あらゆる情報を手軽に保存できるツールとして、知らない人はいないのではというくらいメジャーになった「Evernote(エバーノート)」。

しかし、実際にダウンロードしてみたものの、結局使いこなせていない……という方も少なくないのではないでしょうか。

Evernoteは、様々な場所、デバイスからアクセスし、テキスト・画像を保管できます。そのほかにも様々な使い方ができる万能なツールです。ビジネスマンの日々の業務に役立つ使い方も多く、アイデア次第で業務効率を一気にアップすることが可能です。

そこで今回は、ビジネス向けのものを中心にEvernoteの便利機能を30個まとめてご紹介します。

新たな環境で挑戦し続ける方、これまで以上に成長したいと考えている方に最適のツールです。ぜひ、この記事を参考にしていただき、Evernoteを活用してみてください。
  

ビジネスに活用したい "Evernote" 便利機能まとめ

1. 複数デバイスで活用

複数デバイスで活用.png
仕事を効率的にしたい人のためのEvernote活用術10選|impro
  
会社のPCで作成したノートの続きを帰りの電車でスマートフォンから編集したい、インターネットカフェでEvernoteにアクセスしたくなった、という経験はないでしょうか。

Evernoteは複数デバイスに対応していますので、スマートフォンアプリ、PCアプリ、ブラウザからも接続でき、あらゆるシーンで使うことができます。

アプリをPCにインストールしていない場合でもブラウザからログインすれば使うことができますので、覚えておきましょう。
  

2. タグ・ノートブックを使ってプロジェクト別にノートを分類

タグ・ノートブックを使ってプロジェクト別にノートを分類.png
基礎シリーズ: タグとノートブックの違い|Evernote日本語版ブログ
  
Evernoteでは、タグ機能を使ってノートを整理することができます。ちなみに、タグとはノートにキーワードを設定しノート同士を関連付けてまとめる方法です。

例えば「重要度」でわけたり、「作業担当者」ごとにわけるなど、アイデア次第で様々なタグの作り方があります。活用方法は人それぞれですので、色々な使い方を試してみるといいでしょう。
  

3. お気に入りノートをショートカットに追加

お気に入りノートをショートカットに追加
よく使うノート、ノートブック、検索条件をショートカットに登録する方法|Evernote日本語版ブログ
  
Evernoteにたくさんノートを作っても、実際によく使うノートはごく一部になってしまう方も少なくありません。いつも使うノートをすぐ探せるように、お気に入りのノートはショートカットに追加しておくと便利です。

またノートだけではなく、ノートブック、ノートブックスタック、タグ、検索条件へのショートカットも作れます。Evernoteに使い慣れてきてよく使うコンテンツが出て来たら、活用してみてください。
  

4. メンバーと共有、コラボレーション

メンバーと共有、コラボレーション.png
Evernote ノートを共有する| Evernote日本語版ブログ
  
共同で作業を行うメンバーと資料を共有しておくと、メールを送らずともすぐにアイデアを伝えることができて便利です。共有はノートまたはノートブック単位で可能となっています。

また、会社内・チーム内での共有を目的としたEvernote Businessというサービスもあります。有料ではありますが、Evernote Businessなら共有しているユーザーの誰もがアクセスできるノートブックが作れるほか、共同作業に役立つ機能が使えます。
  

5. リンクで関連情報をすっきり整理

リンクで関連情報をすっきり整理.png
Evernoteのノートを「ノートリンク」で関連付けるには|できるネット
  
Evernoteでは、ホームページと同じような感覚でリンクを設定することができます。リンクを活用することで、関連性のある情報をリンクでまとめたり、Wikipediaのようにまとまりを作ることもできます。

リンクを作りたい時は、リンク元となるノートを右クリックします。続いて、ノートリンクをコピーをクリックし、あとはリンクを貼付けたい場所で[貼り付け]をクリックするだけです。
  

6. 高度な検索を使いこなす

高度な検索を使いこなす
Evernote の高度な検索構文の使い方|Evernote ヘルプ&参考情報
  
ノートが溜まってくると探したいノートを見つけるのが段々困難になってきますが、Evernoteの検索機能を使えば目的のノートを楽に探し出せます。

検索演算子には題名内の検索をする「intitle:」、検索語句のいずれかを含むノートを検索する「any:」といったものがあります。高度な検索機能を活用することで、ノートに含むファイルの種類、ノートを作成した日といった条件を指定して検索できます。
  

7. Googleドライブと連携

Googleドライブと連携.png
Google ドライブ連携の使い方|Evernote日本語版ブログ
  
Googleドライブを利用している方は、連携してEvernoteからドライブファイルにアクセスすることができます。

初めて使う際には連携のためのセットアップが必要となりますが、一度連携しておくとEvernote、Googleドライブの活用がより便利になります。両サービスを使っている方はぜひ連携機能を試してみてください。
  

8. ドラッグ&ドロップで手早くノートを作成

ドラッグ&ドロップで手早くノートを作成
Evernote のこんな機能、知ってますか?(その 2) - Evernote日本語版ブログ
  
Evernote for Macで新しいノートを作ろうと思ったら、まずEvernoteを開いてノートを作成して……という手順で作るのが一般的ですが、実はドラッグ&ドロップだけで瞬時にノートを作ることができます。

やり方は簡単で、Evernoteのアイコンにノートを作成したいファイルをドラッグ&ドロップするだけです。
  

9. Evernote Helper

Evernote Helper
Evernote Helper を使ってメモやスクリーンショットを素早く記録する方法|Evernote ヘルプ&参考情報
  
Evernote Helperは、Evernote for Mac と Evernote for Windowsについているアプリです。Evernote Helperを活用すると、Evernoteアプリが起動していない時でも、サクッとメモやスクリーンショットが記録できます。また、MacのEvernote Helperでは音声録音も可能です。
  

10. テキストエディター、ワープロとして使う

テキストエディター、ワープロとして使う.png
原稿や論文を書くためにもEvernoteは使える?|できるネット

論文、原稿を書きたいという時には、Evernoteをテキストエディター、ワープロ感覚で使ってみてはいかがでしょうか。

Evernoteには、執筆に欠かせない文字数表示機能に加えて、取り消し線・斜線・太字といった文字装飾機能が備わっています。

また、あらゆる情報が記録できる利点があるため、図表・画像と執筆文章を同じノート内にまとめることができます。最終的な仕上げ作業は別途必要になりますが、画像や資料を加えた文章作成には十分活用できるのではないでしょうか。
  

11. カードビューで振り返りやすいようにする

カードビューで振り返りやすいようにする
Evernoteのノートを写真入りにして、「カードビュー」で振り返りやすくするには|できるネット
  
Evernoteにはいくつかの表示形式がありますが、カードビューサムネイルにしておけば後からノートを振り返りやすくなります。

とはいえ、文字だけのノートだとあまり目立たないため、後から何度も見返す必要があるノートにはサムネイル画像を入れておくのがオススメです。サムネイルを付けてカードビュー表示にしておくことで、一覧の中からノートを見付けやすくなります。
  

12. プレゼンテーションモードでプレゼンを簡単に

プレゼンテーションモードでプレゼンを簡単に
プレゼンテーションモードの使い方|Evernote ヘルプ&参考情報
  
Evernote for Mac、Evernote for Windowsにはプレゼンテーションモードがあり、ノートを使って手軽にプレゼンテーションを始めることができます。

例えば、チームメンバー間での情報共有でノートを見せたい時、自分のノートPCをスクリーンに映して発表する時に便利です。

プレゼンテーションモードを使えば、わざわざ資料を作らずとも簡単にプレゼンテーションが行えます。
  

13. セキュリティをより高める

セキュリティをより高める
Evernote ノート内のテキスト暗号化|Evernote日本語版ブログ
  
Evernoteではテキストを暗号化して保存したり、2段階認証を設定することができます。万が一の時にノート内容を見られたくない、という方はEvernoteのセキュリティをより高めておきましょう。

テキストを暗号化したい時は、デスクトップ版のEvernoteでテキストを選択、右クリックで「選択したテキストを暗号化する」を選択しパスワードを入力します。暗号化された部分を右クリックしパスワードを入れることで、暗号化したテキストの復元が可能です。

2段階認証を設定する場合には、WebブラウザからEvernoteにログインし、アカウント設定画面から「2段階認証」を有効化します。
  

14. コードブロック

コードブロック
Evernote Web へようこそ|Evernote ヘルプ&参考情報
  
Evernoteのエディタには、プログラムコードをノート内のほかの文字とわけて表示するコードブロック機能が備わっています。

コードをグレーの枠内に表示してくれ見やすくなりますので、プログラマの方にはオススメしたい機能です。

また、プログラミングしない人にも「見出し」の代用として使ったり、アイデア次第で様々な使い方ができます。
  

15. アプリ連携

アプリ連携.png
Useful apps and products integrated with Evernote|Evernote App Center
  
Evernoteでは、プログラミングに使用できる命令や関数などの集合、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)を公開しているため、誰でも連携アプリを作ることができます。

App Centerでチェックしたり、「Evernote 連携アプリ」といったキーワードで検索すると、連携アプリが見つかります。

好みの連携アプリを使うことでより利便性がアップしますので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。
  

16. 名刺管理

名刺管理
【Evernote】新ビジネスマン必読、仕事に活用できる3つの使い方|あんこぱんのつぶやき

ビジネスで必須な名刺交換ですが、なかなか処分することもできずにデスクにたまっているという方も多いのではないでしょうか。Evernoteは、そんなかさばりがちな名刺管理に非常に有効です。文字認識の機能を使えば、名刺を撮影して保存するだけで名刺をすっきりと整理することができます。MicrosoftのOneNoteも同様の機能がありますが、使用可能なアプリが限られる分、Evernoteのほうが便利だと言えるでしょう。
  

17. 会議記録

会議記録
【Evernote】新ビジネスマン必読、仕事に活用できる3つの使い方|あんこぱんのつぶやき
  
音声録音機能を使えば、長時間の音声を記録することができます。例えば、録音した音声を流しながらEvernoteのノートに記載をしていけば、会議記録を効果的にとることも可能です。音声もテキストも同時に管理できる点が非常に便利ですので、会議やミーティングの際にはぜひ使ってみましょう。会議風景を写真に撮ってそのままノートに保存するような形でも簡単な会議録をとることができます。
  

18. リマインダー

リマインダー
【Evernote】新ビジネスマン必読、仕事に活用できる3つの使い方|あんこぱんのつぶやき
  
どのような仕事でも締め切りは付き物ですが、全てを把握して行動するのはなかなか難しいものです。そんな時、Evernoteのリマインダーを利用すれば重要な予定を忘れることがありません。リマインダーはノート単位で設定することができます。設定しておくと、通知設定した日時にスマートフォンやタブレット宛に通知を送ってくれます。
  

19. 資料やアイデアの下書き、メモ

資料やアイデアの下書き、メモ
仕事がはかどる!Evernoteの活用法|All About(オールアバウト)
  
資料の内容を思い付いたりアイデアが浮かんだ時にメモをとることがありますが、バラバラにメモをとると後で見返したい時に手元になかったり、探すのも面倒です。Evernoteなら、あらゆる端末で情報共有できますので、メモや下書きを一元管理できます。デスク作業中にメモをとりたい時はPCから書いておき、外出時にはスマートフォンから書いておきます。こうすることでいつでもどこでもメモが閲覧、編集可能となります。
  

20. 気になる情報を収集する

気になる情報を収集する
仕事がはかどる!Evernoteの活用法|All About(オールアバウト)
  
ホームページで情報収集している時によくあるのが、ブラウザがいっぱいになったりして重要なポイントがわからなくなることです。気になるポイントを効率よくクリップするのに、EvernoteのWebクリッパーが役立ちます。事前に必要なのはWebクリップ機能を使って専用ノートを作っておくだけです。また、クリップしたあとノートをまとめたり共有もできるので、様々な使い方が可能になります。
  

21. 議事録を画像を使って記録

議事録を画像を使って記録
Evernoteのスキャンアプリ「Scannable」、ホワイトボードを美しくスキャンする新機能|INTERNET Watch Watch
  
Evernoteが提供しているスキャンアプリ「Scannable」を活用すれば、会議の記録を画像で簡単にとることができます。アプリを通じてホワイトボードを撮影すると、自動認識し、読みやすい状態で画像を保存してくれます。また、撮影した画像はすぐにEvernoteに保存可能です。
  

22. オンライン会議の記録をとる

オンライン会議の記録をとる
オンライン会議のログを取る|できるネット
  
Skypeなどのオンラインチャットを利用して会議をする場合、ログは自動的に残りますが、あとで見返したい時に会話を遡るのが大変なことがあります。そこで、ログをそのままEvernoteに記録すれば、欲しいログの取り出しが簡単になります。保存する時はログをコピーし、Evernoteに貼付けるだけです。なお、ビデオや音声通話の際には画面キャプチャや音声ファイルをつけておくといいでしょう。
  

23. 移動記録を残す

移動記録を残す
移動の記録をiPhoneのシャッターボタン1つで残す|できるネット
  
会社の報告書を作成する時などに移動記録が必要な時がありますが、Evernoteのスナップショットを使えば手軽に記録が取れます。やり方は簡単で、Evernoteで位置情報つきスナップショットで新規ノートを作成するだけです。この時、撮影するのは何でも構いません。撮影した写真に位置情報、日時情報がつきますので、ノート情報をチェックすれば記録が確認できます。
  

24. イベント、パーティーなどで知り合った人の情報を整理

イベント、パーティーなどで知り合った人の情報を整理
Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!|IT活用ブログ
  
会社のイベントやパーティーに参加した時、Evernoteを使えば出会った人の情報を記録しておくことができます。オススメは名刺情報と一緒に記録をとってしまうことです。名刺を貰った日に記録することで自動的に知り合った日が分かりますし、デバイスのGPS機能により知り合った場所も記録されます。加えてノートにメモをとっておけば、相手との会話を記録しておくことが可能です。
  

25. 印刷物を取り込み、デスクをすっきりさせる

印刷物を取り込み、デスクをすっきりさせる
かさばる書類はスキャンしてEvernoteに保存、そしてシュレッダーです|いつも隣にITのお仕事
  
すぐに溜まってしまう印刷物はEvernoteに取り込んで、シュレッダーで処分しましょう。どこに置いたからわからなくなりがちな書類も、一元管理しておけばすぐに検索することができます。なお、プレミアムプランに契約しておけばpdfなどの文字検索もできますのでさらに便利です。
  

26. Google Analyticsのレポートを蓄積する

Google Analyticsのレポートを蓄積する
GoogleAnalyticsのマイレポートをEvernoteに自動連携する方法 | Cross Mode Life
  
毎月のタスクとしてGoogleAnalyticsをチェックしている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。GoogleAnalyticsのレポートをEvernoteで管理すれば、レポートの比較や管理が簡単になります。マイレポートのメール配信先にEvernoteを設定すれば、自動的にレポートを保存し記録することが可能です。
  

27. 使用頻度の高いものをテンプレート化して保存する

使用頻度の高いものをテンプレート化して保存する
仕事の効率化に役立つメールやプログラムの定形文集を作る|できるネット
  
メールの文章や書類などでよく使うものがあれば、テンプレート化して保存しておくといつでも使えて便利です。作ったノートはタグをつけて分類しておくとさらに取り出しやすくなります。ノートが増えると、仕事で次に使う時にコピーするだけですぐに文章が使えるようになり、大幅な時間短縮につながります。
  

28. オリジナル素材集を作成する

オリジナル素材集を作成する
Evernoteでフリーの素材を管理しよう|web中
  
気になる素材を保存していたら、いつの間にか膨大な量になっていたという経験がある方も多いのではないでしょうか。フリー素材は、素材サイトごとEvernoteに保存しておけば欲しい素材がある時にすぐに見付けられるようになります。素材サイトのサンプル画像をクリップすればURLはもちろん、イメージも保存することが可能です。
  

29. メールをタスクとして管理、整理する

メールをタスクとして管理、整理する
Evernote にメールを保存する方法|PC設定のカルマ
  
Evernoteはメモやテキストを保存するイメージがありますが、メール保存の機能も備わっています。専用アカウントを作成しメールを転送すれば、Evernote上に保存が可能です。さらにタスクとして活用するというのも大変オススメです。なお、メール転送機能の利用にはアカウントのアップグレードが必要となっています。
  

30. ToDo管理をする

ToDo管理をする
EVERNOTEでTodoリストを作って、仕事を管理する方法!|KINOUBIDESIGNブログ
  
業務上のタスクはチェックボックスを活用してToDoリストを作れば、漏れなくタスクを消化することができます。作成したい時は、通常ノート作成を行う時にチェックボックスをクリックするだけです。あとは自動的に打った文字がリスト化されます。ToDoリスト以外に、忘れ物チェックリストのような使い方もオススメです。
  

まとめ

以上、ビジネスに役立つEvernote(エバーノート)便利機能まとめをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

ご紹介したとおり、単なるメモツールとしてだけではなく、簡単なプレゼンテーション、文章作成、名刺管理……と様々な活用方法があります。

Evernoteを使いこなせば、1つのツールだけであらゆる業務の効率を高めることができますので、今活用できていないという方はぜひ記事を参考にしていただき、業務にお役立てください。