ても分からないし、スクールに行く時間もない…そんなときに役立つのが、「Udemy」です。

パソコンだけでなくスマートフォンでも閲覧できるので、Adobe製品の難しそうなインターフェイスでも、画面を見ながら実際に手も動かして学習することができます。Adobe製品を使いこなせるようになったら、仕事の幅も広がるかもしれません。

さまざまなソフトウェアがあるので、自分のニーズに合うものを、通勤時間なども活用してみましょう。