混同しやすい定義

Googleアナリティクスの指標は複数あり、セッションと混同してしまう方も多いでしょう。それぞれの違いをしっかりと把握しておきましょう。

ページビュー(PV)
ページビューは、ページ毎に閲覧された回数を計測しています。セッションはサイトに流入してから離脱するまでであるのに対し、ページビューは1ページ読み込まれる毎にカウントされます。

そのため、1回の訪問で5ページ閲覧した後離脱した場合には、1セッションと5ページビューです。また、1回のセッションに対して何ページ閲覧されたを「ページ/セッション」として計測されます。これによってサイト内の回遊率などを分析することが可能です。

ページ訪問数
ページビューに似た指標にページ訪問数があります。ページ訪問数セッションを基準にカウントするので、混同しやすく注意が必要です。

特定のページに対し何回読み込まれたかではなく、特定のページを閲覧したセッションが何回あったかを示すのがページ訪問数です。

1回のセッションの中で何度も同じページを見た場合ページビュー数は増えていきますが、同一セッションの間はページ訪問数は1しかカウントされないことになります。

ユーザー
ユーザーはサイトに訪問した人の人数です。ブラウザ(Cookie)ごとに訪問したユーザーの人数ですので、同一人物が何回も流入してもカウントは1になります。

セッションの持続時間の設定

デフォルトの設定ではセッションは30分で切れてしまいますが、この時間は変更が可能です。

通常のサイトであれば30分の設定で問題ありませんが、動画ページなど長時間に渡り操作をしないようなサイトの場合、1時間の動画を見ている間に3セッション目に突入していしまいます。

自分のサイトをユーザーがどのように使うかを考え、変更が必要な場合は最適な時間に合わせましょう。最短で1分、最長で4時間まで設定できます。
時間の変更は以下の方法で設定可能です。
セッション時間設定.png
左側のメニューから「管理」(歯車のアイコン)をクリックします。
「プロパティ設定」の中から「トラッキング情報」をクリックします。
セッション設定」をクリックします。
セッションのタイムアウト」のエリアにて時間を設定します。
タイムアウトの時間を設定し「適用」ボタンをクリックすれば完了です。

まとめ

訪問した人の流入後の行動を分析する上で、セッションの定義を把握していなくては、データの意味自体を理解することができません。また、集客チャネルを分析する上でも、参照元のデータはセッションに基づきます。

セッションの意味を今一度しっかりと見直して、Googleアナリティクスをマスターする基礎にしていきましょう。