こんにちは、株式会社ブレインパッドでソーシャルメディア分析を担当している福江です。

突然ですが、Instagramが発表した「2017年に日本で最も人気があったInstagramのハッシュタグ」は何かご存知でしょうか。この記事のタイトルを見ればお分かりかもしれませんが、「#猫 / #ねこ」でした。

昔からインターネット上には猫の画像の投稿が多い印象ですが、体感としてだけでなくデータとしても「猫画像が多い」ことは証明されています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そこで今回は、前回の記事でご紹介した画像解析の技術を使って直近1年間でTwitterとInstagramに投稿された猫画像5,000万枚を分析してみます。

参考:
Instagramで振り返る、2017年のハイライト|Facebookニュースルーム

TwitterとInstagramのハッシュタグランキングを比較

現在SNS全体で毎日30億以上の写真がシェアされており、そのうち推定で85%の画像には、それらを説明する文章(テキスト)が無いと言われています。

今回の分析の肝となるのは、「#猫」、「#ねこ」といったハッシュタグやキーワードのようなテキスト解析ではなく「猫が写っている画像」をディープラーニングの技術を使って認識し、画像を分析している点です。

そのためハッシュタグなどに猫に関する記載がない投稿も今回の分析対象となります。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

分析条件は以下の表の通りです。

image1.png

まずは皆さんが猫画像にどんなハッシュタグをつけて投稿しているのか、TwitterとInstagramそれぞれで比較してみます。

image3.png

こうして比較してみると、TwitterとInstagramでは使われるハッシュタグが大きく違うことがわかります。

Twitterでは「#迷い猫」、「#里親募集」、「#保護猫」など、猫や飼い主を探しているハッシュタグが上位に多くランクインしていますが、Instagramでは1つもランクインしていません。

Instagramの上位ハッシュタグには「#catstagram」、「#にゃんすたぐらむ」、「#instacat」など、猫とInstagramを掛け合わせた造語が多くランクインしています。

Twitterが情報拡散やリアルタイム性を重視しているのに対して、Instagramは世界観や趣味の繋がりを重視しており、各SNSの特長の違いを如実に表す結果となっています。