SaaS」という言葉を知っていますか?聞いたことがあるけど、実は何を指しているのかよくわからないという方も中にはいるかもしれません。

この記事では、SaaSの概要やメリット、SaaSによって実現できること、有名なツールについて紹介します。

SaaS(サース、サーズ)とは?

SaaSとは「Software as a Service」の略であり、「サービスとしてのソフトウェア」を意味します。日本では「サース」、もしくは「サーズ」と呼ばれるのが一般的です。

ここで言うサービスとは「クラウドサービス」を意味します。つまり、SaaSインターネット経由で提供されるソフトウェアということです。
ソフトウェアを提供している側は「サーバー」、利用している側を「クライアント」として区別しています。

クラウドサービスが今日のように普及する前、ソフトウェアはCD-ROMやDVD-ROMなどのパッケージで提供されていました。ですがSaaSを利用する場合、こうしたパッケージはありません。ソフトウェアはサーバー側からデータとして提供されています。

インターネットにアクセスできる環境があれば、クライアントは任意のタイミングでソフトウェアを利用可能です。多くの場合、端末にソフトウェアがインストールされている必要はありません(一部のSaaSでは、端末にインストールしたクライアントアプリを利用します)。

ユーザーがソフトウェアを所持しない」という特徴から、SaaSはソフトウェアの提供形態を大きく変化させました。SaaSが登場したことにより、ソフトウェアは「購入するもの」から「利用するもの」に変化したと言われています。

SaaS(サース、サーズ)でできること

SaaSはクラウド経由で提供されるという特徴から、それまでのパッケージ型ソフトウェアではできなかったことを実現しました。

SaaSを使うと具体的にどのようなことができるのかを紹介します。

異なるデバイスでのソフトウェア使用

SaaSは基本的に、インターネットに接続すれば利用できます。ソフトウェアはクライアントが所持しているアカウントごとに提供されているため、アクセスする端末を問いません。普段使用しているパソコンと違うパソコンからソフトウェアを利用することも可能です。

オフィスや自宅ではデスクトップPCで、外出先ではノートPCで利用することもできます。このように利用するデバイスが違っても、利用しているのはサーバーから提供されている「同じソフトウェア」です。保存されているデータや使用感に違いはありません。

さらに、サービスが対応していればパソコンとスマートフォン、タブレット、WindowsとMacOSなどデバイスの種類やOSをまたいだソフトウェア利用もできます。タブレットで作業デスクトップしたのちPCで作業を継続……といった使い方も可能です。

遠隔でのアクセス

SaaSはサーバーがインターネット経由で提供しているため、そもそもが「遠隔で利用するサービス」とも言えます。つまり、インターネットさえあればユーザーの場所は問わないということです。利用場所はオフィスや自宅に限定されていません。

ビジネスシーンでは、このSaaSの特徴が従業員の働き方を大きく変化させつつまります。今まで、仕事はソフトウェアが入っているパソコンでしかできなかったので必ずオフィスへの出勤が必要だった人が、アカウントさえ知っていれば自宅のパソコンや外出先に持参したノートパソコンで手軽にリモートワークができるようになりました。

このような背景もあり、SaaSを導入して、従業員にリモートワークを許可している企業もあるようです。

複数人での同時作業

ドキュメント編集機能とストレージ機能が搭載されているSaaSでは、複数人で同じデータの共有が可能です。しかも「単に保存先が同じというだけ」というのではなく、一人のユーザーによる編集が即座に他のユーザーのデータにも反映されるグループワークに適した仕様です。

これにより、一つのファイルを複数人で共有し、同時編集ができるようになります。スケジュールの問題からメンバーの集合が難しい場合も、アイデアを出し合えるでしょう。

パッケージ型のソフトウェアでもファイルを送信して編集してもらった後に送り返してもらうことで共同編集は可能ですが、「同時作業」とは言えません。限りなくタイムラグのない同時作業ができるのは、クラウド経由で利用するSaaSならではのポイントです。