SimilarWeb(シミラーウェブ)とは、イスラエルで立ち上がった新進気鋭のホームページサービスです。このホームページを使いますと、競合他社のホームページのアクセス数などがわかります。その数字は、統計的な推測値ですが、ある程度の近似値が得られるという認知が広がっています。

◇SimilarWebとは

SimilarWebとは、ホームページのアクセス数などを調べるホームページです。世界中に張り巡らせたホームページの計測プログラムアプリ、無料ソフトなど、多くのネットワーク資産から、統計的に処理された推測値として考えうる基礎データを視覚化してくれるサービスです。

SimilarWeb

その精度は、もちろん100%完全にわかるものではありません。しかし、競合他社のある程度の傾向がつかめるなど、世界中から注目を集めています。同様のサービスとして米Amazonが運営しますAlexaというホームページがあります。

◇SimilarWebの使い方

SimilarWebにアクセスします。調べたいホームページのアドレスを入力し、虫眼鏡ボタンをクリックします。すると、訪問数(アクセス数)、ページビュー数、平均ページビュー数、平均滞在時間など、基本的なデータが表示されます。

表示結果画面をスクロールさせますと、どこからユーザーは訪問してきたのか、ユーザーは他にどのようなホームページを見ているのか?どのような広告キーワードから来たのか、など一般的なアクセス分析サービスと同様の結果が、すぐにわかります。

一方である程度のアクセス数がないと、そもそも表示がされません。知名度のあるホームページのみ使うと良いでしょう。

◇用語の使い方

「シミラーウェブでうちのホームページ見ると結構違ってるよな」
(あくまで推測値なので、Googleアナリティクスのデータとは当然異なります。)

「競合にもシミラーウェブを見られてるのだから、それを超える施策をしないとな!」
(競合を調べられるということは相手も同様です。ですので、こういったサービスが充実していけばいくほど、商品力や提案など具体的なプロダクトの強さが出る時代、と言えましょう。)

「競合サイトを調べるときにシミラーウェブって便利だよね」
(シミラーウェブはhttp://~ではじまるアドレスを入力し虫眼鏡マークをクリックする簡単さ)