「Anchor」の使い方

それでは、「Anchor」を使って、自分の番組を作ってみましょう。iOSアプリのほか、Google PlayストアからもAndroid向けのアプリが配信されています。自分のスマートフォンのOSに合わせて、あらかじめAnchorをインストールしてください。

App store
Google play

1. プロフィールを設定しよう

番組を作る前に、まずは配信者のプロフィールを設定しておきましょう。

スライド1.png

Anchorを起動したら、「Profile」タブを開き、写真や名前、説明文などを入力します。

「Your custom URL」の欄にはランダムな文字列が並んでいますが、任意の文字列に書き換えられます。このURLにアクセスすることで誰でもPodcastを聴けるようになるので、わかりやすいURLにしておきましょう。

スライド2.png

このように、プロフィールが作成されます。

2. 番組を収録しよう

続いて、番組を収録していきましょう。

スライド3.png

真ん中の「Record」のタブを開くと、このような画面が登場します。

まずは下に並んでいる5つのアイコンを見てみましょう。

緑のボタンは「Voice Messages」(ボイスメッセージ)タブです。番組を配信して、リスナーからボイスメッセージをもらうことができます。ボイスメッセージは、番組にマッシュアップできます。

紫のボタンは「Record with friends」(友達と収録)タブです。連絡先を元に同じ番組に接続することで、最大10人まで収録に加わることができます。

青のボタンは「Music」(音楽)タブです。「Apple Music」または「Spotify Premium」に加入していれば、接続して最近再生した曲などから挿入曲として利用できます。著作権に気をつけて楽曲を選びましょう。

桃色のボタンは「Transitions」(場面遷移)タブです。数秒の効果音や10秒程度の音を中心に、短めの音を差し込めます。

赤色のボタンは「Record」(録音)ボタンです。ホールド(長押し)することで録音され、話すと途中で止めることができます。

スライド4.png

タップして収録したあとは、しゃべっている間のBGMを約20種類の音楽の中から選べます。

これらの機能を組み合わせて、番組を編集してみましょう。各カードの再生ボタンを押すと、プレビュー再生が可能です。拍手ボタンを押すと、背景音で「拍手」が「パチパチパチ」と流れ、録音されます。

収録の他にもすでに配信したい動画ファイルを持っている場合、その動画をアップロードできるので、その方法も押さえていきましょう。

3.動画ファイルをアップロード

アップロードできる動画ファイルは以下のとおりです。

  • mp3
  • m4a
  • wav
  • mpg
  • mp4
  • mov

また、以下のようなビデオチャットで録画した動画もAnchorniアップロードすることで音声に自動変換して配信することができます。

  • Zoom
  • Google Meet
  • Instagram live
  • Skype
  • FaceTime
  • Twitch

4. 構成を整えて世界中に配信しよう

スライド5.png

収録や挿入曲などを一通り入れ込んだら、順番などを並べ替えます。左上にある鉛筆アイコンをクリックして、「Edit this episode」をクリックします。

スライド6.png

「Segment」欄の鉛筆マークをクリックすると、各パーツを並べ替えたり、削除したりできます。一通り構成をととのえたら、「Done」をタップします。

続いて、その上の「About this episode」欄の鉛筆マークをクリックして、エピソードに関する簡潔な要約を記述します。

スライド7.png

また、タイトルやアートワークなども変更可能です。その下の「Listen」ボタンを押すと全体的なエピソードの視聴ができます。

エピソードが完成したら、編集画面の「Publish」(公開)ボタンを押すと公開確認画面に進みます。

トグルボタンをオンにしておくと、AppleのPodcastアプリGoogle Play Musicアプリなどにもエピソードを配信できます。設定を確認したら「Publish this episode」(このエピソードを公開する)ボタンをクリックしましょう。

podcast.png

設定したURLにアクセスすると、このようにエピソード配信されていることが分かります。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで拡散して、より多くの人に番組を聴いてもらいましょう。